468件中 41 - 50件表示
  • 松隈清

    松隈清から見た外交外交

    松隈 清(まつくま きよし、1925年 - 2008年6月16日)は、日本の法学者。専門は国際法、外交史。元八幡大学(のち九州国際大学)名誉教授。国際法学者の松隈潤は息子。松隈清 フレッシュアイペディアより)

  • 帝国以後

    帝国以後から見た外交外交

    『帝国以後』 (Après l'empire - Essai sur la décomposition du système américain) は、フランスの人口学・歴史学・家族人類学者であるエマニュエル・トッドが 2002年に著した本である。2050 年までにアメリカの覇権が崩壊すると予測し、世界的なベストセラーとなった。またその後のフランス、ドイツの外交の理論的な支えとなった。帝国以後 フレッシュアイペディアより)

  • 関八州古戦録

    関八州古戦録から見た外交外交

    戦国時代の関東地方における合戦や外交情勢について記されており、天文15(1546)年の河越夜戦から天正18年の後北条氏滅亡までの関東における大小の合戦を詳細に扱っている。関八州古戦録 フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・マップ

    ウェイン・マップから見た外交外交

    専門は外交、安全保障、国防、通商交渉、移民問題など多岐に渡る。ウェイン・マップ フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・マーシャル

    フレデリック・マーシャルから見た外交外交

    岩倉使節団の帰国後はブラックウッズ・マガジン誌に「国際的虚栄」(International Vanities)を連載。日本のように新たに欧米の外交クラブに参入した国の立場から見て、いかに西欧の外交慣習や儀礼・マナーというものが複雑で無駄の多いものかを力説するなど、ヨーロッパ文化を相対化・客観視する目を持っていた。明治日本政府は関税自主権の喪失や領事裁判権・片務的最恵国待遇という不利な点を持つ不平等条約の改正を国是としており、そのためにマーシャルの人脈と広報力に期待を寄せた。フレデリック・マーシャル フレッシュアイペディアより)

  • 伊従直子

    伊従直子から見た外交外交

    伊従直子は東京都出身。専攻は史学。日米外交史で学士、中世教会史で修士を取得。伊従直子 フレッシュアイペディアより)

  • 外交記録公開文書

    外交記録公開文書から見た外交外交

    外交記録公開文書(がいこうきろくこうかいぶんしょ)とは、日本の外務省により公開された外交に関する記録文書を言う。外交記録公開文書 フレッシュアイペディアより)

  • 条書

    条書から見た外交外交

    条目は戦国大名同士の外交においては書状のほか交渉条件や贈答などにおいて条目形式の外交文書が用いられ、書札礼も存在する。条書 フレッシュアイペディアより)

  • クリストファー・ヒル

    クリストファー・ヒルから見た外交外交

    平和部隊としてはカメルーンに配属され、1974年から1976年までボランティア活動をした。この時の活動についてヒルは、外交について学ぶ最初のきっかけであったと評価している。活動先は信用協同組合であった。ここでヒルは取締役の一人が組合員の預金の60パーセントを着服していることを発見し、これを背任行為として告発した。しかしヒルは、不正を犯した取締役がすぐに再選出されたことを知る。取締役会は、部族間の利益を注意深く反映することが最も大切であって、経営の善し悪しは問題にされなかったのだ。この出来事を通じて「何かが起こるのには必ず理由があるのであって、その理由を見つけることに最善を尽くすことは当然だ。しかし理由が分かったところで結果を変えられるとは限らない。」という教訓を得たという。クリストファー・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • コスタス・コンスタンチノウ

    コスタス・コンスタンチノウから見た外交外交

    コスタス・コンスタンチノウ(Costas M. Constantinou)は、キプロス出身の国際政治学者。専門は外交論。コスタス・コンスタンチノウ フレッシュアイペディアより)

468件中 41 - 50件表示

「外交」のニューストピックワード