1837件中 31 - 40件表示
  • 原敬

    原敬から見た外務省外務省

    郵便報知新聞記者を経て外務省に入省。後に農商務省に移って陸奥宗光や井上馨からの信頼を得た。原敬 フレッシュアイペディアより)

  • 奥克彦

    奥克彦から見た外務省外務省

    1981年4月 外務省に入省。奥克彦 フレッシュアイペディアより)

  • 特命全権大使

    特命全権大使から見た外務省外務省

    現在の日本では慣例的に外務省職員(特にキャリア官僚)からの任命が多くを占めているが、他省庁の職員が退官後に各国の大使に任命される例も多い。外務省職員にとって大使ポストは出世のキャリアに組み込まれているが、とりわけ外務省においては事務次官をつとめた後、主要国首脳会議参加国や近隣の大国の大使に転出する慣例が続いてきた。この点において事務次官が最高ポストである他省庁と一線を画し、次官以上のポストが多数存在するという一種の逆ピラミッド状態が最上部に出現している。他方、相対的に日本との関係で重要性が低いと見られる国の大使には、しばしば本省の課長相当職すら経験していない人物が赴任するケースがあったため、外務省改革の一環としてその運用が見直された。特命全権大使 フレッシュアイペディアより)

  • 大島浩

    大島浩から見た外務省外務省

    1921年(大正10年)以降には、断続的にベルリンに駐在中し、ドイツの政権を得ていたナチス党上層部との接触を深めた。当時、日本国外務省はナチス党とは距離を置く方針であり、独自の行動で同党とのネットワークを構築していた大島は、日独同盟の推進者となっていった。大島の外交思想は、同時期の駐イギリス特命全権大使であり、親英米派であった吉田茂とは対極であった。大島浩 フレッシュアイペディアより)

  • セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

    セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンから見た外務省外務省

    公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン (こうえきしゃだんほうじんセーブ・ザ・チルドレン、略称: SCJ) は、 セーブ・ザ・チルドレン世界連盟 (International Save the Children Alliance) のパートナーとして、イギリスとアメリカ合衆国の各セーブ・ザ・チルドレンの要請を受けて1986年に設立されたNGOである。以前は日本国外務省所管の社団法人だったが、公務員制度改革に伴い、2011年4月11日から公益社団法人。セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 東郷茂徳

    東郷茂徳から見た外務省外務省

    初めは登張の影響でドイツ文学者を志していたが、1912年(大正元年)に外務省に入省。東郷茂徳 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年

    2008年から見た外務省外務省

    沖縄県沖縄市で発生したアメリカ海兵隊兵士による14歳の少女に対する強姦事件について、日本の外務省がアメリカ大使館に正式抗議。福田康夫内閣総理大臣も遺憾の意を表明。2008年 フレッシュアイペディアより)

  • 日本学園中学校・高等学校

    日本学園中学校・高等学校から見た外務省外務省

    埴原正直(外務次官、駐米大使 / 山梨尋中を経て入学)日本学園中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 皇太子徳仁親王妃雅子

    皇太子徳仁親王妃雅子から見た外務省外務省

    1963年(昭和38年)12月9日、外務省職員の小和田恆・優美子夫妻の長女として東京都港区虎ノ門病院にて誕生する。父の仕事の関係で幼少期をソビエト連邦・スイス連邦で過ごす。皇太子徳仁親王妃雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 島洋平

    島洋平から見た外務省外務省

    2003年外務省外交官として国連世界保健機構に入省。島洋平 フレッシュアイペディアより)

1837件中 31 - 40件表示

「外務省」のニューストピックワード