1837件中 51 - 60件表示
  • 井ノ上正盛

    井ノ上正盛から見た外務省外務省

    職歴は1996年、外務省入省。中近東東アフリカ局中近東第一課を皮切りに在シリア大使館、在チュニジア大使館、在ヨルダン大使館兼イラク大使館員歴任後、在イラク大使館三等書記官となる。殉職により、二階級特進し、一等書記官に補職される。叙・従七位、旭日双光章受章。井ノ上正盛 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木卓也

    佐々木卓也から見た外務省外務省

    佐々木 卓也(ささき たくや、1958年 - )は、日本の国際政治学者。専門はアメリカ外交史。立教大学教授、外務省参与、佐々木卓也 フレッシュアイペディアより)

  • 事務官

    事務官から見た外務省外務省

    各省に置かれる事務官は、旧制度、現制度のいずれにおいても、所属する省の名前から「省」の字を除いたものを「事務官」の前に冠する。例えば、外務省職員の事務官は、「外務事務官」を官名とする。ただし、所属する機関が院、府の場合は「会計検査院事務官」「内閣府事務官」のように、機関の正式名称をそのまま「事務官」の前に冠する。事務官 フレッシュアイペディアより)

  • 水上正史

    水上正史から見た外務省外務省

    水上 正史(みずかみ まさし)は日本の外交官。国連公使、駐インド臨時代理大使、外務省中南米局長等を経て、駐アルゼンチン大使。水上正史 フレッシュアイペディアより)

  • 関口存男

    関口存男から見た外務省外務省

    1919年、上智大学哲学科を卒業し、外務省反訳科に勤務。1922年、法政大学予科講師となる。1933年、法政大学文学部教授。同年、いわゆる法政大学騒動で同僚の内田百?たちを法政大学から追放。1938年から1941年にかけて現在のNHKの前身である社団法人日本放送協会のラジオ放送でドイツ語講座を担当。1942年、法政大学に在職のまま慶應義塾外国語学校講師となる。1943年、法政大学教授辞職。1944年、法政大学予科教授を辞職し、外務省外国語学校教官となる。1946年、公職追放により慶應義塾外国語学校辞職。1950年、高田外国語学校講師となる。1951年、慶應義塾外国語学校に復職。1952年、早稲田大学文学部と早稲田大学大学院文学研究科と慶應義塾大学文学部の講師となる。1955年からNHKドイツ語初等講座担当(死去まで)。1956年、慶應義塾大学文学部講師辞任。1958年、脳溢血により死去。享年64。関口存男 フレッシュアイペディアより)

  • 斉昂軽便鉄路

    斉昂軽便鉄路から見た外務省外務省

    長いこと東清鉄道→北満鉄路の勢力範囲内にあって日本の関知するところでなかったため、時刻表へ時刻の掲載は北満鉄路が満州国鉄に接収された1935年しか確認されていない。それ以前の記録もわずかに外務省の行った調査報告書に記載があるのみである。斉昂軽便鉄路 フレッシュアイペディアより)

  • 開豊鉄道

    開豊鉄道から見た外務省外務省

    列車の編成については直接的な資料が残されておらず不明な点が多いが、外務省の報告書によれば当初は混合列車で、貨車3両および4両に客車1両の4-5両編成で運転されていた。三等級制であったが、一等車はなく二等車と三等車のみであった。開豊鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 天図軽便鉄路

    天図軽便鉄路から見た外務省外務省

    日本側ではその後、吉会鉄路と天図軽便鉄路の建設優先順位で協議が行われた。1920年10月には馬賊による琿春の日本領事館襲撃に対抗して日本軍の間島出兵が行われたが、外務省はこれを理由として天図軽便鉄路敷設を推進、一方南満州鉄道は吉会鉄路建設交渉を推進、一方天図軽便鉄路の建設も推進され意見の集約化は困難を極めた。天図軽便鉄路 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省設置法

    外務省設置法から見た外務省外務省

    外務省設置法(がいむしょうせっちほう、平成11年7月16日法律第94号)は、外務省の設置並びに任務及び所掌事務を定め、所掌する行政事務を遂行するために必要な組織を定める日本の法律である。外務省設置法 フレッシュアイペディアより)

  • 日本写真協会

    日本写真協会から見た外務省外務省

    1952年、写真を通じて国際親善の推進、文化の発展に寄与することを目的として外務省の認可を得て、設立された。公益法人制度改革に伴い、2011年4月1日より公益社団法人となる。日本写真協会 フレッシュアイペディアより)

1837件中 51 - 60件表示

「外務省」のニューストピックワード