2925件中 71 - 80件表示
  • 小林剛

    小林剛から見た外務省外務省

    1994年、作新学院高等学校(当時は作新学院高等部)美術デザイン科を卒業後渡仏。2002年、フランス外務省カーサ・ヴェラスケス賞受賞。小林剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日本イタリア会館

    日本イタリア会館から見た外務省外務省

    公益財団法人日本イタリア会館(にほんイタリアかいかん、伊:Centro Culturale Italo Giapponese)は、日伊両国の学術および文化の普及を目的とする公益財団法人。京都及び大阪に事務所を置く。元外務省・文部科学省所管。日本イタリア会館 フレッシュアイペディアより)

  • 田中都吉

    田中都吉から見た外務省外務省

    田中 都吉(たなか ときち、1877年1月26日 - 1961年10月3日)は、日本の外交官。外務次官、在ソヴィエト連邦特命全権大使等を務めた。田中都吉 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田五十八

    吉田五十八から見た外務省外務省

    1972年 外務省飯倉公館・外交史料館 (東京都港区)吉田五十八 フレッシュアイペディアより)

  • 谷口智彦

    谷口智彦から見た外務省外務省

    株式会社日経BP編集委員室主任編集委員、外務省外務副報道官、明治大学国際日本学部客員教授などを歴任した。谷口智彦 フレッシュアイペディアより)

  • 谷口智彦

    谷口智彦から見た外務省大臣官房外務省

    外務省では、外交官出身の鹿取克章及び坂場三男が外務報道官、谷口が外務副報道官としてコンビを組み、広報関連の業務を取り仕切った。谷口は主として日本国外の報道機関を担当した。また、大臣官房にて、広報文化交流部で岡田眞樹部長、山本忠通部長の下、ナンバーツーの参事官(報道・広報担当)も務めた。2008年に外務副報道官と参事官(報道・広報担当)を退任する。そののちは、外務省の参与に就任した。そのほか、東海旅客鉄道の常勤顧問、ウェッジの顧問、といった役職も兼任した。いくつかの教育機関で教鞭を執っており、慶應義塾大学の大学院においては、システムデザイン・マネジメント研究科の特別招聘教授に就任した。そのほか、早稲田大学の政治経済学術院にて非常勤の講師を務め、大学院の政治学研究科の講義を担当した。また、明治大学では国際日本学部の客員教授に就任した。双日総合研究所では防衛・安全保障上席客員研究員に就任した。谷口智彦 フレッシュアイペディアより)

  • 石岡史子

    石岡史子から見た外務省外務省

    1970年(昭和45年)、東京都生まれ。1988年(平成1年)、神奈川県立生田高等学校卒業。1995年(平成7年)に、教育問題・南北問題・女性の人権などを学んでいた英国のリーズ大学開発学部の大学院を修了後、外務省総合外交政策局国連政策課に2年間勤める。1997年(平成9年)、NGO団体による「アンネ・フランクの会」展示教育館開設時より、事務局次長としてその活動に携わる。翌年10月、同教育館を改名・移転後、再出発した特定非営利活動法人「ホロコースト教育資料センター」の理事長に就任。石岡史子 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ開発会議

    アフリカ開発会議から見た外務省外務省

    外務省政務次官の東祥三が共同議長を務め、「アフリカ開発に関する東京宣言」を採択した。アフリカ開発会議 フレッシュアイペディアより)

  • 二橋謙

    二橋謙から見た外務省外務省

    二橋 謙(ふたはし けん、1857年4月5日〈安政4年3月11日〉 - 1903年〈明治36年〉12月)は、日本の外務官僚。二橋謙 フレッシュアイペディアより)

  • 野坂康夫

    野坂康夫から見た外務省外務省

    鳥取県米子市出身。東京大学経済学部中退。1969年外務省入省。在英国大使館公使、在バンクーバー総領事などを歴任。2003年旧米子市長選で初当選。2005年の新市長選で当選。2013年4月、3選を果たした。祖父は洋食のレストランおよびレコード、楽器店を営んでいた野坂康久(“十字屋”経営主)。祖母のいとこには戦後、米子市長をつとめた野坂寛治がいる。野坂康夫 フレッシュアイペディアより)

2925件中 71 - 80件表示

「外務省」のニューストピックワード