637件中 71 - 80件表示
  • ザンジバル革命政府

    ザンジバル革命政府から見た外交外交

    連合共和国結成後もザンジバルには広範な自治権が認められ、外交・国防・通貨といった連合全体に関わる事項以外は、引き続きザンジバル革命政府が担うことになり、現在に至っている。ザンジバル革命政府 フレッシュアイペディアより)

  • 戦争史大観

    戦争史大観から見た外交外交

    決戦戦争とは武力を第一に使用する戦争であり、外交や財政は二次的な要素に過ぎない。したがって戦略は政略に対して優越している。戦争史大観 フレッシュアイペディアより)

  • 大使

    大使から見た外交外交

    外交使節団の長で最上位の階級、称号。また、外交官における最上位の称号(特命全権大使、特派大使、待命大使、臨時代理大使、名称大使)。大使 フレッシュアイペディアより)

  • ドミトリー・トレーニン

    ドミトリー・トレーニンから見た外交外交

    ドミトリー・トレーニン(Дмитрий Витальевич Тренин、1955年-)は、ロシアの政治学者。カーネギー国際平和財団モスクワ・センター所長。専門は、ロシアの外交・安全保障政策。ドミトリー・トレーニン フレッシュアイペディアより)

  • 国交

    国交から見た外交外交

    国交(こっこう)とは、二国間の外交関係のこと。国交は、互いの国が相手国を主権国家と認める国家承認を前提として行なわれ、国交 フレッシュアイペディアより)

  • 剣ヶ峰

    剣ヶ峰から見た外交外交

    同じく山の「剣が峰」より転じた比喩表現として剣が峰(けんがみね。剣ヶ峰とも書く)があり、「それ以上少しの余裕も無い、ぎりぎりの状態」「絶体絶命」や、「成否の決する瀬戸際」という意味を持つ。また、慣用句としては「剣が峰に立つ」あるいは「剣が峰に立たされる」という形になり、「足がかりが無く、もう後の無い状態になる」という意味で使われる。これはまさに山の剣ヶ峰に立つことを想定した比喩であり、もう後が無く、いつ墜ちてもおかしくない状態にあって、そこを踏み堪えられるか否かで生死が決まる瀬戸際にあることに基づいた表現である。「首相は剣が峰に立つ思いで厳しい外交局面に臨んだ」、「剣が峰の米国経済(剣が峰に立つ米国経済)」、「浮気がばれて、彼は剣が峰に立たされている」などと用いられる。剣ヶ峰 フレッシュアイペディアより)

  • 外交フォーラム

    外交フォーラムから見た外交外交

    『外交フォーラム』(がいこうフォーラム)は、都市出版株式会社が発行していた外交専門の月刊誌である。外交フォーラム フレッシュアイペディアより)

  • 七博士意見書

    七博士意見書から見た外交外交

    東京帝国大学教授戸水寛人、富井政章、小野塚喜平次、高橋作衛、金井延、寺尾亨、学習院教授中村進午の7人によって書かれた。6月11日に東京日日新聞に一部が掲載され、6月24日には東京朝日新聞4面に全文掲載された。内容は桂内閣の外交を軟弱であると糾弾して「満州、朝鮮を失えば日本の防御が危うくなる」と主戦論及びロシアの満州からの完全撤退を唱え、対露武力強硬路線の選択を迫ったものであり、世論の反響も大きかった。七博士意見書 フレッシュアイペディアより)

  • シャルル・ダッバス

    シャルル・ダッバスから見た外交外交

    1926年9月1日に大統領に選出され、任期を1期延長し、1934年1月2日まで任期を勤め上げた。ダッバスの治世は、フランスの委任統治に基づいて、外交はフランスに完全に依存しながらも、内政には多くの自由が与えられた時代であった。シャルル・ダッバス フレッシュアイペディアより)

  • 西欧の服飾 (15世紀)

    西欧の服飾 (15世紀)から見た外交外交

    ブルゴーニュの宮廷で最もあらたまった色は黒とされ、新しい技術で艶やかに染められるようになった黒い服に真珠などを飾った落ち着いたファッションが流行した。衣装は、それまでは大々的な儀式などの時に着られたようなふんだんな刺繍と宝石を飾った豪奢な絹織物を、ちょっとした外交行事などにも着て歩くようになった。ブルゴーニュのぜいたくな流行として、肩にかけた薄絹の先に飾り用の宝石をふんだんに飾り立てた帽子を縫いつけていた。西欧の服飾 (15世紀) フレッシュアイペディアより)

637件中 71 - 80件表示

「外交」のニューストピックワード

  • 沖縄差別、まっぴらごめん

  • 正月三が日は訓練しない…今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

  • 地方分権の悪用