2925件中 31 - 40件表示
  • 大島浩

    大島浩から見た外務省外務省

    1921年(大正10年)以降には、断続的にベルリンに駐在し、1933年以降はドイツの政権を得ていたナチス党上層部との接触を深めた。当時、日本国外務省はナチス党とは距離を置く方針であり、独自の行動で同党とのネットワークを構築していた大島は、日独同盟の推進者となっていった。大島の外交思想は、同時期の駐イギリス特命全権大使であり、親英米派であった吉田茂とは対極であった。大島浩 フレッシュアイペディアより)

  • 外務委員会

    外務委員会から見た外務省外務省

    外務委員会は、衆議院に置かれる常任委員会である。外務委員会が最初に置かれたのは、1947年5月20日に召集された第1回国会である。外務委員会は議院規則により所管が定められており、外務省所管を対象とする(衆議院規則92条4号)。具体的には、国際情勢等である。外務委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 浦部和好

    浦部和好から見た外務省大臣官房外務省

    浦部 和好(うらべ かずよし)は、日本の外交官。富山県警察本部長、外務省欧亜局長、外務省大臣官房長、内閣官房副長官補、在エジプト特命全権大使等を務めた。浦部和好 フレッシュアイペディアより)

  • 廣木重之

    廣木重之から見た外務省外務省

    廣木 重之(ひろき しげゆき、広木 重之、1955年5月22日 -)は、日本の外交官。外務省儀典長を経て、駐南アフリカ特命全権大使。廣木重之 フレッシュアイペディアより)

  • 原敬

    原敬から見た外務省外務省

    郵便報知新聞記者を経て外務省に入省。後に農商務省に移って陸奥宗光や井上馨からの信頼を得た。原敬 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣官房副長官補

    内閣官房副長官補から見た外務省外務省

    中曽根康弘内閣において、首相官邸の政策立案機能強化のために「内閣六室」体制が整備された。内閣総理大臣直属の企画調整機関として関係する省庁からスタッフを集め頭脳の集積をはかるのが目的だったが、互いに出身省庁の利害代表となる傾向が強く、報道等ではしばしば「有効に機能していない」と評されるなど日本の行政の中枢組織にふさわしい改革・改善が求められていた。その後、中央省庁再編にともない、内閣内政審議室、内閣外政審議室、内閣安全保障・危機管理室の三室が廃され、内閣官房副長官補として新設されるに至った。主に財務省、外務省、警察庁又は防衛省出身の官僚が就任している。内閣官房副長官補 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男事件

    鈴木宗男事件から見た外務省外務省

    また野党からは鈴木宗男が内閣官房副長官在任中の1999年5月27日に外務省欧亜局関係者と面談して、工事の入札参加資格を「根室管内」に本社があるBランクの企業に限定するよう強く要求し、該当する企業を渡辺建設工業一社のみにしたことが問題視された。国会で証人喚問された際に「国後島緊急避難所兼宿泊施設建設工事受注について自分の秘書は関わっていない」「友好の家の工事受注入札要件に該当する会社が渡辺建設工業だという認識はない」とする証言について、共産党などの野党によって偽証として議院証言法で起訴すべきとする議題が予算委員会に上ったことがある(最終的に、この証言による偽証罪による告発は与党の反対でされなかった)。鈴木は「支援事業は根室の業者を優先すべきだ」と言ったのは事実であるが、それは外務省が北方四島住民支援事業の趣旨から北方四島の元島民が多く、北方領土返還運動の原点である根室管内を優先するという根室市との取決を無視し、「約束したことは守らなければならん、二枚舌はいかん」と注文をつけただけであると主張している。鈴木宗男事件 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男

    鈴木宗男から見た外務省外務省

    3月 1996年国後島訪問の際、外務省職員に暴行を加えていた事実が発覚し自民党を離党。鈴木宗男 フレッシュアイペディアより)

  • 外交

    外交から見た外務省外務省

    多くの国が、政府に外交を担当する組織を(日本の場合外務省)設け、また自国と関係の深い国に大使館や領事館などの在外公館を設置し外交官を常駐させて、上記の活動を担当している。外交 フレッシュアイペディアより)

  • 河相周夫

    河相周夫から見た外務省外務省

    外務省北米局長、外務省総合外交政策局長、内閣官房副長官補、外務事務次官、外務省顧問、式部官長などを歴任した。河相周夫 フレッシュアイペディアより)

2925件中 31 - 40件表示

「外務省」のニューストピックワード