468件中 71 - 80件表示
  • 臨時外交調査会

    臨時外交調査会から見た外交外交

    臨時外交調査会(りんじがいこうちょうさかい)とは、大正時代に天皇直属の組織として設置された外交問題に関する調査・審議機関。単に外交調査会とも呼ばれた。1917年設置、1922年9月18日廃止。臨時外交調査会 フレッシュアイペディアより)

  • 幣原外交

    幣原外交から見た外交外交

    幣原外交(しではらがいこう)とは、1920年代から1930年代にかけての戦間期に、幣原喜重郎が外務大臣となって行なわれた穏健な対外協調外交をいう。幣原外交 フレッシュアイペディアより)

  • 国際政治学 (モーゲンソウ)

    国際政治学 (モーゲンソウ)から見た外交外交

    モーゲンソーは、「国際政治とは、他のあらゆる政治と同様に、権力闘争である」と指摘する。そして3つの基本的なパターンに政治現象を区分する。つまり力を維持する現状維持政策、力を増大する帝国主義政策、そして力を誇示する威信政策である。また国力を、比較的安定している要素である地理、資源、工業力、軍事力、人口と、つねに変化している要素である国民性、国民の士気、外交の質、政府の質に分けて考察している。国際政治学 (モーゲンソウ) フレッシュアイペディアより)

  • 河内氏

    河内氏から見た外交外交

    西漢氏の支族で朝鮮半島の伽耶地方から河内国に渡来してきた氏族。『百済本紀』に安羅日本府の倭臣として「加不至費直」という人物を記している。河内氏は5世紀末ごろに帰化/渡来し、ヤマト王権に軍事・外交面で仕えたと考えられている。飛鳥時代後期(7世紀後半)には河内国に河内寺(現在の東大阪市)を建立。伽藍(がらん)配置については北から南に一直線に講堂、金堂、塔、中門が並ぶ「四天王寺式」だったと推測されている。本拠地は河内国河内郡。河内氏 フレッシュアイペディアより)

  • ハロルド・ニコルソン

    ハロルド・ニコルソンから見た外交外交

    ハロルド・ニコルソン(Sir Harold George Nicolson, KCMG, 1886年11月21日 - 1968年5月1日)は、イギリスの外交官、歴史家。外交に関する著作のほか、ポール・ヴェルレーヌやバイロンなど作家や詩人の評伝も多数著した。ハロルド・ニコルソン フレッシュアイペディアより)

  • 野田峯雄

    野田峯雄から見た外交外交

    大韓航空機爆破事件、金賢姫と李恩恵、外交、池田大作、田中真紀子、雅子妃、JR関連など多数の著書がある。大韓航空機爆破事件に関しては北朝鮮と韓国を除く、世界7ヶ国と日本の各地を旅して、実行犯である北朝鮮工作員の金賢姫と金勝一の足取りを追い、1990年5月に『破壊工作-大韓航空機「爆破」事件』を出版しており、金賢姫が実行犯であることに批判を呈している。野田峯雄 フレッシュアイペディアより)

  • 戦争概論

    戦争概論から見た外交外交

    軍事政策は外交、戦略、戦術に属さない軍の政策事項を含む。敵国民のもつ強烈な敵愾心の鎮圧と自国民の精神を高揚をジョミニは強調する。戦争の正当な理由や勝利で自信を得た指揮官は部隊の士気を高めることに寄与することができる。一般に軍の統制に関する内閣の活動は作戦を制限するが、政治権力によってその行動の自由が封じられた将軍が自由に意思決定する将軍と比べてよりも軍事的に不利である。戦争概論 フレッシュアイペディアより)

  • アーマンド・ハマー

    アーマンド・ハマーから見た外交外交

    また、共和党の熱心な支持者としても知られ、リチャード・ニクソンからロナルド・レーガンまでアメリカの指導者と個人的な友好を結び、デタントの陰の立役者になった他、民主党のジミー・カーターやアル・ゴアとも親密な関係があった。不正な献金に有罪判決が出た際も、当時大統領であったジョージ・H・W・ブッシュから恩赦が与えられるなど、その影響力をビジネスだけでなく政治や外交にもふんだんに発揮した。アーマンド・ハマー フレッシュアイペディアより)

  • 南下政策

    南下政策から見た外交外交

    最初の積極的な南下外征はオスマン帝国に支配されていた黒海沿岸のクリミア半島であった。この政策を計画したのは皇帝エカチェリーナ2世。この治世下では積極的な外交政策によってロシアはコーカサスまでも獲得した。南下政策 フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン・ブランデンブルク戦争

    スウェーデン・ブランデンブルク戦争から見た外交外交

    一方、ドイツの一諸侯に一敗地に塗れたことは、大国スウェーデンにとって屈辱的な大事件であった。フランスによる強引な勧誘であったとは言え、スコーネ戦争と同様に、この戦争はスウェーデンの軍事力の衰退を露呈する結果となってしまった。以後スウェーデンは、軍事力強化と国王に権力を集中させる絶対王政成立を目指していった。そしてフランス一辺倒の追随外交を改め、帝国諸侯としてブランデンブルク選帝侯や神聖ローマ皇帝(オーストリア)との友好関係を深めていった。スウェーデン・ブランデンブルク戦争 フレッシュアイペディアより)

468件中 71 - 80件表示

「外交」のニューストピックワード