前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2925件中 1 - 10件表示
  • 沢田廉三

    沢田廉三から見た外務省外務省

    沢田 廉三(澤田廉三、さわだ れんぞう、1888年10月17日 - 1970年12月8日)は、日本の外交官。駐フランス特命全権大使、外務事務次官。世界経済調査会議長。沢田廉三 フレッシュアイペディアより)

  • 国際情報統括官組織

    国際情報統括官組織から見た外務省外務省

    国際情報統括官組織(こくさいじょうほうとうかつかんそしき、)は、外交情報の収集・分析を専門に行う外務省の局である。トップである国際情報統括官は定員1名。国際情報統括官組織 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国旅券

    日本国旅券から見た外務省外務省

    緊急旅券 () - 在外公館に設置された旅券作成機が、故障等で交付が不可能で、なおかつ、本国外務省での旅券交付を待つ時間的余裕がない場合や、帰国のための渡航書の交付基準に当たらない者に交付される。日本国旅券 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の戦争賠償と戦後補償

    日本の戦争賠償と戦後補償から見た外務省外務省

    外務省の調査によると、1945年8月5日現在の在外資産の総額は次の通りである:日本の戦争賠償と戦後補償 フレッシュアイペディアより)

  • 東アジア共同体

    東アジア共同体から見た外務省外務省

    賛否両論あるFTAであるが、その動態的な市場拡大や競争促進の効果、加えて政策革新の効果までも注目され始めており、ASEAN+3の自由化におけるGDPの押し上げ効果は中国の27.7%を筆頭に、マレーシア18.5%、タイ18.4%、シンガポール16.9%、インドネシア13.4%、韓国9.1%、フィリピン8.4%、日本1.0%(日本経済研究センター試算)とされている。また、ASEAN+3を軸に進められている東アジア共同体構想の第一段階として、東アジアFTAが不可欠であるとの見方が強い。現在、日中韓とASEANが一体化した形での共同体が成立するという明確な見通しは立っていないが、経済面において、日中韓が一体となって経済共同体を成立させる事が、東アジア経済が持つ経済規模と成長性を十分に活かすための第一歩と考えられており、外務省のプロジェクト『日中韓3カ国の競争力比較共同研究』などでも、日中韓のFTAが形成されれば、形成されない場合と比較して3カ国全ての経済成長率を上昇させると予測されている。東アジア共同体 フレッシュアイペディアより)

  • 東郷茂徳

    東郷茂徳から見た外務省外務省

    1908年7月、東京帝大文科大学独文科を卒業。病気療養を理由に休学したため卒業まで通常より1年多く要し、卒業時は小宮豊隆と同期であったが、東郷は後年会った際に小宮を知らなかったという。卒業に際しては母校の七高から来たドイツ語教授招聘の話を断り、明治大学のドイツ語講師を務めたりしたのち、1912年(大正元年)に外交官及領事官試験に3度目の受験で合格し、外務省に入省した。東郷茂徳 フレッシュアイペディアより)

  • 松本瀧藏

    松本瀧藏から見た外務省外務省

    松本 瀧藏(まつもと たきぞう、松本 滝蔵、Takizo Frank Matsumoto、1901年3月20日 - 1958年11月2日)は、日本の政治家、教育者。衆議院議員、外務政務次官、内閣官房副長官、明治大学教授などを務めた。広島県佐伯郡廿日市町(現廿日市市)生まれ。松本瀧藏 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎久彦

    岡崎久彦から見た外務省外務省

    岡崎 久彦(おかざき ひさひこ、1930年(昭和5年)4月8日 - 2014年(平成26年)10月26日)は、日本の元外交官、評論家。サウジアラビアとタイ王国で特命全権大使を歴任し、また外務省で情報調査局長を務めた。祖父の岡崎邦輔は、陸奥宗光の従弟にあたる。岡崎久彦 フレッシュアイペディアより)

  • 皇太子徳仁親王妃雅子

    皇太子徳仁親王妃雅子から見た外務省外務省

    1963年(昭和38年)12月9日、小和田恆・優美子夫妻の第1子(長女)として東京都港区・虎ノ門の虎の門病院にて誕生。父の恆は外務省官僚で、母の優美子は結婚前、航空会社のエールフランス極東支配人の秘書を務めていた。出生時は一家で世田谷区桜上水の外務省官舎に住んでいた。皇太子徳仁親王妃雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 特命全権大使

    特命全権大使から見た外務省外務省

    一般的には略して大使または全権大使と呼ばれるか、「在○○大使」(○○国に派遣されている大使)・「在○○××大使」(○○国に派遣されている××国の大使)と呼ばれる。あるいは、「駐○○大使」(○○国に派遣されている大使)・「駐○○××大使」(○○国に派遣されている××国の大使)と呼ばれる。また、少々古語ではあるが、日本国外務省では「駐箚」(ちゅうさつ)の語を、今でも用いており、任命の辞令等には「○○駐箚特命全権大使」と記される。特命全権大使 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2925件中 1 - 10件表示

「外務省」のニューストピックワード