468件中 21 - 30件表示
  • 在外公館

    在外公館から見た外交外交

    在外公館(ざいがいこうかん)は、国が他国との外交や自国民の保護、他国民への査証業務の提供のために他国内へ設置した施設の日本法令上の名称である(国際法上は、(外交)使節団の公館という)。外交関係に関するウィーン条約の規定により、大使館の敷地は設置した国(派遣国)の管轄権が適用され、接受国は原則として管轄権を行使できない(外交特権)。総領事館は大使館に準じる特権・免除を受ける。在外公館 フレッシュアイペディアより)

  • 日中関係史

    日中関係史から見た外交外交

    秀吉の死で幼少5歳であった息子の秀頼を五大老が補佐する体制が敷かれる。その中で台頭したのが徳川家康であった。1600年に豊後に漂着したオランダ船に乗り組んでいたヤン・ヨーステンとウィリアム・アダムスを家康は貿易・外交顧問として雇い南蛮貿易を積極的に奨励した。同1600年の関ヶ原の戦いで石田三成が率いる西軍に勝利した家康は、1603年に征夷大将軍に就任して江戸幕府を開く。太平の世の到来で高級衣料である支那絹に対する需要が増大し、明産などの輸入生糸を糸割符仲間に独占購入・販売させる糸割符制を導入、朱印船貿易を実施した。これ以後、1635年まで350隻以上の日本船が朱印状を得て海外に渡航した。明からも民間人が多数来日し、九州を中心に唐人町が形成された。しかし、かつて倭寇に苦しんだ明は日本船と明船の出入港を禁止、文禄・慶長の役で険悪関係となってからはなおさらであった。両商船は明国官憲の監視が及ばない東南アジア諸港へ合法的に赴いて彼の地で合流、「出会貿易」で明産の生糸や絹を売り買いしていた。明製品以外にも武具に使用される鮫皮や鹿皮、砂糖など東南アジア産品の輸入も行われた。日本からは銀・銅・銅銭・硫黄・刀などの工芸品が輸出された。当時、明では銀が不足していたため朱印船の主要な交易相手である明商人は銀を欲した。しかも当時、日本では石見銀山などで銀が盛産されており、決済手段として最も適していた。日中関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 中立主義

    中立主義から見た外交外交

    中立主義(ちゅうりつしゅぎ)とは、戦時・平時を問わず、国際関係の上で中立を維持することを基本とする外交上の立場である。中立主義 フレッシュアイペディアより)

  • ニキータ・パーニン

    ニキータ・パーニンから見た外交外交

    エカチェリーナ2世冊立の功労者の一人であり、女帝の統治時代前半18年間における有力政治家として、外交を統括し、政務全般における政治顧問であった。一方で、パーニン伯は、啓蒙主義者として政治的自由を主張し、皇太子パーヴェル大公(後の皇帝パーヴェル1世)を擁立し、ロシアに立憲君主制を導入することを主張したため、あくまで専制者としてロシアに君臨した女帝とは、対立した。パーニン伯は、外交・軍事面では、北方同盟及び、プロイセンのフリードリヒ大王との関係強化を主張した。ポーランド分割に関して、頑強に反対したため、女帝の方針により従順だったアレクサンドル・ベズボロドコ公爵と交代させられた。ニキータ・パーニン フレッシュアイペディアより)

  • クリスティン・ハルヴォルセン

    クリスティン・ハルヴォルセンから見た外交外交

    ヴェストフォル県ホーテン生まれ。大学で教育学と犯罪学とを学んだ後、法律事務所にて秘書として勤務。1989年、ノルウェー議会議員にオスロ選挙区から初当選を果たし、財政委員会(1989年 - 1997年)や憲法問題諮問委員会(1997年 - 2001年)の各委員を歴任する。現在は選挙、外交問題の各委員会委員に就いているが、閣僚在任中は両職から離れている。クリスティン・ハルヴォルセン フレッシュアイペディアより)

  • 外交権

    外交権から見た外交外交

    外交権 フレッシュアイペディアより)

  • 弔問外交

    弔問外交から見た外交外交

    弔問外交(ちょうもんがいこう)とは元首や政府要人などの死去に伴う葬儀(国葬を含む)において、各国の政府高官ら多数が葬儀に参列する機会を利用して展開する外交のこと。弔問外交 フレッシュアイペディアより)

  • 戦略 (ルトワック)

    戦略 (ルトワック)から見た外交外交

    戦略の構造についてルトワックは技術(Technical Level)、戦術(Tactical Level)、作戦(Operational Level)、戦域戦略(Theater Strategy)、大戦略(Grand Strategy)の垂直的な水準と軍事以外の戦争手段である外交、プロパガンダ、経済力、情報などの水平的な水準があり、この五つの垂直的水準と水平的水準の相互作用の調和(Harmony)が重要だと指摘している。したがって大戦略から技術に至るまで完全な優位にあったとしても、また軍事力のみが優れていたとしても、全体としての調和が成り立ったっていなければ戦争に勝利することはできないと論考している。戦略 (ルトワック) フレッシュアイペディアより)

  • 戦争要論

    戦争要論から見た外交外交

    戦争の勝敗を左右するものは外交である。巧みな外交によって適切な時期に開戦し、少なくとも中立国を増やし、友好国を引き入れる。武力行使では諸外国と連携し、適時に和平交渉を行って有利な条件で平和状態に到達することが緊要である。つまり戦争で勝利するためには優勢な軍隊と強力な内閣が必要である。戦争要論 フレッシュアイペディアより)

  • 宮廷外交

    宮廷外交から見た外交外交

    宮廷外交(きゅうていがいこう、英:court diplomacy)とは、宮廷における人間関係を基礎として展開される外交のこと。宮廷外交 フレッシュアイペディアより)

468件中 21 - 30件表示

「外交」のニューストピックワード