637件中 11 - 20件表示
  • 第一次ロシア・スウェーデン戦争

    第一次ロシア・スウェーデン戦争から見た外交外交

    第一次ロシア・スウェーデン戦争とは1788年から1790年まで続いた、ロシア帝国とスウェーデン王国の戦争である。スウェーデンは外交的にはデンマークとも対峙した。戦争はスウェーデン優位に帰し、ヨーロッパにおけるスウェーデンの国際的地位を向上させた。1808年の第二次ロシア・スウェーデン戦争(フィンランド戦争)とあわせ「ロシア・スウェーデン戦争」とも呼ぶ。第一次ロシア・スウェーデン戦争 フレッシュアイペディアより)

  • デタント

    デタントから見た外交外交

    旧外交の時代において発展した外交概念の一つであり、戦争勃発の危険があるほどに切迫した二カ国間の緊張の緩和を意味する旧時代の外交用語である。しかし、この時点では対立点を解決できるわけではなく、基本的な利害関係は維持されている状態である。この次の段階として「和解」(ラプローシュマン)の段階がある。この段階においては二国(時には片方)が条約を締結する意向を表明して和解を勧めようとする。これまで対立していた二国間で紛争のリスクが低下し、合意が成立しうる初期的な現象である。「協商」(アンタント)二カ国が、外交交渉で利害関係や見解についての情報を交換するが、相互理解は限定的であり、一定の分野でしか二カ国関係は改善されない。「宥和」(アピーズメント)両国関係の主要な対立点を相互的、組織的に取り除き緊張を緩和することに成功した段階である。また宥和に並んで「同盟」(アライアンス)という可能性もある。同盟が成立すれば両国間の具体的な軍事的、経済的な協力関係が形成される。デタント フレッシュアイペディアより)

  • 国際法

    国際法から見た外交外交

    国際法は16世紀から17世紀のヨーロッパにおける宗教戦争の混乱を経て、オランダの法学者グローティウスや、スペインの神学者であり法学者であったスアレス(Francisco Suárez)、ビトリア(Francisco de Vitoria)らが創始したと考えられている。スアレスによれば、万民法(jus gentium)は慣習法として成立し、それが実定法として国際社会全体を拘束すると考えた。また、グローティウスの『自由海論』は当時の国際法的思考に大きな影響を与えたといわれる。ウェストファリア条約以降、国家間の紛争、通商および外交関係を規律する法として成立、発展していった。国際法 フレッシュアイペディアより)

  • 在外公館

    在外公館から見た外交外交

    在外公館(ざいがいこうかん、英語:Overseas Diplomatic Establishment、略称:ODE)は、国が他国との外交や自国民の保護、他国民への査証業務の提供のために他国内へ設置した施設の日本法令上の名称である(国際法上は、(外交)使節団の公館という)。外交関係に関するウィーン条約の規定により、大使館の敷地は設置した国(派遣国)の管轄権が適用され、接受国は原則として管轄権を行使できない(外交特権)。総領事館は大使館に準じる特権・免除を受ける。在外公館 フレッシュアイペディアより)

  • ノルディックバランス

    ノルディックバランスから見た外交外交

    かかる背景を持つデンマークがNATOの中でたびたびアメリカ等と衝突したのは必然と言ってよいのだろう。このためデンマーカイゼイション(デンマーク化)とレッテル貼りされることになる。ここにアメリカの傲慢さと焦燥感が同時に見て取れるが、アメリカとデンマークは共に相手を必要としていた。超大国と小国という違いはあれど、複雑な冷戦外交の中でギリギリの妥協と互いの国益を追求した両者の必死な姿が浮き彫りになっていると言えよう。ノルディックバランス フレッシュアイペディアより)

  • 対日外交戦争

    対日外交戦争から見た外交外交

    対日外交戦争(たいにちがいこうせんそう)とは、2005年3月に時の大韓民国大統領の盧武鉉が打ち出した外交政策・外交施政宣言。「新韓日ドクトリン」とも称される。かつての宗主国であった隣国の日本に対し、強硬な対決姿勢を採ることを特徴とする。対日外交戦争 フレッシュアイペディアより)

  • フォーリン・アフェアーズ

    フォーリン・アフェアーズから見た外交外交

    『フォーリン・アフェアーズ』(Foreign Affairs)は、アメリカの外交問題評議会(CFR)が発行する外交・国際政治専門の隔月発行政治雑誌。フォーリン・アフェアーズ フレッシュアイペディアより)

  • ヘーチマン国家

    ヘーチマン国家から見た外交外交

    問題は、ヘーチマン国家がポーランド・リトアニア共和国内で自治権を獲得したとはいえ、法律上その国家はポーランド・リトアニア共和国の主権下にあり、これはウクライナ・コサックたちがポーランド・リトアニア共和国の国民であることを意味した。ヘーチマン国家のコサックたちが「伝統的な経済活動」を自由に行えるようになると、ヘーチマン国家の責任者であるポーランド・リトアニア共和国の外交、特にオスマン帝国との外交にとって非常にまずいことになったのである。ヘーチマン国家 フレッシュアイペディアより)

  • 惑星連邦

    惑星連邦から見た外交外交

    惑星連邦は、西暦2161年にアンドリア、地球人、テラライト、ヴァルカン の4つの種族により設立されるかたちで成立した星間連邦国家である。おもに、連邦加盟惑星間の科学技術、文化等の互助、共通の外交・防衛政策を共通の目的としており、加盟各国の内政自主権は、ある程度までは尊重されている。24世紀後半の時点では、8000光年にわたって、約150の惑星および植民星が加盟しており、連邦評議会を地球・サンフランシスコに、連邦評議会議長(大統領)府をパリに置いている。惑星連邦 フレッシュアイペディアより)

  • 文民統制

    文民統制から見た外交外交

    クーデターなどの手段で軍人が政権を握り、政治指導を失敗した場合、国民は自分たちが選んだわけでもなく替える手段もない指導者のために大災厄をこうむる事になる。国民が主権者である民主国家では文民統制の維持は政軍関係の原則であって、民主国の軍人は政治や外交に干渉せず、国民が選挙で選んだ政治家の指導に服し、軍務に精励することが求められる。文民統制 フレッシュアイペディアより)

637件中 11 - 20件表示

「外交」のニューストピックワード

  • 沖縄差別、まっぴらごめん

  • 正月三が日は訓練しない…今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

  • 地方分権の悪用