175件中 11 - 20件表示
  • あんみつ姫

    あんみつ姫から見た夏木マリ夏木マリ

    カステラ夫人(あんみつ姫の家庭教師) - 夏木マリあんみつ姫 フレッシュアイペディアより)

  • 陽だまりの彼女

    陽だまりの彼女から見た夏木マリ夏木マリ

    主演の松本潤と上野樹里は初共演となる。その他、真緒に恋心を抱く会社の先輩・新藤春樹役で玉山鉄二、物語のキーパーソンとなる謎の人物・大下役で夏木マリらが映画オリジナルキャラクターに扮して出演している。陽だまりの彼女 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木ナオミ

    鈴木ナオミから見た夏木マリ夏木マリ

    2011年東日本大震災発生当初、免疫不全、肝機能障害で生死の間を彷徨う中、突然「ナオミさんの音楽で被災地を救って下さい」という見ず知らずの津波で家を流された被災者からのツイッターメッセージを受け取り、「自分の音楽で被災地を支援したい」と奮起。病いから復活し、夏木マリ、斎藤ノブ、屋敷豪太らに呼びかけ復興支援ソング『HOME』『MOTHER』を制作する。鈴木ナオミ フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た夏木マリ夏木マリ

    低迷期には15年間に渡って一人で全国各地を行脚し、地方興行の中で人に言えぬ苦労を経験した。昼間は各地の興行を行いながら地元のレコード店やラジオ局、有線放送局などへ一人でキャンペーン廻りをして、夜になると毎晩深夜遅くまで飲み屋やキャバレーなどの繁華街を泥酔客に絡まれたりしながら歌い廻っていた。親友の泉ピン子や夏木マリは互いの低迷時に一緒にキャバレー周りの営業をしていた仲間だった。未成年だった時は20歳と年齢をごまかして深夜の営業を行っていた。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼龍院花子の生涯

    鬼龍院花子の生涯から見た夏木マリ夏木マリ

    五社に期待したのは、女優を脱がす能力だった。硬派なアクション演出に定評のあった五社であるが『人斬り』(1969年)で倍賞美津子を、『出所祝い』(1971年)で、江波杏子をヌードにさせて激しい濡れ場を演じさせた実績があった。東映もそれまでポルノをたくさん製作したが、脱いでいたのはポルノ専門の女優で、トップどころの女優を脱がせるには別の才能が必要だった。五社は本作の濡れ場の演出でも、自ら裸になり、同じく裸になった助監督を相手に実演しながら、濡れ場の動きを女優たちに伝えた。助監督の足の指まで舐めた。羞恥心をかなぐり捨てた演技指導の迫力に圧倒され、夏目、夏木マリ、佳那晃子ら女優たちが次々とヌードになり、濃厚な濡れ場を展開した。五社は「女優はいくら金を積んで拝み倒しても、そう簡単に映画で脱ぐものではないし、ハードな濡れ場はやりたがらない」「相手を信用させること。信用させるために自分が率先して恥をかく。ラブシーンは、助監督と一緒になって動きの全てを細大漏らさず女優の前でやって見せる。組んずほぐれつを汗だくだくで真剣そのものをやって見せる。濡れ場を撮影するとき、役者と同じに演じて見せる監督は俺ぐらいだろう。たいていは、現場に来て役者に『好きなようにやってみてください』と言うのがおちなんだ。誰だって恥はかきたくない。しかし監督は女優の恥の限りを引き出して見せるのが商売だ。それには、こっちが先に恥をかかなければ相手を安心させることなんてできない」などと話していた。鬼龍院花子の生涯 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ホワイトハウス

    ザ・ホワイトハウスから見た夏木マリ夏木マリ

    “CJ”クローディア・ジーン・クレッグ(Claudia Jean "C.J." Cregg、アリソン・ジャニー 吹替:夏木マリ(シーズン1-4)、堀江真理子(シーズン5))、ホワイトハウス大統領報道官として記者会見で政府の方針などを発表する。広報部に所属している為、職位上、トビーやサムの部下に位置する(態度は彼らより上)。ハリウッドにある広告代理店で映画の宣伝を担当していたが、依頼主である映画プロデューサに強烈な啖呵をきったことでクビになり、トビーに誘われてバートレット陣営に加わる。敏腕報道官として記者会見では記者をやりこめるのだが、たまに逆にやりこめられる。また、ペンキ塗りたてのベンチに座るなど、少々おっちょこちょいな一面も。初期のエピソードではワシントンポスト記者のダニーと交際していることを非倫理的と悩む。後のエピソードで暗殺の対象になったことからシークレットサービスをつけられ、そのエージェント、サイモンと恋に落ちる。ちなみにシークレットサービスからは「フラミンゴ」という暗号で呼ばれていた。また、アルツハイマーを患う父親がオハイオ州に住んでいる。父親は高校で数学を教えていた学校の先生だった。ザ・ホワイトハウス フレッシュアイペディアより)

  • アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス

    アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティスから見た夏木マリ夏木マリ

    “2009年度AIASゲーム・オブ・ザ・イヤー”(現:DICEアワード)など、数々のアワードを受賞して世界的に大ヒットとなった『黄金刀と消えた船団』の続編。初公表されたのは2010年12月9日の『エンターテインメント・ウィークリー』にて掲載されたときであった。アメリカでは発売前から高い人気度を得ており、ファーストフードチェーンのSUBWAYとのコラボキャンペーンや、ケーブルテレビ局の本作をモチーフとしたテレビ番組の放送などが行われた。6月7日のE3でのソニーカンファレンスでは初めてゲームプレイが披露され、6月28日から2週間にかけて北米で実施されたマルチプレイヤーオープンベータテストがは150万人以上が参加した。日本でのテレビCMではハリソン・フォードが出演し、吹き替えの声優として夏木マリが参加している。9月に開催された東京ゲームショウ2011ではソニーブースに本作の試遊台が置かれ、マルチプレイヤーモードの魅力を伝えた。アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス フレッシュアイペディアより)

  • マリ

    マリから見た夏木マリ夏木マリ

    夏木マリはの日本の俳優・歌手。マリ フレッシュアイペディアより)

  • まむしの兄弟 (1997年の映画)

    まむしの兄弟 (1997年の映画)から見た夏木マリ夏木マリ

    (大阪万城組組長):夏木マリまむしの兄弟 (1997年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 肩ごしの恋人

    肩ごしの恋人から見た夏木マリ夏木マリ

    光岡恭子(みつおか・きょうこ):夏木マリ(Vol.4)肩ごしの恋人 フレッシュアイペディアより)

175件中 11 - 20件表示

「夏木マリ」のニューストピックワード