468件中 91 - 100件表示
  • 米田 建三

    米田建三から見た外交外交

    2003年8月、コスタリカ方式で神奈川5区から出馬する予定だったが、党県連内の敵対勢力による妨害行動に対抗し、同選挙区からの不出馬を表明。同年11月、第43回衆議院議員総選挙に自民党公認で山梨1区に落下傘として出馬。10年ぶりの選挙区出馬となるが落選。 その後、帝京平成大学教授に就任し、政治・外交・安全保障・災害などの時事問題を講義の内容として扱う。テレビ出演や論壇での活動もある。米田建三 フレッシュアイペディアより)

  • ハーンニーバール・ムアンマル・アル=カッザーフィー

    ハーンニーバール・ムアンマル・アル=カッザーフィーから見た外交外交

    2008年、ジュネーブ市内の五つ星の高級ホテル内で、女性使用人を虐待したかどで逮捕された。最終的には起訴猶予になったが、カダフィ大佐が激怒しスイスに圧力をかけるなど外交問題に発展した。また、同年フランスでは、当時妊娠中のガールフレンドに暴力をふるい、執行猶予付き禁錮4か月の判決を受けている。また乳母として雇われたエチオピア人女性は、熱湯を浴びせられたと訴えている。ハーンニーバール・ムアンマル・アル=カッザーフィー フレッシュアイペディアより)

  • 上田哲

    上田哲から見た外交外交

    社会党内では外交・安全保障の政策通で知られ、防衛庁長官時代の中曽根康弘や、浜田幸一らとも衆議院予算委員会で激論を交わした。上田哲 フレッシュアイペディアより)

  • 国家機密

    国家機密から見た外交外交

    国家機密(こっかきみつ)とは、法律に基づき政府が公表しない事実や情報を指す。軍の戦略や、外交の手の内は、言論の自由のある国でも国家機密にするが、独裁国家では権力者が己の地位を維持し、または自身に不都合な情報を隠蔽する目的で、“国家機密”指定を濫用している場合が少なくない。国家機密 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮半島を中国とみなす記述

    朝鮮半島を中国とみなす記述から見た外交外交

    奥山真司は、「韓国では自分たちが日本に併合されるまで『完全な独立国だった』と大きく勘違いしている(中略)つまり彼らは『自分たちが歴史的に弱かった』ということを直視できていないんですね。たとえば朝鮮の歴代王朝は外交も安全保障面も完全に中国の歴代王朝の属国扱いで、中国側から朝鮮に使いがくると、ソウルや平壌などの城壁にある門まで出向いて土下座・叩頭して出迎えるということを行っておりましたし、社会一般の風習や創氏改名など、とにかくありとあらゆる面で属国化されておりました。ところが韓国の彼を含む韓国国民一般は強烈なナショナリズムのおかげで、どうやら朝鮮がここまで中国に属国していたことを知らないみたいなんですね」と述べている。また、奥山のコースメートは、「朝鮮半島の場合は分裂するよね。かなり中国の歴史を受けているから、そこから抜け出すために逆にウソを教えるしかなくなってしまうんだよな」と発言したという。朝鮮半島を中国とみなす記述 フレッシュアイペディアより)

  • 東西遊記

    東西遊記から見た外交外交

    南谿が旅の記録を基に編述した両遊記は、板行以前から伴蒿蹊や神沢杜口、松本愚山(慎)といった知人友人が借覧したり書写したりしていたが、上梓を希望する書肆が現れた為にその請いを容れ、草稿本を改編して寛政7年(1795年)3月に『西遊記』(正編)5巻5冊を、同年8月に『東遊記』(正編)5巻5冊を挿絵を加えて上梓し、この両書が好評を博した為に翌々9年正月に『東遊記後編』5巻5冊を、更にその翌年6月に『西遊記続編』5巻5冊を板行した。改編に際しては章の前後を置き替えるといった配列変更の他に、『東遊記』では正・後編を合わせて27章が、『西遊記』では正・続編合わせて17章が削られ(附録参照)、また本文にも手が加えられている。削除修正箇所は総じて外交や各藩の内政に関係している記述が多く、寛政から文化年間にかけての20余年間(およそ1790年から1810年代)は北方ロシアの動向を含めて政治的社会的事件に関する言論や報道の統制が非常に厳しく、現実社会の出来事を「実録物」と称して出板する黄表紙の著者や書肆が処罰されたり、事前検閲による出板差し止め等が行われた時代であったので、その為に幕府の忌憚に触れないよう気遣った様子が窺える。一方で新しく付加された章が『東遊記』では正・後編を合わせて11章、『西遊記』では正・続編合わせて19章あり、寛政10年刊『西遊記続編』に南紀に関する章があるのはその前年の南紀巡遊における見聞を基にしたと考えられるが、それ以外は塘雨の『笈埃随筆』といった他書を参考にして加えられたものと思われる。東西遊記 フレッシュアイペディアより)

  • 外務・英連邦大臣

    外務・英連邦大臣から見た外交外交

    外務および英連邦大臣(がいむおよびえいれんぽうだいじん、)は、イギリスの内閣において外交、英連邦、海外領土を担当する閣僚。英語および日本語においては一般に外務大臣()と略される。外務・英連邦省を統括する。英国の内閣に存在するGreat Offices of Stateと呼ばれる主要閣僚ポストのひとつである。外務・英連邦大臣 フレッシュアイペディアより)

  • 西欧の服飾 (15世紀)

    西欧の服飾 (15世紀)から見た外交外交

    ブルゴーニュの宮廷で最もあらたまった色は黒とされ、新しい技術で艶やかに染められるようになった黒い服に真珠などを飾った落ち着いたファッションが流行した。衣装は、それまでは大々的な儀式などの時に着られたようなふんだんな刺繍と宝石を飾った豪奢な絹織物を、ちょっとした外交行事などにも着て歩くようになった。ブルゴーニュのぜいたくな流行として、肩にかけた薄絹の先に飾り用の宝石をふんだんに飾り立てた帽子を縫いつけていた。西欧の服飾 (15世紀) フレッシュアイペディアより)

  • 澤宣嘉

    澤宣嘉から見た外交外交

    1867年(慶応3年)の王政復古の後は、参与、九州鎮撫総督、長崎府知事などの要職を務め、1869年(明治2年)に外国官知事から外務卿になり、外交に携わる。澤宣嘉 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本帝国憲法第13条

    大日本帝国憲法第13条から見た外交外交

    大日本帝国憲法第13条は、大日本帝国憲法第1章にある、天皇大権の一つである、外交大権を規定した条文である。大日本帝国憲法第13条 フレッシュアイペディアより)

468件中 91 - 100件表示

「外交」のニューストピックワード