637件中 121 - 130件表示
  • 復興

    復興から見た外交外交

    また政治形態も戦争時下と平時とでは非常に大きな差があり、この政治形態を平常化するのも戦後復興の一つの課題で、また他国との関係も外交を通じて修復する必要がある。この中では未来に遺恨を残さないための取り引きも行われ、また捕虜の交換といった活動も進められる。復興 フレッシュアイペディアより)

  • 大統合民主新党

    大統合民主新党から見た外交外交

    国際社会に貢献する平和外交を実現する。大統合民主新党 フレッシュアイペディアより)

  • 小国

    小国から見た外交外交

    これらの国々は成立しても、大国によって併呑されることが歴史上多かったが、ウェストファリア体制が成立し、「各国平等」を旨とする近代国際政治が成立してからは消滅することは少なくなった。また列強のパワーゲームの結果緩衝国、衛星国として残ることも多くなった。小国の中でも経済的に富裕な国々は高い国際競争力による経済的影響力や巧みな外交の展開などで国際社会で活躍するケースがある(ミドルパワー)。特定の大国の影響を排除すべき状況では、小国、ミドルパワーがその中心に立つことも多い(例、EUの本部(ベルギー)、国際連合事務総長)。小国 フレッシュアイペディアより)

  • スンガイトゥジョー

    スンガイトゥジョーから見た外交外交

    現行の国境は1958年にイギリスによって画定された。当時のイギリスがサラワク植民地の主権を有し、ブルネイを保護国にして外交の責任を保持していたからである。1960年代にサラワク州ミリ市とサラワク州西部およびブルネイとの間の人や物の流れを制御するために、入国管理局が建設された。入国管理局は設置以降、継続的に国境付近の整備を進め、2003年にはマレーシアのバラム川(Baram River)にアセアン・ブリッジ(ASEAN Bridge)を架橋した。スンガイトゥジョー フレッシュアイペディアより)

  • 国際政治学 (モーゲンソウ)

    国際政治学 (モーゲンソウ)から見た外交外交

    モーゲンソーは、「国際政治とは、他のあらゆる政治と同様に、権力闘争である」と指摘する。そして3つの基本的なパターンに政治現象を区分する。つまり力を維持する現状維持政策、力を増大する帝国主義政策、そして力を誇示する威信政策である。また国力を、比較的安定している要素である地理、資源、工業力、軍事力、人口と、つねに変化している要素である国民性、国民の士気、外交の質、政府の質に分けて考察している。国際政治学 (モーゲンソウ) フレッシュアイペディアより)

  • 宗主国

    宗主国から見た外交外交

    中国の柵封体制において宗主国は藩属国から朝貢を受ける場合、朝貢してくる国のすべてが冊封を受けて中華皇帝の臣に叙されているわけではない。また中華帝国内の地方官も皇帝には朝貢を捧げるもので、朝貢は必ずしも外交に関わるものではない。宗主国 フレッシュアイペディアより)

  • 公共財

    公共財から見た外交外交

    非競合的かつ非排除的な狭義の公共財を純粋公共財という。この純粋公共財の典型的な例としては政府による外交や国防がしばしば挙げられる。国民の内の特定の集団が政府の外交政策や国防の利益を受けないように排除することが困難であり、また、集団を排除しなくてもそれによって追加的な費用が発生しないことが多い。ほかの例としては、花火大会における花火などがある。公共財 フレッシュアイペディアより)

  • 非核平和都市宣言

    非核平和都市宣言から見た外交外交

    本来、外交や国防は国の専管事項だが、核戦争の危機のなかで、住民の生命と財産を守ることを使命とする自治体が国家にすべてを委託できないとして、国家に対して行う「異議申し立て」の企てとされる。非核平和都市宣言 フレッシュアイペディアより)

  • ハト派

    ハト派から見た外交外交

    ハト派・タカ派には、必ずしも明確な基準はないが、一般的には平和主義的な姿勢、外交・安全保障政策などについて軍事力による紛争解決(軍事力を用いた他国の牽制や積極的な武力行使)に否定的な考えを持ち、そういった政策を支持している行動様式の集団あるいは人物がハト派(もしくは穏健派)と呼称される。ハト派 フレッシュアイペディアより)

  • 委任立法

    委任立法から見た外交外交

    夜警国家の時代は、国家の役割はその自立的運行に必要な外交、国防、治安の維持のみでよいという考えが主流であったため、行政府は立法府によって決められた事柄を執行するだけの機関に過ぎなかった。しかし資本主義が発達し、貧富の差が拡大するといった弊害が生まれてくるにつれ、国家が広範な分野において政策を講じる必要が出てきた。ところが、立法府は、行政府に比べると社会の変化に随時対応する機動力に欠け、また、日常的に行政を担当する行政府に比べると、詳細な情報を得るための能力に欠ける点が指摘され、国民の要求に迅速にこたえるためには、行政府にある程度の立法権を委任することが避けられなくなっている。委任立法 フレッシュアイペディアより)

637件中 121 - 130件表示

「外交」のニューストピックワード

  • 沖縄差別、まっぴらごめん

  • 正月三が日は訓練しない…今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

  • 地方分権の悪用