2925件中 21 - 30件表示
  • 下田武三

    下田武三から見た外務省外務省

    下田 武三(しもだ たけそう、1907年4月3日 - 1995年1月22日)は、日本の外交官。外務事務次官、駐米大使、最高裁判所判事、日本野球機構コミッショナー。東京府出身。下田武三 フレッシュアイペディアより)

  • 須藤隆也

    須藤隆也から見た外務省外務省

    須藤 隆也(すとう たかや、1943年 - )は日本の外交官。外務省中近東アフリカ局長や、駐エジプト特命全権大使を歴任。須藤隆也 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺泰造

    渡辺泰造から見た外務省外務省

    渡辺 泰造(わたなべ たいぞう、1934年3月16日 - )は、東京府出身の外交官。駐エジプト大使、駐インドネシア大使、外務省顧問、全日空顧問、青山学院大学教授などを務めた後、2005年日本国際博覧会政府代表。渡辺泰造 フレッシュアイペディアより)

  • 八木毅 (外交官)

    八木毅 (外交官)から見た外務省外務省

    八木 毅(やぎ たけし、1954年(昭和29年)12月7日 - )は、日本の外交官。外務省経済局長等を経て、ドイツ連邦共和国駐箚特命全権大使。八木毅 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 天皇特例会見

    天皇特例会見から見た外務省外務省

    中国政府は1978年に訪日した鄧小平副首相、1992年に訪日した中国共産党中央委員会総書記江沢民、1998年に訪日した国家副主席胡錦濤(第4代党総書記・第6代国家主席)は天皇と会見していたことから、習国家副主席の訪日に際しても同様の会見を求めていた。日本の外務省は中国政府に対して早く申請を行うよう促したが、1ヶ月前までに申請する慣例にはならわなかった(後述)。中国側の報道には「日本の外務省から宮内庁への申請が遅れた」とするものもある。天皇特例会見 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田均

    芦田均から見た外務省外務省

    外交官を経て政界入りし、立憲政友会に所属して外務省とのパイプを務めた。軍国主義が広まる議会においてリベラリストとして活動した。戦後は鳩山一郎を中心とする日本自由党の結成において、指導的役割を果たした。幣原内閣に入閣しながら、総選挙後の“居座り”に対して厳しく対応し、単独閣僚を辞任して内閣総辞職に至らしめた。芦田均 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤正久

    佐藤正久から見た外務省外務省

    自衛官時代は外務省アジア局に出向した他、アメリカ陸軍指揮幕僚大学に留学。また、自衛隊海外派遣のうち、ゴラン高原派遣及びイラク人道復興支援では、ともに初代派遣部隊の隊長を務めるなど、国際的な業務に多く従事していた。佐藤正久 フレッシュアイペディアより)

  • 駐在武官

    駐在武官から見た外務省外務省

    駐在武官は陸軍参謀本部または海軍軍令部の指揮を受けて活動していた。駐在武官が外務省を経由することなしに陸軍省・海軍省と連絡をすることで二元外交の弊害が生じたこともあったとされ、実際駐在武官は通信に外務省暗号を使用せず陸軍・海軍夫々の暗号を使用していた。これらの事から戦後の防衛駐在官制度は諸外国の大使館付武官制と比べて規制が多くなっている。駐在武官 フレッシュアイペディアより)

  • 孫崎享

    孫崎享から見た外務省外務省

    ハーバード大学国際問題研究所研究員、ウズベキスタン駐箚特命全権大使、外務省国際情報局局長、イラン駐箚特命全権大使、防衛大学校人文社会科学群学群長、筑波大学国際総合学類非常勤講師などを歴任した。孫崎享 フレッシュアイペディアより)

  • 奥克彦

    奥克彦から見た外務省外務省

    1981年4月 外務省に入省。奥克彦 フレッシュアイペディアより)

2925件中 21 - 30件表示

「外務省」のニューストピックワード