175件中 71 - 80件表示
  • サド侯爵夫人

    サド侯爵夫人から見た夏木マリ夏木マリ

    出演:美加理、夏木マリ、久保庭尚子、木全晶子、平井久美子、高田みどりサド侯爵夫人 フレッシュアイペディアより)

  • 東映ポルノ

    東映ポルノから見た夏木マリ夏木マリ

    1968年、石井輝男監督のエログロ映画『徳川女系図』の大ヒットにより、大手映画会社の性モラルの防波堤が一気に決壊、日本映画をエロで埋め尽くした。テレビの攻勢で観客減に悩んでいた邦画大手各社は東映に追随せざる事態に追い込まれ、次々とエロ路線に傾斜していく。大映、日活、松竹もヌード映画の製作を開始し、日本映画界は「ハレンチ・ブーム」に沸いた。東映の"エロ映画"には、独立プロ系成人映画から多くの女優が出演し、ピンク女優の五社進出の先駆けとなり以後、独立プロのキャストや手法を取り込む東映のやり方に各社が追随した。また各社とも大部屋でくすぶっていた新人女優を「脱げば売り出してやる」と甘言で篭絡、要員確保してヌード映画の量産体制を敷いた。安田道代、水木正子、渥美マリ、南美川洋子、八代順子が大映の、荒井千津子、松岡きっこ、藤田憲子が松竹のヌード要員であった。日活は吉永小百合や浅丘ルリ子ら本格派女優への配慮からエログロ路線進出を躊躇したが東映ポルノに追随せるを得ず、1968年7月公開の『女浮世風呂』(井田深監督)でピンク女優を大挙出演させエロ映画に舵を切る。ここで生贄にされたのが大部屋でくすぶっていた太田雅子、のちの梶芽衣子だった。残る東宝ははっきりエログロへ移行することはなかったが、これは同社が傘下にATGを抱え、実質的にエロ路線の代わりになっていたからである。これら影響は映画界のみならず音楽界・歌謡ポップスにまで及ぼした。ポスターに裸を載せて当ったこともあって、三朝れい子ら続々とレコードジャケットでヌードを披露する歌手が登場。それまでフレンチ歌謡を歌って燻っていた奥村チヨが、愛欲路線『恋の奴隷』(1969年)の宣伝でセミヌードを公開したり、1970年代に入ると渥美マリらによる露骨なエロ歌謡が量産され、エロ化の流れは『23時ショー』などの深夜番組にも及ぼし、更に山本リンダや夏木マリらによる“セクシーアクション歌謡”やピンク・レディーなど、その後の音楽界にも影響を及ぼした。"東映のピンキー&バイオレンス"のスピードアップは、映画界全体を揺るがす衝撃と集客力だった。性の自由化の風潮のなかで、エロスが映画の救世主となっていく。岡田の先見の明は特筆される。岡田は続く『徳川女刑罰史』を「異常性愛路線」としてシリーズ化、『徳川女刑罰史』は1968年の年間配収ベストテンにランクされこれを受け、岡田は"エロ映画"を"任侠映画"と並べて興行の重要週間に配置していく。当時の映画は二本立てが一般的であったので、こうした"エロ映画"が"任侠映画"と二本立てになることで、ストイシズムを謳う"任侠映画"の魅力が際立つという一面もあった。1968年秋に岡田が製作から営業までを一貫して統括する営業本部を新編成しその長となると"エロ路線"が本格化した。岡田は"不良性感度濃厚な東映映画"と明快に東映カラーを打ち出して適確に観客を掴まえていく。"岡田チルドレン"鈴木則文、中島貞夫、内藤誠、関本郁夫、牧口雄二らも流れに加わり、多くのエロ映画が量産された。石井や鈴木、中島の作品が雑多なのは岡田のせいである。これら作品のタイトルバックの多くに岡田の名前を出し、東映全体でこの路線に力を入れていることをアピールした。また岡田自ら凄まじい「映画タイトル」を編み出し観客を呼び込んだ。"東映ポルノ"は大半が岡田命名によるこのタイトルが醍醐味の一つである。『エロ将軍と二十一人の女妾』『徳川セックス禁止令・色情大名』『現代ポルノ伝 先天性淫婦』『残酷・異常・虐待物語 元禄女系図』『ポルノの帝王』『ポルノの女王 にっぽんSEX旅行』『温泉ポン引き女中』『色情トルコ日記』『未亡人ごろしの帝王』など。『エロ将軍と二十一人の女妾』も最初はエロは付いていなかった。岡田が付けた"エロ"という言葉は倖田來未が2004年頃から人気が出て、"エロカッコいい"とか日常的に使われるようになったが、当時は口に出す言葉でなかった。『徳川セックス禁止令・色情大名』はポルノ大作と銘打たれ、1972年のゴールデンウィークに全国200館以上の映画館で封切られた。1960年代末の日本映画は瀕死の状態で、暴力とエログロに特化した映画作りに邁進する東映だけがかろうじて映画製作で黒字を出していた。不動産やレジャー産業で損失を補っていた東宝や松竹に対して、大映と日活は製作本位に偏重していて落ち込みが酷く1970年4月全面提携してダイニチ映配を設立した。大映が渥美マリや八並映子、川崎あかねらで『十代の妊娠』などエロ映画を量産し、15歳の関根恵子を『おさな妻』でヌードにして人気を上げ、松坂慶子が『夜の診察室』(監督:帯盛迪彦)でスターになりかかったところで倒産した。日活も『ハレンチ学園』や夏純子主演の『女子学園シリーズ』などのエロ要素を含む映画を製作した後、1971年11月「日活ロマンポルノ」をスタートさせ成人映画路線に転じた。東映、日活のなりふりかまわぬポルノ路線により、ピンク映画に大きな打撃を与え、弱小"エロダクション"は淘汰された。東映ポルノ フレッシュアイペディアより)

