637件中 41 - 50件表示
  • 外交権

    外交権から見た外交外交

    外交権 フレッシュアイペディアより)

  • 戦争要論

    戦争要論から見た外交外交

    戦争の勝敗を左右するものは外交である。巧みな外交によって適切な時期に開戦し、少なくとも中立国を増やし、友好国を引き入れる。武力行使では諸外国と連携し、適時に和平交渉を行って有利な条件で平和状態に到達することが緊要である。つまり戦争で勝利するためには優勢な軍隊と強力な内閣が必要である。戦争要論 フレッシュアイペディアより)

  • 政治問題

    政治問題から見た外交外交

    政治問題は、政治家の疑獄事件(→賄賂)など政治家個人の問題から、政策の失敗のような政府の信用問題に至るまで、また教育政策から外交に至るまで多岐に及び、しばしば社会問題の一端に絡んでくる。政治問題 フレッシュアイペディアより)

  • 伊従直子

    伊従直子から見た外交外交

    伊従直子は東京都出身。専攻は史学。日米外交史で学士、中世教会史で修士を取得。伊従直子 フレッシュアイペディアより)

  • 条書

    条書から見た外交外交

    条目は戦国大名同士の外交においては書状のほか交渉条件や贈答などにおいて条目形式の外交文書が用いられ、書札礼も存在する。条書 フレッシュアイペディアより)

  • 対共産圏補完外交

    対共産圏補完外交から見た外交外交

    対共産圏補完外交(たいきょうさんけんほかんがいこう)とは、東西冷戦期の日本社会党が取った外交路線を指す。自由民主党の外交路線である、親米路線を補完するものと位置付けられる。対共産圏補完外交 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮半島を中国とみなす記述

    朝鮮半島を中国とみなす記述から見た外交外交

    奥山真司は、「韓国では自分たちが日本に併合されるまで『完全な独立国だった』と大きく勘違いしている(中略)つまり彼らは『自分たちが歴史的に弱かった』ということを直視できていないんですね。たとえば朝鮮の歴代王朝は外交も安全保障面も完全に中国の歴代王朝の属国扱いで、中国側から朝鮮に使いがくると、ソウルや平壌などの城壁にある門まで出向いて土下座・叩頭して出迎えるということを行っておりましたし、社会一般の風習や創氏改名など、とにかくありとあらゆる面で属国化されておりました。ところが韓国の彼を含む韓国国民一般は強烈なナショナリズムのおかげで、どうやら朝鮮がここまで中国に属国していたことを知らないみたいなんですね」と述べている。また、奥山のコースメートは、「朝鮮半島の場合は分裂するよね。かなり中国の歴史を受けているから、そこから抜け出すために逆にウソを教えるしかなくなってしまうんだよな」と発言したという。朝鮮半島を中国とみなす記述 フレッシュアイペディアより)

  • 対外硬

    対外硬から見た外交外交

    対外硬(たいがいこう)とは、国際社会における日本国家の現状を対外的に危機的状況と考え、国際協調を否定して、国家の自主・独立を重んじて軍事力をも視野においた強硬的な外交でのみによってこの危機を打開できるとする思想・主張のこと。政府外の在野・民間にあってこうした考えを支持する人々・党派を対外硬派(たいがいこうは)と呼び、明治後期の条約改正から日清・日露戦争、韓国併合の時期に最も盛んであった。明治政府に反対する勢力がナショナリズムの下に党派を超えて大衆を結集させた。対外硬 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮修文職

    朝鮮修文職から見た外交外交

    朝鮮修文職(ちょうせんしゅうぶんしょく)とは、江戸幕府の命によって対馬国(対馬藩)の以酊庵に派遣された禅僧の事で、李氏朝鮮との間でやりとりされる外交文書の解読・作成や使節への応対、貿易の監視などを行った。対州書役・朝鮮書契御用とも呼ばれ、対馬では書簡役・書役之僧とも呼ばれていた。朝鮮修文職 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋自由党

    東洋自由党から見た外交外交

    主な対外政策としては、アジアに対してはアジア全域の革新運動の盟主に日本が立つことを主張して、欧米列強に対しては強硬な外交政策を掲げた。その一方で国内政策においては、貧民労働者の保護と立憲政治・普通選挙の実現を掲げて党内に普通選挙期成同盟会、日本労働協会、小作条例調査会を設置して、機関誌「新東洋」を刊行した。東洋自由党 フレッシュアイペディアより)

637件中 41 - 50件表示

「外交」のニューストピックワード

  • 沖縄差別、まっぴらごめん

  • 正月三が日は訓練しない…今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

  • 地方分権の悪用