637件中 31 - 40件表示
  • 獨協大学

    獨協大学から見た外交外交

    各学問分野を演習形式で行う授業の他、「日本語音声表現トレーニング」「プレゼンテーション実習」の様な日本語表現力やアカデミックスキルを養う授業、「英語通訳の仕事」、英語で行われる「21世紀の外交」の様な実践的な英語力を養える授業、「経理入門」「英文会計入門」の様なビジネススキルを身に付けられる授業、「ホームページ作成」「マルチメディア論」などの様なITスキルを身に付ける授業なども開講されている。獨協大学 フレッシュアイペディアより)

  • 青山繁晴

    青山繁晴から見た外交外交

    2002年4月 三菱総研時代の仲間数人と独立して、有限会社独立総合研究所を設立。代表取締役社長兼主任研究員に就任。研究者として、主に安全保障・危機管理・外交・政治を専門分野とし、専門分野はエネルギー安全保障、危機管理、国家安全保障、国際関係論、国家戦略の講演・講義を行っている。青山繁晴 フレッシュアイペディアより)

  • 道州制

    道州制から見た外交外交

    外交と軍事以外の権限を全て国家から地方に委譲し、対等な道州同士の緩やかな連合によって国に対し低い地方の地位を押し上げるという案。道州制 フレッシュアイペディアより)

  • みんなの党

    みんなの党から見た外交外交

    結党の精神として「脱官僚」・「地域主権」・「生活重視」を掲げた。また基本政策として小さな政府の構築・地域主権型道州制への移行・日米同盟を基軸とした戦略的外交などを主張している。なお選挙公約や政策課題のことを「アジェンダ」と呼んでおり、他の政党や政治団体とは党の「アジェンダ」が一致する範囲で連携・協力するとしている。みんなの党 フレッシュアイペディアより)

  • 特命全権大使

    特命全権大使から見た外交外交

    特命全権大使(とくめいぜんけんたいし、、)は、外交使節団の長で最上級の階級である。接受国の元首に対して派遣され、外交交渉、全権代表としての条約の調印・署名、滞在する自国民の保護などの任務を行う。国際連合などの国際機関の政府代表部に対しても派遣される。特命全権大使 フレッシュアイペディアより)

  • 米中関係

    米中関係から見た外交外交

    1978年12月15日の第二次米中共同声明(中華人民共和国とアメリカ合衆国の外交関係樹立に関する共同コミュニケ)の合意通りに、1979年1月1日を以ってアメリカは中華民国に代わって中華人民共和国と外交関係を結ぶことになった。アメリカはで示した「台湾は中国の一部である」との中国の立場を改めて確認した。中国はアメリカ人が台湾の人民との商業的・文化的・その他の非公式の交流を続けていくことを確認した。こうした台湾との実務的な非公式関係を保障するため、アメリカは国内法で『台湾関係法』を制定した。米中関係 フレッシュアイペディアより)

  • 福田康夫

    福田康夫から見た外交外交

    官邸主導の政治体制が確立していく中で、政府各省や与党との調整に力を発揮した上、本来の得意分野である外交における存在感も徐々に増していった。小泉内閣では、外務大臣田中眞紀子と外務省官僚との軋轢を巡る騒動の中で外務省が機能不全に陥った時は、大臣の頭越しに自ら外務省事務方への指示を行った。これにより、外務官僚が外務大臣よりもまず官邸に赴くことが常態化したため、「影の外務大臣」などと囁かれた。騒動の末小泉は田中を更迭し、後任に川口順子を起用する。これは、引き続き官邸外交は福田に任せたい小泉の意向であった。川口は民間人閣僚のため与党内に基盤を持たず、外務省との調整は官房長官の福田が事実上取り仕切ったためである。福田康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 中華民国

    中華民国から見た外交外交

    美麗島事件をきっかけに、1987年に蒋介石の息子で総統職を世襲した蒋経国が戒厳を解除。続いて李登輝政権下の1996年に、国民党一党独裁(党国体制)による寡頭共和制は終わり、複数政党制と大統領制を主体とした民主共和制に変わった(総統民選期の中華民国)。その経済や貿易規模も大きいことなどから、日本やアメリカ、イギリスやフランスなどをはじめとする主要国とは国交こそないものの、形式上非政府組織の窓口機関を通じて外交業務を行っているため、事実上の国交があると言える状態にある。世界貿易機関 (WTO) のように、主権国家ではなく、領域を代表するものとして中華民国政府の加盟を認めた国連機関もある。中華民国 フレッシュアイペディアより)

  • そこまで言って委員会NP

    そこまで言って委員会NPから見た外交外交

    手嶋龍一(出演回数11回、外交ジャーナリスト・元NHKボン・ワシントン支局長・外交問題)そこまで言って委員会NP フレッシュアイペディアより)

  • 日本の国際関係

    日本の国際関係から見た外交外交

    日本政府のポツダム宣言受諾による敗戦後、1951年(昭和26年)、厳密には講和条約が発効する1952年(昭和27年)4月28日まで主権を喪失して、外交自主権を持っておらず、有史上初の被占領期間中に事実上極東委員会・連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)を通じて日本の間接占領を施行した米国の政策を実現するラインで、対外政策が実施されてきた。その後、1951年(昭和26年)のサンフランシスコ講和会議で、冷戦下でのソビエト連邦(現在のロシア連邦)などの共産主義の国々(東側諸国)の調印を拒否が行われた中でサンフランシスコ講和条約に伴う日米講和条約と旧日米安保条約が締結され(後に現在の日米安保条約に発展)、中華民国と日華条約が調印され、これらとの関係を回復するとともに、外交権を回復することになる。1955年(昭和30年)にはGATTに加盟したことを始まりに、民主主義の経済政策を導入する先進工業国の中で次第に重要な対外地位を占めるようになった。1956年(昭和31年)、日ソ共同宣言によりソビエト連邦(現在のロシア連邦)との国交を回復するとともに、 1956年(昭和31年)12月18日に国際連合に加盟することで、国際社会に復帰するようになって、以降は、ほぼすべての独立国と国交を結んで外交をおこなっている(日本が国交を正常化していない国については、日本が承認していない国一覧を参照)。日本の国際関係 フレッシュアイペディアより)

637件中 31 - 40件表示

「外交」のニューストピックワード

  • 沖縄差別、まっぴらごめん

  • 正月三が日は訓練しない…今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

  • 地方分権の悪用