2925件中 131 - 140件表示
  • 桂誠

    桂誠から見た外務省外務省

    栄光学園中学校・高等学校を経て、東京大学法学部在学中の1970年(昭和45年)9月に外務公務員採用上級試験に合格した。1971年(昭和46年)外務省に入省。フランス国立行政学院(ENA)留学。桂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 天羽英二

    天羽英二から見た外務省外務省

    父天羽久米弥、母天羽ハマ(天羽松次の長女)との間に徳島県で生まれる。旧制徳島中学校(徳島県立城南高等学校の前身)、神戸高等商業学校(神戸大学の前身)を経て、1912年東京高等商業学校(一橋大学の前身)卒業。1912年外交官及び領事官試験合格、外務省入省。第一次世界大戦後、ヴェルサイユ条約委員やワシントン会議全権随員を務める。天羽英二 フレッシュアイペディアより)

  • 東郷文彦

    東郷文彦から見た外務省外務省

    東郷 文彦(とうごう ふみひこ、旧姓:本城、 1915年(大正4年)8月18日 - 1985年(昭和60年)4月9日)は、日本の昭和時代の外交官、官僚。旧姓は本城。外務省事務次官、駐アメリカ大使を務めるなど日本の戦後外交におけるアメリカスクール外交官の重鎮の一人であった。東郷文彦 フレッシュアイペディアより)

  • 西春彦

    西春彦から見た外務省外務省

    西 春彦(にし はるひこ、1893年4月29日 - 1986年9月20日)は、大正・昭和期の外交官。太平洋戦争開戦時の外務次官である。西春彦 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚清一郎

    大塚清一郎から見た外務省大臣官房外務省

    大塚 清一郎(おおつか せいいちろう、1942年 - )は、日本の外交官、エッセイスト。外務省大臣官房文化交流部長を経て、駐スリランカ特命全権大使、駐スウェーデン特命全権大使を務めた。大塚清一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 明石康

    明石康から見た外務省外務省

    1974年、日本国の外務省に転じ、国際連合日本政府代表部参事官、公使、大使を歴任した(?79年)。1979年、国連に復帰し、事務次長(広報担当、軍縮担当、人道問題担当)に就任。1992年には国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)事務総長特別代表に就任、カンボジア和平につとめた。明石康 フレッシュアイペディアより)

  • 加瀬俊一 (1925年入省)

    加瀬俊一 (1925年入省)から見た外務省外務省

    終戦時にポツダム宣言受諾の日本政府の決定を連合国側に通知したスイス駐在公使の加瀬俊一(しゅんいち)(1956年死去)とは同姓同名の別人である。外務省内では入省年度が早い(1920年入省)彼と区別するため「小加瀬」とも称された。加瀬俊一 (1925年入省) フレッシュアイペディアより)

  • 重家俊範

    重家俊範から見た外務省外務省

    広島県現東広島市出身。修道中学校・修道高等学校を経て、1969年に一橋大学経済学部を卒業。大学では国際部で英語劇を行った。1969年外務省入省。同期入省には谷内正太郎(元外務事務次官)、田中均(元外務審議官)、藤崎一郎(駐米大使)、飯村豊(元駐フランス大使)、宮本雄二(駐中国大使)、天木直人(元駐レバノン大使等)がいる。温和で紳士的な人柄と評される。重家俊範 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本重太郎

    坂本重太郎から見た外務省外務省

    坂本 重太郎(さかもと じゅうたろう、1933年 - 2015年3月2日)は、日本の外交官。外務省中南米局長や、駐スペイン特命全権大使を務めた。瑞宝重光章受章。坂本重太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 河野雅治

    河野雅治から見た外務省大臣官房外務省

    2000年 外務省大臣官房参事官(アジア局兼北米局担当)河野雅治 フレッシュアイペディアより)

2925件中 131 - 140件表示

「外務省」のニューストピックワード