2925件中 91 - 100件表示
  • 久間章生

    久間章生から見た外務省外務省

    同年2月22日の衆議院安全保障委員会では、「閣僚は他国にどういう形で伝わるかも計算した上で言わなくてはならない。(ブッシュ大統領の)教書演説が発表された日に、そう言ったこと自体が配慮に欠けていた。反省している」と答弁した。この発言については米国から日米同盟を損なうという抗議が来たほか、米国務省日本部長のジェームス・ズムワルトは「大統領を批判するような発言が繰り返されれば、日米安全保障協議委員会(2プラス2)の日程設定が困難になりかねない」と批判。米国は日米安全保障協議委員会の開催に当分応じない見込みと報じられた。軍事ジャーナリストの 神浦元彰は外務省が米国の意向を先回りして、そのように伝えたのではないかとする説を出した。久間章生 フレッシュアイペディアより)

  • 上海総領事館員自殺事件

    上海総領事館員自殺事件から見た外務省外務省

    当該職員は在上海日本国総領事館に勤務する当時46歳で既婚の領事であった。彼は総領事館と外務省の間で公電通信事務を担当していた通信担当官(現在、電信官の名称はない)であり、機密性の高い公電文書を扱っていた。報道された杉本信行総領事宛の遺書の内容によると経緯は次のようなものである。上海総領事館員自殺事件 フレッシュアイペディアより)

  • アマルフィ (小説)

    アマルフィ (小説)から見た外務省外務省

    邦人保護担当特別領事として外務省職員の黒田は協力を申し出る。黒田とは逆になるべく関わらずに済ませたい腰の重い日本大使館の職員。娘の危機に動転する母・紗江子。身代金の受け渡しの場所に犯人が指定してきたのは、ローマから遠く離れたアマルフィ。だが、金の受け渡しは失敗に終わり、少女は戻らない。アマルフィ (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 兵藤長雄

    兵藤長雄から見た外務省外務省

    兵藤 長雄(ひょうどう ながお、1936年 - 2017年5月16日)は、日本の外交官。ポーランドおよびベルギー駐箚特命全権大使、外務省欧亜局長などを歴任した。退官後は、東京経済大学教授や名古屋市立大学特任教授などを務めた。2017年5月16日 急性大動脈乖離のため逝去した。享年80歳兵藤長雄 フレッシュアイペディアより)

  • 高麗版大般若経 (安国寺)

    高麗版大般若経 (安国寺)から見た外務省外務省

    1995年にしみや汚れ、巻末の署名などが酷似したもの3帖が韓国で「発見」され、韓国の国宝284号に指定された。日本の外務省が1998年に韓国政府に対して調査を依頼したが、個人所有であるとして返還が認められなかった。所有者は、コリアナ化粧品(???????)会長で韓国博物館会会長の兪相玉(???、ユ・サンオク)である。高麗版大般若経 (安国寺) フレッシュアイペディアより)

  • 陳智雄

    陳智雄から見た外務省外務省

    陳 智雄(ちん ちゆう、Tân Tì-hiông、タン ティーヒョン、1916年2月18日 - 1963年5月28日)は、台湾の政治家。日本の外務省勤務を経て台湾独立運動に参加、台湾共和国臨時政府の東南アジア巡回大使に就任している。陳智雄 フレッシュアイペディアより)

  • 天図軽便鉄路

    天図軽便鉄路から見た外務省外務省

    日本側ではその後、吉会鉄路と天図軽便鉄路の建設優先順位で協議が行われた。1920年10月には馬賊による琿春の日本領事館襲撃に対抗して日本軍の間島出兵が行われたが、外務省はこれを理由として天図軽便鉄路敷設を推進、一方南満州鉄道は吉会鉄路建設交渉を推進、一方天図軽便鉄路の建設も推進され意見の集約化は困難を極めた。天図軽便鉄路 フレッシュアイペディアより)

  • 井ノ上正盛

    井ノ上正盛から見た外務省外務省

    小学生時代から少林寺流空手道錬心舘に親しむ。熊本大学法学部法律学科に入学し、在学中に、外務省専門職員採用試験に合格。大学卒業後、1996年に外務省へ入省し、中近東東アフリカ局中近東第一課を皮切りに在シリア大使館、在チュニジア大使館、在ヨルダン大使館兼イラク大使館員歴任後、在イラク大使館三等書記官となる。井ノ上正盛 フレッシュアイペディアより)

  • 朝海浩一郎

    朝海浩一郎から見た外務省外務省

    1928年外交官及領事官試験合格、1929年外務省入省。イギリスエディンバラ大学留学等を経て、南京副領事、戦時経済局課長、調査部課長、亜細亜局事務官。1942年、日泰攻守同盟条約慶祝答礼のため広田弘毅元首相、矢田部保吉特命全権大使、水野伊太郎特命全権公使、東光武三書記官らとタイ王国派遣される。第二次大戦後には、1946年終戦連絡中央事務局総務部長、1948年外務省総務局長、連絡調整中央事務局長官、1956年外務審議官、再開初代駐フィリピン特命全権大使、1957年駐アメリカ合衆国特命全権大使、1963年外務省顧問、1964年第1回国際連合貿易開発会議代表、国際原子力機関第9回総会代表、1969年ジュネーヴ軍縮委員会(のちのジュネーブ軍縮会議)日本政府代表等を歴任。朝海浩一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 李春光事件

    李春光事件から見た外務省外務省

    2012年(平成24年)5月中旬に中華人民共和国駐日大使館の一等書記官(当時45歳)が、虚偽の身分で日本の外国人登録証を取得して銀行口座を開設し、ウィーン条約で禁ずる商業活動をしていた疑いや公正証書原本不実記載の疑いで、警視庁公安部は外務省を通じて一等書記官の出頭を要請した。李春光事件 フレッシュアイペディアより)

2925件中 91 - 100件表示

「外務省」のニューストピックワード