468件中 61 - 70件表示
  • ザンジバル革命政府

    ザンジバル革命政府から見た外交外交

    連合共和国結成後もザンジバルには広範な自治権が認められ、外交・国防・通貨といった連合全体に関わる事項以外は、引き続きザンジバル革命政府が担うことになり、現在に至っている。ザンジバル革命政府 フレッシュアイペディアより)

  • 金東奎

    金東奎から見た外交外交

    1974年11月の最高人民会議第5期第4回会議において国家副主席に選出され、主に外交に携わる。1976年6月、党政治委員会の席上「後継者の浮上があまりに性急すぎる。人民が納得できるような時間をおいて教育を強化しなければならない」と発言し、当時進められていた金正日への後継体制づくりを批判した。金東奎 フレッシュアイペディアより)

  • 領主

    領主から見た外交外交

    元々は開墾などで土地を自然のままの単なる荒地や原野から食料などの生産(農業)に即した状態(→穀倉地帯・治水)に整備するのは、個人や小集団の手には余る仕事であったし、まして近隣地域からの侵略から守ることは、民兵を組織化するにしても困難が生じた。こういった事業を手掛けていったのが、領主である。領主は領地を得て、其処からの産品で財を成したが、この中には交易網の整備や外交、また領内の住民(領民)に対する生活保護に絡んだ様々な問題解決が仕事となった。領主 フレッシュアイペディアより)

  • ビスマルク体制

    ビスマルク体制から見た外交外交

    ビスマルク体制(ビスマルクたいせい)とは、19世紀後半にドイツ帝国宰相ビスマルクの築いたヨーロッパの外交関係のこと。この体制の間、フランスは孤立することとなった。ビスマルク外交ともいう。ビスマルク体制 フレッシュアイペディアより)

  • 太平洋戦記

    太平洋戦記から見た外交外交

    外交の導入により、勝利条件が変更になった。太平洋戦記 フレッシュアイペディアより)

  • 香港の対外関係

    香港の対外関係から見た外交外交

    香港政府において対外関係を扱うのは、政制事務局である。特に中国大陸(香港政府は「内地」と呼ぶ)との関係を主に担っている。諸外国などとの関係(外交事務)は、基本法の定めにより中央政府の管轄である。そのため、外交部駐香港特派員公署が設置され、政制事務局と協力する形で香港が外国や国際機関と締結する条約案などを作成している。香港の対外関係 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤シヅエ賞

    加藤シヅエ賞から見た外交外交

    加藤シヅエは1920年代から女性解放運動と産児調節運動といわれる、男女差別をなくす社会運動家のパイオニアとして活躍し、太平洋戦争終結後は国会議員として国政で女性運動、男女差別撤廃運動などを推進。また外交や環境問題にも力を注いだ。また国際家族計画連盟(IPPEF)の設立にも携わり(この業績を称えて1998年日本人初の「国連人口賞」獲得)、世界的な運動にまで発展した。加藤シヅエ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 中興の祖

    中興の祖から見た外交外交

    中興の祖と称される君主は税制、財政の改革、人材の登用、治安回復、外交の安定などに意を用い、危機的状況を改善、回復し国家経営を立て直した君主である。中興の祖 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・パーシー

    チャールズ・パーシーから見た外交外交

    上院では外交、安全保障及び通商問題で頭角を現した。特にパーシーは、長年上院外交委員会において共和党を代表する立場にあった。彼は「ロックフェラー・リパブリカン」と呼ばれる共和党の穏健派に属し、ヴェトナム問題を巡りニクソン大統領と衝突したこともあった。1968年及び1976年には共和党大統領予備選への出馬が取り沙汰されたが、68年にはネルソン・ロックフェラーニューヨーク州知事(当時)を、76年にはジェラルド・フォード大統領(当時)を支持した。チャールズ・パーシー フレッシュアイペディアより)

  • 朝庭

    朝庭から見た外交外交

    前期難波宮(難波長柄豊碕宮)の画期性について、早川庄八は、王宮の発展系列のうえで「突出」していると説いた。これについて、林部均は、朝堂・朝庭がきわめて計画的、なおかつ左右対称に配置された点に画期性を認め、その配置は従来の飛鳥(豊浦宮、小墾田宮、前岡本宮、再び小墾田宮、板蓋宮)では宮周辺に分散していた官衙を集約して政務・儀式・饗宴の空間が統合された結果であると評し、さらにその巨大化の背景には倭王権の外交の窓口としての難波の特殊性を指摘している。朝庭 フレッシュアイペディアより)

468件中 61 - 70件表示

「外交」のニューストピックワード