1837件中 41 - 50件表示
  • 加瀬俊一

    加瀬俊一から見た外務省外務省

    1920年に外務省入省して太平洋戦争終結時のスイス公使だった加瀬俊一(しゅんいち)については加瀬俊一 (1920年入省)を参照のこと。加瀬俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 法眼俊作

    法眼俊作から見た外務省外務省

    東京都出身。幼少時をアメリカで過ごす。日本に帰国後、都立日比谷高校に編入し、卒業後は東京大学法学部に進学。父のあとを追い迷いなく外交官志望であった。その後1962年外務省に入省し外交官となる。同期に、丹波實、寺田輝介(外務報道官)、鈴木勝也(駐伯大使、情報調査局長、国際平和協力本部事務局長)、小倉和夫、荒船清彦(駐西大使、中南米局長)、西村元彦(駐葡大使)など。法眼俊作 フレッシュアイペディアより)

  • 外交記録公開文書

    外交記録公開文書から見た外務省外務省

    外交記録公開文書(がいこうきろくこうかいぶんしょ)とは、日本の外務省により公開された外交に関する記録文書を言う。外交記録公開文書 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本重太郎

    坂本重太郎から見た外務省外務省

    坂本 重太郎(さかもと じゅうたろう、1933年 - )は日本の外交官。外務省中南米局長や、駐スペイン特命全権大使を務めた。瑞宝重光章受章。坂本重太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 東方文化事業

    東方文化事業から見た外務省外務省

    1920年代、中国で列強排斥運動が高揚したため、反日感情の緩和を目的に1923年、義和団事件の賠償金を基金に外務省管轄の事業としてスタートし、1925年からは日本・中国(中華民国)の共同運営となった。しかし1928年日中関係の悪化により中国側が運営から脱退し、以後日本単独の事業となった。東方文化事業 フレッシュアイペディアより)

  • 臨時外交調査会

    臨時外交調査会から見た外務省外務省

    こうした複雑な思惑の絡み合いを抱えながら、1917年6月5日に臨時外交調査会が宮中に設置されたのである。この時定められた「臨時外交調査会官制」によれば、「天皇に直属して時局に関する重要の案件を考査審議する」機関と位置づけられ、総裁を内閣総理大臣(寺内正毅)、委員は国務大臣・国務大臣経験者(前官礼遇者及び一般の経験者)・親任官のうちから選出・任命すること、幹事には外務省高等官及び陸軍・海軍将校を充てる事になっていた。これに基づいて寺内総裁の他、本野一郎(外務大臣)・後藤新平(内務大臣)・加藤友三郎(海軍大臣)・大島健一(陸軍大臣)の4閣僚、牧野伸顕・伊東巳代治・平田東助の3枢密顧問官、そして元内務大臣原敬と元文部大臣犬養毅の2人の計9名の委員、鈴木貫太郎海軍次官(中将)・山田隆一陸軍次官(中将)・幣原喜重郎外務次官・児玉秀雄内閣書記官長(内閣代表)の4名が幹事に任命された。臨時外交調査会 フレッシュアイペディアより)

  • 在日モンゴル留学生会

    在日モンゴル留学生会から見た外務省外務省

    在日モンゴル留学生会(通称 )(YAMOH)は、1996年6月に在日モンゴル留学生が発足した。日本人との交流、およびモンゴル人留学生同士の交流を目的としている。主にモンゴル国の大学生、大学院生、専門学校生が会員になっている。各年度ごとに会長および幹部を選出する。日モ交流の活動では、駐日モンゴル国大使館や外務省などからの後援を受けるなど、公的な性格も強い。在日モンゴル留学生会 フレッシュアイペディアより)

  • 糠沢和夫

    糠沢和夫から見た外務省大臣官房外務省

    糠沢 和夫(ぬかざわ かずお、1936年11月20日 - )は、日本の経済人、外交官。経団連専務理事を経て、経団連出身者として初の特命全権大使や、民間人初の外務省大臣官房文化交流部長を務めた。初代本宮市名誉市民、タイ王国功労賞受賞、ハンガリー共和国功労中十字型章受章。糠沢和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 坂西志保

    坂西志保から見た外務省外務省

    その一方、坂西は日本海軍の優秀なスパイであり、「米国における日本のベストの要員の一人」(アメリカ海軍情報将校エリス・ザカライアス大佐による評価)として、アメリカの情報当局からマークされていた。そのため1941年(昭和16年)12月7日の日米開戦と同時に、在米日本人女性としては唯一のケースとして拘束・抑留され、翌1942年(昭和17年)6月に日米交換船で日本へ強制送還された。そして帰国後は、外務省の嘱託やNHKの論説委員等を務めアメリカの国情についての解説や分析に当たった。終戦は疎開先の千葉県我孫子町で迎えたという。坂西志保 フレッシュアイペディアより)

  • 日本イタリア京都会館

    日本イタリア京都会館から見た外務省外務省

    財団法人日本イタリア京都会館(にほんイタリアきょうとかいかん、伊:Centro Culturale Italo Giapponese di Kyoto)は京都・大阪にある、外務省・文部科学省所管の財団法人である。日伊両国の学術および文化の普及を目的とする。日本イタリア京都会館 フレッシュアイペディアより)

1837件中 41 - 50件表示

「外務省」のニューストピックワード