1837件中 81 - 90件表示
  • 入国管理局

    入国管理局から見た外務省外務省

    日本の出入国管理法制は、第二次世界大戦後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の指令に基づき当時の米国移民法を手本として立案された。外務省の外局として発足したが、当時の主な行政課題は敗戦によって朝鮮半島を解放させられたため在留外国人となった在日朝鮮人(平和条約国籍離脱者)の管理・取締りであり、その後、外務省から法務を所管する官庁である法務省に移管された。入国管理局 フレッシュアイペディアより)

  • 塩尻孝二郎

    塩尻孝二郎から見た外務省外務省

    塩尻 孝二郎(しおじり こうじろう、1949年(昭和24年)11月23日 - )は、日本の外交官。外務省官房長、インドネシア駐箚特命全権大使等を経て、2011年から欧州連合(EU)代表部大使。塩尻孝二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野川保晶

    野川保晶から見た外務省研修所外務省

    野川 保晶(のがわ やすあき)は、日本の外交官。在ジュネーヴ国際機関日本政府代表部大使、外務省研修所所長を経て、駐ニュージーランド特命全権大使。野川保晶 フレッシュアイペディアより)

  • 薮中三十二

    薮中三十二から見た外務省外務省

    藪中 三十二(やぶなか みとじ、ラテン文字化: YABUNAKA Mitoji 1948年1月23日 - )は、日本の外交官。立命館大学特別招聘教授。シカゴ総領事、外務省アジア大洋州局長、外務審議官等を経て、外務事務次官を最後に退官し、外務省顧問及び立命館大学特別招聘教授に就任。薮中三十二 フレッシュアイペディアより)

  • 青木盛久

    青木盛久から見た外務省外務省

    栄光学園中学校・高等学校を経て、1963年に東京大学法学部を卒業。同校在籍中の1962年外務公務員上級試験に合格し、卒業後の1963年に外務省に入省した。青木盛久 フレッシュアイペディアより)

  • 長内敬

    長内敬から見た外務省大臣官房外務省

    1999年外務省大臣官房通信課長、2001年外務省大臣官房外務参事官兼総合外交政策局(軍備管理・科学担当)、2002年在ロシア日本国大使館公使。長内敬 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡島志郎

    佐渡島志郎から見た外務省外務省

    佐渡島 志郎(さどしま しろう)は、日本の外交官。外務省国際協力局長を経て、2011年(平成23年)からバングラデシュ駐箚特命全権大使。佐渡島志郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日米地位協定

    日米地位協定から見た外務省外務省

    琉球新報が2004年1月13日、「日米地位協定の考え方」と題する文書を公表した。これは、外務省が日米地位協定の具体的な解釈をまとめた、とされる文書で、この中では日米地位協定の文言以上に米軍の利益を擁護する解釈が示されており、地位協定を改定するべきであると主張する人々は、この「考え方」も問題点の一つだと主張しているが、外務省は文書の存在を否定している。日米地位協定 フレッシュアイペディアより)

  • 中国書記官スパイ疑惑事件

    中国書記官スパイ疑惑事件から見た外務省外務省

    2012年(平成24年)5月中旬に中華人民共和国駐日大使館の45歳(当時)の一等書記官が、虚偽の身分で日本の外国人登録証を取得して銀行口座を開設し、ウィーン条約で禁ずる商業活動をしていた疑いや公正証書原本不実記載の疑いで、警視庁公安部は外務省を通じて一等書記官の出頭を要請した。中国書記官スパイ疑惑事件 フレッシュアイペディアより)

  • 山田文比古

    山田文比古から見た外務省外務省

    山田 文比古(やまだ ふみひこ、1954年7月 - )は、外交官出身の国際政治学者。専門は、日本外交論、フランス政治外交論。外務省の官僚、フランス公使等を経て、2008年より東京外国語大学に出向、2012年に正式に移籍(外務省を退官)。東京外国語大学教授、東京大学非常勤講師、お茶の水女子大学非常勤講師。山田文比古 フレッシュアイペディアより)

1837件中 81 - 90件表示

「外務省」のニューストピックワード