1837件中 131 - 140件表示
  • 田中都吉

    田中都吉から見た外務省外務省

    田中 都吉(たなか ときち、1877年1月26日 - 1961年10月3日)は外交官。外務次官、在ソヴィエト連邦特命全権大使等を務めた。1924年勲一等瑞宝章受章、1961年勲一等旭日大綬章受章。田中都吉 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田廉三

    沢田廉三から見た外務省外務省

    国連大使退任後には外務省顧問に就任。神奈川県大磯町にも在住し、妻美喜のエリザベス・サンダースホーム事業に協力した。沢田廉三 フレッシュアイペディアより)

  • 朝海浩一郎

    朝海浩一郎から見た外務省外務省

    1928年外交官試験合格、1929年外務省入省。イギリスエディンバラ大学留学等を経て、南京副領事、戦時経済局課長、調査部課長、亜細亜局事務官、第二次大戦後には、1946年終戦連絡中央事務局総務部長、1948年外務省総務局長、連絡調整中央事務局長官、1956年外務審議官、再開初代駐フィリピン特命全権大使、1957年駐アメリカ合衆国特命全権大使、1963年外務省顧問、1964年第1回国際連合貿易開発会議代表、国際原子力機関第9回総会代表、1969年ジュネーヴ軍縮委員会日本政府代表等を歴任。朝海浩一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 西春彦

    西春彦から見た外務省外務省

    西 春彦(にし はるひこ、1893年4月29日 - 1986年9月20日)は、大正・昭和期の外交官。太平洋戦争開戦時の外務次官である。西春彦 フレッシュアイペディアより)

  • 永井松三

    永井松三から見た外務省外務省

    永井 松三(ながい まつぞう、1877年(明治10年)3月5日 - 1957年(昭和32年)4月19日)は、日本の外交官。外務次官、駐独大使。IOC委員、貴族院議員。永井松三 フレッシュアイペディアより)

  • 東郷文彦

    東郷文彦から見た外務省外務省

    東郷 文彦(とうごう ふみひこ 1915年(大正4年)8月18日 - 1985年(昭和60年)4月9日)は、日本の昭和の外交官、官僚。外務省事務次官、駐アメリカ大使を務めるなど日本の戦後外交におけるアメリカスクール外交官の重鎮の一人であった。旧姓は本城。東郷文彦 フレッシュアイペディアより)

  • 須之部量三

    須之部量三から見た外務省外務省

    須之部 量三(すのべ りょうぞう、1918年2月15日 - 2006年2月14日)は、元外交官・外務事務次官・杏林大学名誉教授。東京都出身。旧制浦和中学(浦和高校)、旧制静岡高校(静岡大学)を経て東京帝国大学法学部卒業。須之部量三 フレッシュアイペディアより)

  • 西堀正弘

    西堀正弘から見た外務省外務省

    西堀 正弘(にしぼり まさひろ、1918年11月14日 - 2006年7月1日)は、日本の外交官。外務省国際連合局長や、EC大使、国連大使を務めた。1991年勲一等瑞宝章受章、2006年叙正三位。西堀正弘 フレッシュアイペディアより)

  • 都倉栄二

    都倉栄二から見た外務省外務省

    ロシア文学に惹かれて東京外国語学校(現東京外国語大学)露語科に進み、1933年に卒業。ソ連の知識を買われて恩師に外務省入りを勧められ、1934年、高等文官試験外交科(外交官及領事館試験)に合格。外務省書記官となる。1936年、ウラジオストクの駐ソ日本領事館に勤務。第二次大戦中はドイツとフィンランドでソ連情勢の分析に携わる。1945年1月、満州国大使館に赴任。大将山田乙三の秘書官となる。満州国瓦解に伴いソ連軍に連行され、シベリア抑留を経験。1947年に引き揚げて外務省に復帰。ソ連通として日ソ国交正常化交渉に参加。都倉栄二 フレッシュアイペディアより)

  • 谷元道之

    谷元道之から見た外務省外務省

    1869年(明治2年)、外務省が発足するに当たり、外務権大丞となり、ロシアの南進を阻止するために「樺太死守」を唱え、丸山作楽と共に樺太出張の任を受ける。当時の外務省の構成は、長官である外務卿が公家出身の沢宣嘉、次官の大輔を薩摩藩の寺島宗則が占め、大丞が町田久成、丸山作楽、権大丞に谷元道之が任命されていた。1870年(明治3年)、正六位に叙した。谷元道之 フレッシュアイペディアより)

1837件中 131 - 140件表示

「外務省」のニューストピックワード