  • 山本甲士

    山本甲士から見た夏木マリ夏木マリ

    髪がかり(2008年5月31日公開、配給:エクセレントフィルム、監督:河崎実、主演:夏木マリ、原作:わらの人)山本甲士 フレッシュアイペディアより)

  • マイ プレイリスト Love for Japan 〜kizashi〜

    マイ プレイリスト Love for Japan 〜kizashi〜から見た夏木マリ夏木マリ

    11月9日 - 夏木マリ「愛」マイ プレイリスト Love for Japan 〜kizashi〜 フレッシュアイペディアより)

  • hie(Little blue boX)

    稲森寿世から見た夏木マリ夏木マリ

    憧れている人物は椎名林檎、峰不二子、夏木マリ稲森寿世 フレッシュアイペディアより)

  • 女優 夏木みどりシリーズ

    女優 夏木みどりシリーズから見た夏木マリ夏木マリ

    大城江理子(元女優) - 夏木マリ女優 夏木みどりシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽応樹

    丹羽応樹から見た夏木マリ夏木マリ

    夏木マリ「チャイナタウン」(作曲)丹羽応樹 フレッシュアイペディアより)

  • UFO (ピンク・レディーの曲)

    UFO (ピンク・レディーの曲)から見た夏木マリ夏木マリ

    2009年、土屋アンナ&夏木マリがアルバム『Bad Friends』でカバー。UFO (ピンク・レディーの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 里見八犬伝 (1983年の映画)

    里見八犬伝 (1983年の映画)から見た夏木マリ夏木マリ

    監督の深作欣二はイメージと違い女性にシャイな人で、女優の演出に照れたりして、五社英雄の映画で散々脱がされた夏木マリは、ヌードシーンで「もっと胸見せましょうか?」と言ったら「いい、いい、もうそこまででいい」って止められたと話している。里見八犬伝 (1983年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 山口百恵

    山口百恵から見た夏木マリ夏木マリ

    1973年4月、映画『としごろ』に出演し、5月21日に同名の曲で歌手としてもデビュー。森昌子・桜田淳子と共に「花の中三トリオ」と呼ばれた。デビューのキャッチコピーは「大きなソニー、大きな新人」。1973年5月20日、デビュー曲の発売される前日にさいか屋横須賀店の屋上にあるステージで、地元でのお披露目として「としごろ」を歌う。デビュー曲の「としごろ」は、スタッフの期待以下のセールスに止まったため、第二弾の「青い果実」ではイメージチェンジを図り、大胆な歌詞を歌わせる路線を取った。これは「青い性路線」(「性典ソング」)と呼ばれるようになり、それは1974年の「ひと夏の経験」の大ヒットで大きく花咲くこととなった。年端のいかない少女が性行為を連想させるような際どい内容を歌うという、この「青い性」路線で百恵は絶大な人気を獲得することになる。歌詞の内容は際どかったが、辺見マリや夏木マリ、あるいは1970年代に復活した山本リンダなどのセクシー路線の歌手と違い、百恵は年齢が低くビジュアル面では純朴な少女というイメージだった。歌とビジュアルのギャップ、それに伴うある種の背徳感が、百恵の人気を独特なものにしていったと言われる。これは百恵の芸能人としての資質によるだけではなく、所属事務所やレコード会社による周到なイメージ戦略の賜物でもあった。「ひと夏の経験」を歌っていた時期のインタビューではたいてい「女の子の一番大切なものって何だと思いますか」と質問されたが、百恵は全て「まごころ」で通した。山口百恵 フレッシュアイペディアより)

175件中 71 - 80件表示

「夏木マリ」のニューストピックワード