637件中 111 - 120件表示
  • 媚中

    媚中から見た外交外交

    保守的論調をとる産経新聞社グループや新潮社などのマスメディアに寄稿される記事のタイトルや本文に使用される場合が多い。たとえば、産経新聞社の『正論』2006年8月号には、『媚中政権になれば中国が尖閣を占領する』というタイトルで、安倍晋三が政権をとらなければ尖閣諸島問題に不利になるとの主張が載ったほか、同年8月19日には武部勤自由民主党幹事長(当時)が自民党総裁選で親中派に対して、「中国と良好な関係でなければアジア外交はうまくいかないという論理はナンセンスだ。アジアの国々は中国の覇権主義を恐れている。中国に媚びるような『土下座外交』は良くない」と主張した。これについて『産経新聞』が『武部幹事長、「安倍政権サポートを。媚中外交は良くない」』と題して報道した。また、同紙のコラムで政治評論家の屋山太郎は、二階俊博を「媚中派の雄」と形容した。媚中 フレッシュアイペディアより)

  • 口上書

    口上書から見た外交外交

    口上書(こうじょうしょ、note verbale)は、外交文書の一つであり、公式な信書である。口上書 フレッシュアイペディアより)

  • アマニ・ディオリ

    アマニ・ディオリから見た外交外交

    1960年、ニジェール独立とともにディオリは初代大統領に就任した。ディオリはセネガルのサンゴールらとともにフランコフォニー国際機関の設立に尽力するなど、親仏的立場を取りながら外交で成果を挙げたが、国内ではPPNの一党支配を敷いてバカリのサワバ党など他党派を弾圧し、また経済面でも経済運営に失敗し、国民の不満は募っていった。アマニ・ディオリ フレッシュアイペディアより)

  • 香港の対外関係

    香港の対外関係から見た外交外交

    香港政府において対外関係を扱うのは、政制事務局である。特に中国大陸(香港政府は「内地」と呼ぶ)との関係を主に担っている。諸外国などとの関係(外交事務)は、基本法の定めにより中央政府の管轄である。そのため、外交部駐香港特派員公署が設置され、政制事務局と協力する形で香港が外国や国際機関と締結する条約案などを作成している。香港の対外関係 フレッシュアイペディアより)

  • 歴代宝案

    歴代宝案から見た外交外交

    歴代宝案(歴代寳案、れきだいほうあん)は、琉球王国の外交文書を記録した漢文史料。1集49巻、2集200巻、3集13巻、目録4巻、別集4巻の全270巻からなるが、現存するのは1集42巻、2集187巻、3集13巻、目録4巻、別集4巻の計250巻である。歴代宝案 フレッシュアイペディアより)

  • カナダ共産党

    カナダ共産党から見た外交外交

    平和主義や軍縮に基づく外交政策を進め、アフガニスタン戦争やリビア侵攻への関与を止める。また、北大西洋条約機構や北米航空宇宙防衛軍から脱退カナダ共産党 フレッシュアイペディアより)

  • エルンスト・フォン・リュッヒェル

    エルンスト・フォン・リュッヒェルから見た外交外交

    第1次対仏大同盟戦争中の1792年、彼はシャンパーニュから撤退する主力軍を援護し、フランクフルト・アム・マインへの攻撃を指揮した他、では、いわゆるで混成軍団を率い(彼はに所属し、近衛第3大隊長として、やハインリヒ・フォン・クライストの上官であった)、一時的にランダウ・イン・デア・プファルツの封鎖を指揮し、いくつかの戦いで勝利を収める。しかし、それ以前にリュッヒェルの名を知らしめたのはプロイセン軍の撤退に際して、コブレンツを占領しようとしたアダム・フィリップ・ド・キュスティーヌ中将率いるフランス軍に先んじた強行軍である。さらに彼はプファルツ選帝侯領、ヘッセン=ダルムシュタット方伯領、ヘッセン=カッセル方伯領の各宮廷、そして後にはサンクト・ペテルブルクの皇帝パーヴェル1世を訪問し、外交を担当している。バーゼルの和約が締結されると、初の艦隊計画を作成した。エルンスト・フォン・リュッヒェル フレッシュアイペディアより)

  • ヘーチマン

    ヘーチマンから見た外交外交

    1654年にロシア・ツァーリ国との間で行われたペレヤースラウ会議とペレヤースラウ条項への署名の結果、ヘーチマンはモスクワのツァーリからウクライナにおける最高権力であると承認された。ヘーチマンはウクライナ政府を組織した。ヘーチマンを頂点とする政府組織は大長老衆と呼ばれ、コサック連隊長と共に長老ラーダを作り、国家運営の基幹を担った。ヘーチマンは、他国と外交関係を築く権利を有した。ロシアとの間では、ヘーチマンは代替わりごとに改めて協定を結ぶこととなっていた。ヘーチマン フレッシュアイペディアより)

  • 地球防衛未亡人

    地球防衛未亡人から見た外交問題外交

    ある日突然、日本の南方海上に浮かぶ三角諸島に宇宙怪獣ベムラスが襲来し、日本各地の原子力発電所の使用済み核燃料を次々と食べていく。その放射能除染能力に着目した隣国、中国、韓国がその怪獣の領有を主張し、米国を巻き込んだ外交問題と化することになった。決断を迫られる宇部総理の下に石倉元東京都知事が押しかけ、政治圧力が加えられたことにより、怪獣退治は地球防衛軍の手に委ねられることになった。地球防衛未亡人 フレッシュアイペディアより)

  • 天山の巫女ソニン

    天山の巫女ソニンから見た外交外交

    沙維と隣国江南との間で外交問題が生じる中、ソニンの主のイウォル王子は宮廷での発言権も活躍の場も与えられず、鬱屈した日々を送っていた。そのような中、イウォルは江南の第2王子クワンから江南への留学を熱心に誘われた。クワンの華やかな人柄に強く惹かれていたイウォルは喜んで江南に行くことにしたが、同行するソニンはクワンの誘いに何か裏があるのではないかという不安をぬぐえなかった。天山の巫女ソニン フレッシュアイペディアより)

637件中 111 - 120件表示

「外交」のニューストピックワード