前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
637件中 1 - 10件表示
  • 戦争

    戦争から見た外交外交

    政治だけでなく、経済、地理、文化、技術など広範にわたる人間の活動が密接に関わっており、その歴史的な影響は非常に大きい。近代以降の戦争は陸海空軍等の軍隊のみの武力戦だけでなく、一般国民を広く巻き込む総力戦の様相を呈することもあり、外交戦、宣伝戦、謀略戦、経済戦、貿易戦、補給戦、技術戦、精神戦などの闘争を本質的に包括しており、相互に関係している。そして結果的には、その規模にもよるが、国際関係や社会や経済など幅広い分野に破壊的な影響を与え、軍人や民間人の人的被害からインフラの破壊、経済活動の阻害など社会のあらゆる部分に物的被害を与えることとなる。一方で、科学、技術、外交、戦略論、組織論、戦術論、兵器・武器の発展をもたらしてきた側面もある。また、軍需景気により生産設備に被害を受けなかった戦勝国や第三国の経済が潤う場合もある(例:第一次世界大戦と第二次世界大戦後の米国や第一次世界大戦後と朝鮮戦争後の日本)。また、戦争の敗北により近代オリンピックやFIFAワールドカップ等の国際大会への参加を禁じられるケースもある。戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 軍事力

    軍事力から見た外交外交

    軍事力の行使は、直接的には軍隊・準軍事組織(民間軍事会社含む)・民兵組織などによって行われる。しかし、現代の戦争や安全保障は総力戦の形態をとっており、動員可能な人口、経済力、技術力、外交力などの総合的な国力に基づく潜在的な軍事力も重要な要素となる。国家の軍事力は現代においても国力の重要な要素の一つとみなされており、政治的な目的達成、国益の保護のための最終的な手段として現代でも重視されている。軍事力 フレッシュアイペディアより)

  • 積極的平和主義

    積極的平和主義から見た外交外交

    この日本国際フォーラム政策委員会は、その後も、2009年に、「積極的平和主義と日米同盟のあり方」と題する政策提言を発表し、「『非核三原則』などの『防衛政策の基本』を再検討せよ」、「東アジア地域における対話と協力の主導権を握れ」、「『国際平和協力一般法』を制定し、グローバルな『集団安全保障』に貢献せよ」などの提言を行った他、直近では2014年に、「積極的平和主義と日本の針路」と題する政策提言を発表し、「国連の集団的安全保障措置には、軍事的措置を伴うものも含めて、参加せよ」、「G7諸国とともに、ロシアの『力による一方的領土拡大』を拒否し、その不承認政策を貫徹せよ」、「日本は『地球規模の諸問題』についてもリーダーシップを発揮せよ」などの提言を行うなど、「積極的平和主義」に基づく日本の外交政策について積極的に価値発信を行っている。なお、これらの政策提言はいずれも時の内閣総理大臣に提出されている。積極的平和主義 フレッシュアイペディアより)

  • 国家安全保障

    国家安全保障から見た外交外交

    安全保障とは、ある集団・主体にとっての生存や独立、財産などかけがえのない何らかの価値を、脅威に晒されない様にから何らかの手段によって守ることを主に指すが、その概念は非常に多様である。歴史的・伝統的には軍事的な脅威に対するものが主であったが、冷戦後は大量破壊兵器拡散、国連平和維持活動、また発展的には経済、エネルギー資源なども含めるものへと研究領域が拡大し、一部で環境問題や人権を包括する主張もある。現代における国家間の主要な安全保障は軍事力の要素に基づきながらも、外交や経済、環境などを広範なものを含めるものである。国家安全保障 フレッシュアイペディアより)

  • 外交交渉

    外交交渉から見た外交外交

    外交交渉(がいこうこうしょう)とは外交において実際に首相や外交官などの国家の代表が相手国の代表と対面して実施し、何らかの合意を取り付けるための交渉をさす。外交の最も根幹的な業務である。外交交渉 フレッシュアイペディアより)

  • クック諸島

    クック諸島から見た外交外交

    ニュージーランドと自由連合制をとり、国民はニュージーランド国籍を有する。軍事および外交の最終的な責任はニュージーランドが有するが、主権国家と同等の内政を行い、ニュージーランド政府の事前承認を経ずに独自の外交を行っている。国連には加盟しておらず国家として承認していない国が多いが、2001年以降諸外国との外交関係の樹立を積極化させている。現在は、国連に加盟する31か国およびバチカン、欧州連合と外交関係を締結している。日本は2011年3月25日にクック諸島を国家として承認し、同年6月の首相夫妻来日を機に、実務レベルでの外交関係を開設した。クック諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 二流の人 (小説)

    二流の人 (小説)から見た外交外交

    天正18年の真夏の日ざかり、家康と如水が膝を突き合わせ、直接顔を合せたのはこの日が初だった。「温和な狸」と「律義な策師」と暗々裡に相許したから、遠く関ヶ原へ続く妖雲の一片がこのとき生れてしまった。頭から爪先まで弓矢の金言で出来ている大将だと、如水はたった一日で最大級に家康を買いかぶった。小牧山で秀吉に勝って外交で負けた家康は、その時以来、40歳過ぎて初めて天下への恋を知った。如水は律儀な顔をしているが、その道にかけては15、6歳の時から色気づき、ただ思うは天下ただ一人で、いわば二人は恋仇同士だが、今は振られた同士、妙な親近感にひかれた。如水は、家康に親睦すれば、再び天下は面白く廻り出してくる時期があるかもしれぬと、にわかに青空ひらけて、猿め(秀吉)の前には隠居したが、また人生蒔き直しと思った。二流の人 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤乙彦

    遠藤乙彦から見た外交外交

    衆議院議員(6期)、通商産業政務次官、財務副大臣、公明党幹事長代理、公明党特別顧問(外交・安全保障担当)などを歴任。遠藤乙彦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆見元

    伊豆見元から見た外交外交

    東京都出身の国際政治学者である。国際関係論、北東アジアの安全保障、および、朝鮮半島の政治外交などを専門としている。『NHKニュース』などでは、朝鮮民主主義人民共和国関連の報道にて平岩俊司とともに出演することが多い。また、日本の拉致問題対策本部による北朝鮮向けラジオ放送「ふるさとの風」、および、その朝鮮語放送「イルボネパラム」(=日本の風)にてニュースの解説を担当している。伊豆見元 フレッシュアイペディアより)

  • 奥薗秀樹

    奥薗秀樹から見た外交外交

    奥薗 秀樹(おくぞの ひでき)は、日本のジャーナリスト、政治学者(現代韓国政治外交・朝鮮半島をめぐる国際関係)。学位は修士(学術)(広島大学・1993年)。静岡県立大学大学院国際関係学研究科准教授・国際関係学部准教授。奥薗秀樹 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
637件中 1 - 10件表示

「外交」のニューストピックワード