637件中 101 - 110件表示
  • ドクトリン

    ドクトリンから見た外交外交

    ドクトリン (doctrine) とは、政治、外交、軍事などにおける基本原則をいう。元々の意味は「教理」、「教え」。原義は「前提とするもの」。軍事では、戦闘教義(略して単に「教義」)ともいう。ドクトリン フレッシュアイペディアより)

  • 東南アジア諸国連合地域フォーラム

    東南アジア諸国連合地域フォーラムから見た外交外交

    加盟国相互の (1) 信頼醸成、 (2) 予防外交、 (3) 紛争解決の三段階を目指す。常務事務局を持っていないため夏のASEAN外相会議に合わせて閣僚会議が開催されている。2004年にジャカルタで開かれたARF閣僚会議では、パキスタンが正式参加を認められ、国防を担当する各国政府高官による「ARF安全保障政策会議」 (ASPC) 設置が決まった。東南アジア諸国連合地域フォーラム フレッシュアイペディアより)

  • レアルポリティーク

    レアルポリティークから見た外交外交

    レアルポリティーク、現実政治(ドイツ語:Realpolitik)は、が1853年に提唱した、イデオロギー、理想、倫理ではなく利害にしたがって権力を行使しておこなわれる政治のありかた。国家間の外交においては執拗な国益の追求と関連する。ロハウなどによると、「力の自然法則の現実」によって導かれるオットー・フォン・ビスマルクの外交政策をレアルポリティークの概念はよくあらわしている。レアルポリティーク フレッシュアイペディアより)

  • 新ベオグラード宣言

    新ベオグラード宣言から見た外交外交

    新ベオグラード宣言(しんベオグラードせんげん)は、1988年3月に当時のユーゴスラビア社会主義連邦共和国を訪問したソ連のミハイル・ゴルバチョフ書記長が打ち出した新しい外交方針である。新ベオグラード宣言 フレッシュアイペディアより)

  • 医師招請事件

    医師招請事件から見た外交外交

    医師招請事件(いししょうせいじけん)は、11世紀の日本と高麗との外交事件。医師招請事件 フレッシュアイペディアより)

  • テクノスリラー

    テクノスリラーから見た外交外交

    テクノスリラー ()とは、政治、軍事、外交、諜報、陰謀、科学などの技術の脅威を扱う文学の分野(ジャンル)である。コンピュータやバイオテクノロジーを扱った設定が多い。その多くはスパイ小説、戦争文学、SF(歴史改変SF)、スリラーを形式として採用している。退役軍人や元工作員が経験を元にして小説を執筆する場合も多い。テクノスリラー フレッシュアイペディアより)

  • シー・ベイシング

    シー・ベイシングから見た外交外交

    シー・ベイシングは一定の地点に定められる陸上基地と異なり、一隻の航空母艦があれば自由に外交上の制限なく運輸したいものを積載し自由に航行区域を移動できることにある。シー・ベイシング フレッシュアイペディアより)

  • 暫定協定

    暫定協定から見た外交外交

    外交分野では、暫定協定は、恒久的で詳細な合意(条約など)に将来置き換える意図で作られる、一時的かつ臨時の性格を持つ国際的な合意の手段を指す。慣習的に、暫定協定は非公式な方法で作られ、立法府での批准や恒久的な批准は決して必要としない。休戦協定(Armistice)や降伏文書(instruments of surrender)も暫定協定である。暫定協定 フレッシュアイペディアより)

  • 中興の祖

    中興の祖から見た外交外交

    中興の祖と称される人物は税制、財政の改革、人材の登用、治安回復、外交の安定などに意を用い、危機的状況を改善、回復し国家経営を立て直した人物である。中興の祖 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦州

    連邦州から見た外交外交

    連邦州は一般に、主権を連邦政府に委譲する他は、内政面において独立国に近い非常に高度な自治権を保有するため、独自の憲法を持ち、独自の法律・司法制度の下で統治される。ただし、隣接する州の間での制度の違いは一般市民生活や経済活動において不便なことも多いため、内政面でも連邦政府に委ねる範囲が拡大する傾向にある。また、主権を持たないため、そこから派生する外交権はないが、州独自の国際交流が行われている。連邦州 フレッシュアイペディアより)

637件中 101 - 110件表示

「外交」のニューストピックワード

  • 沖縄差別、まっぴらごめん

  • 正月三が日は訓練しない…今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

  • 地方分権の悪用