468件中 81 - 90件表示
  • 批准

    批准から見た外交権外交

    古くは外交権は君主の元に集約されており、この時代の批准は君主による条約内容の確認行為であった。大日本帝国憲法において、条約の批准は帝国議会ではなく、天皇の諮詢機関である枢密院による審議を経たのは、条約締結権が天皇(実際には天皇が派遣した全権代表)にあると考えられていた事による。批准が議会を経るようになったのは、アメリカ合衆国憲法において、行政府が派遣した全権代表が署名した条約内容を国民の代表である議会が国家・国民のために再検討するために議会による批准手続を導入したことに由来している。批准 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田茂賞

    吉田茂賞から見た外交外交

    こうした背景から、吉田茂賞は若手の研究者で、近代日本の歩みを左右した政治・外交問題に関する顕著な研究業績を挙げたと認められたものに贈られることになったと考えられる。現在(2008年)の選考委員は、戸部良一、波多野澄雄 、波多野敬雄、 北岡伸一ほか。吉田茂賞 フレッシュアイペディアより)

  • 寇恂

    寇恂から見た外交外交

    また、彼は外交の名手でもあり、相手を説得する時にその状況を察知して、見事に懐柔することを得意とした。彼は宰相の才があると言われたが、実際そうなることは無かった。彼が治めた土地には必ず、民百姓が彼を慕ったという。また、俸禄は朋友・部下の吏士に施し「我は兵士たちによって俸禄を得た。それ独りこれを受けるべけんや」と言っていた。寇恂 フレッシュアイペディアより)

  • 大統合民主新党

    大統合民主新党から見た外交外交

    国際社会に貢献する平和外交を実現する。大統合民主新党 フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・ユデーニチ

    ニコライ・ユデーニチから見た外交権外交

    1919年5月から6月にかけて、ユデーニチは北西軍のペトログラード進撃を指揮した。彼の軍隊は5月15日にグドーフ、5月17日にヤーンブルク、5月25日にプスコーフを掌握し、さらにルーガ、ロープシャ、ガッチナに迫った。神憑り的な軍事的成功によって、ユデーニチは自分の政府を獲得することとなった。5月24日、ヘルシンキにおいて彼は北西ロシア政府の成立を宣言した。6月10日、最高支配者アレクサンドル・コルチャークは公式にユデーニチをこの地域における軍総司令官に任命した。6月19日には、北西軍へ統合された。しかしながら、6月21日には赤軍の反攻が開始され、ユデーニチの軍は敗北を喫することとなった。彼の軍は、わずかにナルヴァ=グドフ橋頭堡を持ち堪えることしかできなかった。彼によって結ばれたマンネルヘイムとアルハンゲリスクの北部臨時政府との協同作戦は、マンネルヘイムの主要条件であったフィンランド独立の承認をコルチャークとデニーキンが拒んだために実現しなかった。ユデーニチの軍事的敗北と沿バルト海諸共和国との溝の拡大は、連合国を白色運動の左派グループに向かわせることとなった。8月11日には、イギリス軍のF・マーシュ将軍のイニシアチヴによって政治会議()がロシア北西部政府に取って代わった。政治会議にはカデット党員、エスエル党員、メンシェヴィキらが参加し、エストニアの主権(統治権と外交権)を確認した。ユデーニチは、独裁的全権を失った。彼は軍大臣に任命され、その役割は軍事面に限定されるようになった。ニコライ・ユデーニチ フレッシュアイペディアより)

  • 軍備管理

    軍備管理から見た外交外交

    軍備管理は軍事的な衝突の危険性を抑制するなどの政治的な目的を以って、軍備政策についての双方向的な抑制であるが、1972年の第一次戦略兵器制限交渉で将来的な米ソの核戦力の上限を設定して限定的な軍事力造成を認めたような場合も軍備管理の概念には含まれる。軍備管理は概ね二国間・限定的多国間・非限定的多国間の外交交渉と合意に基づいて行われる。その一方で日本の憲法第九条や非核三原則、またソ連が1960年代に核戦力を増強しながらも通常戦力を削減したことは一方的措置をとった軍備管理の形態として挙げられる。軍備管理 フレッシュアイペディアより)

  • クール・ブリタニア

    クール・ブリタニアから見た外交外交

    2002年、アメリカのジャーナリスト、ダグラス・マグレイが外交問題専門誌フォーリン・ポリシーに『日本のグロス・ナショナル・クール(Japan's Gross National Cool)』を掲載し、日本国内でも話題になった。彼によれば、日本の経済はバブル崩壊後挫折していたが、アニメや漫画、キャラクター・グッズなどそのポップカルチャーは世界に広がっており、日本は経済指標(GNPなど)では計測できないソフト・パワーを発揮している。ソフト・パワーをもとにした世界の質的変化は国民総生産ならぬ「国民総クール」というような指数で考えるべきであり、日本はその点でアメリカも無視できない力を持つ、という。ただし、日本のポップカルチャーの理論化や世界への英語での発信などの不足、そして国家ブランド戦略の不在によりポップカルチャーの広がりには障害があり、また日本自体のブランドイメージは貧困なままであると述べている(一般的な日本のイメージは、相変わらず「抑圧的・画一的・閉鎖的・男性優位」などといった姿であろう)。クール・ブリタニア フレッシュアイペディアより)

  • 心理戦

    心理戦から見た外交外交

    国家心理戦は敵国・中立国・友好国・自国民・自軍を対象とする。平時・戦時を通じて心理的に働きかけることで国家政策をより有効化することを目的とし、政治的・経済的・軍事的・外交的な手段を計画的に行使することを言う。心理戦 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原緒嗣

    藤原緒嗣から見た外交外交

    その後の緒嗣は失意と病気のために度々引退を申し出たものの許されなかった。昇進面でも冬嗣の後塵を拝し続けるものの、弘仁8年(817年)中納言、弘仁12年(821年)大納言と順調に昇進、この間の弘仁9年(818年)には右大臣・藤原園人と中納言・藤原葛野麻呂の死去により、以降太政官において首班である冬嗣に次ぐ地位を占めた。また、『新撰姓氏録』や『日本後紀』の編纂事業に参画。特に後者については、編纂の全過程に緒嗣が関ったと言われており、彼の元に優れた文才と批判精神を持つ人たちが集められて制作された。また、外交的な意味が薄れて半ば商用と化し、通過先の住民を煩わせるだけとなった渤海からの使者の制限を提案している。藤原緒嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 開国

    開国から見た外交外交

    条約港となった横浜、神戸、長崎などでは外国人居留地も設置された(但し、同時に外国人の国内旅行は制限されていた)。明治政府の外交政策にとって、この是正は重要な課題のひとつとなるが、逆に一部の国粋主義者からは居留地の存在が外国の思想や宗教から日本の伝統・文化を守る防壁になっているという見地からの存続論も登場して複雑な論争を招くことになった(内地雑居の開始は1899年)。開国 フレッシュアイペディアより)

468件中 81 - 90件表示

「外交」のニューストピックワード