637件中 131 - 140件表示
  • イギリスの王室属領

    イギリスの王室属領から見た外交外交

    王室属領(おうしつぞくりょう、)とは、イギリスの国王()に属し、高度な自治権を持った地域である。伝統的に国王が王国外に有していた領地であるため、イギリス(連合王国、)には含まれず、それぞれ独自の憲法の下で政府を持っている。ただし、外交・防衛についてはイギリス政府が責任を負う。イギリスの王室属領 フレッシュアイペディアより)

  • ジェラルド・カーティス

    ジェラルド・カーティスから見た外交外交

    専門分野は日本の政治外交、比較政治学、日米関係、米国のアジア政策である。1967年第31回衆議院議員総選挙における大分2区の自民党衆議院議員候補の佐藤文生陣営を題材にして、立候補から初当選までの日本の選挙運動を分析した博士論文を執筆、同論文を基にして『代議士の誕生』を出版する。ジェラルド・カーティス フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドラ・コロンタイ

    アレクサンドラ・コロンタイから見た外交外交

    1920年代からコロンタイは国内における実質的な政治影響力を伴わない種々の外交職を歴任することとなる。これにより国内政策、特に女性政策に関する彼女の発言権は封じられた。1923年駐ノルウェー大使に任命される(世界最初の女性大使)。以後、メキシコ、スウェーデン大使や国際連盟代表部部員を歴任する。1933年にはレーニン勲章を受章している。第二次世界大戦中は、スウェーデン大使であった。スウェーデンが中立国であったため、ストックホルムのソ連大使館はナチス・ドイツと潜在的な交渉ルートとしての可能性が取りざたされたが、実際にはナチスとの交渉は無かったとされる。1952年3月9日死去。アレクサンドラ・コロンタイ フレッシュアイペディアより)

  • 山根隆治

    山根隆治から見た外交外交

    外交・安全保障に関しては、日米同盟基軸を打ち出している。山根隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 外交称号

    外交称号から見た外交外交

    外交称号(がいこうしょうごう)は、主に君主ないし領主、為政者が外交・通商などにおいて対外的に用いた称号のこと。外交称号 フレッシュアイペディアより)

  • フェレロ・ロシェ

    フェレロ・ロシェから見た外交外交

    1990年代の英国において、ヨーロッパから来た大使公邸でのパーティーをテーマにした広告シリーズが打たれ、このキャンペーンはそれ以来しばしば大衆文化においてパロディ化されている。最初に英国の俳優であるジョナサン・キッドによるボイスオーバーナレーションで「大使のレセプションはゲストの心をとらえるホストの洗練された趣味で世間に鳴り響いています」という説明が入る。パーティのお客の間を、ピラミッド型に積んだフェレロ・ロシェをのせた銀盆を持った執事が回るというイメージはおきまりのものとなり、外交一般のステレオタイプとして広く流布するようになった。イタリアの広告を英語で吹き替え、大衆的な顧客に対してフェレロ・ロシェを顧客の憧れをそそるブランド(aspirational brand)として提示するマーケティングが行われており、この広告の社会経済的なターゲットについて、とくにもっと大衆的な顧客に対してこれはいくぶんか侮辱的なのではないかということについての議論が発生した。フェレロ・ロシェ フレッシュアイペディアより)

  • 特定秘密保護法案反対運動

    特定秘密保護法案反対運動から見た外交外交

    2013年12月、防衛と外交に関する行政機関の機密守秘やテロリズム防止措置などを定めた通称「特定秘密保護法案」が国及び国民の安全の確保に資することを目的として日本の国会で成立した。その成立前の同年11月、一部の国会議員、日弁連などを中心とした法案廃止を求める市民集会が東京日比谷で開催された。特定秘密保護法案反対運動 フレッシュアイペディアより)

  • 封臣

    封臣から見た外交外交

    多くの帝国は街や王国や一族の外に、征服や統治なしに支配下に置こうということで「属国」(vassal state) を設けた。この場合、属国(あるいは 宗主権)は単に、内政の完全な自治とおそらくは公式な貢物と交換に、外交政策の独立を放棄させるということを意味する。一方、「年下の同盟国」と呼べるようなより小さい国は、単に自国に普及している外交文化の基準を適用しようということで、国内の「封土保持者」あるいは「受託者」と比較して「封臣」(vassal)と呼ばれた。 これが異文化に、個人間の公式な支配関係、更には独自でない外交規則を用いている国間の公式な支配関係の理解を促した。古代ローマ、モンゴル帝国、そして大英帝国がこの用語を用いた。封臣 フレッシュアイペディアより)

  • 自治権

    自治権から見た外交外交

    自治権(じちけん)は、国際的・帰属的に中立の少数民族集団あるいは国の一部分である地方又は国に属している領土の住民が内政を独自に行使できる権限である。その民族や地方・領土は内政に関して国の関与を全く或いはほとんど受けないが、外交の権限を有していない。外交権を有すると自治権ではなく独立(独立国家・主権国家)となる。自治権 フレッシュアイペディアより)

  • 青の軌跡

    青の軌跡から見た外交権外交

    連邦のマザーコンピュータが心身共に最高の相性であると判断したベストコンビ。技術者として船の航行からメンテナンス、時には兵器までもを管理するハード担当の武官と、外交権を持ち連邦との連絡を取ってその指示に従うべく指揮を執るソフト担当の文官の、2人を1組とする。文武の区別はあるが、基本的にはどちらもこなせるプロ中のプロが選ばれる。青の軌跡 フレッシュアイペディアより)

637件中 131 - 140件表示

「外交」のニューストピックワード

  • 沖縄差別、まっぴらごめん

  • 正月三が日は訓練しない…今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

  • 地方分権の悪用