前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
166件中 1 - 10件表示
  • 外務省

    外務省から見た田中真紀子

    2001年(平成13年)4月に第1次小泉内閣が発足したとき田中真紀子議員が外相に就任した。田中外相は人事凍結方針を打ち出し、外務省がそれに反発、外務省は機密費流用問題、公金流用疑惑、裏金などの不祥事が続出し、田中外相は外務省を伏魔殿と呼び、外務省改革を唱えた。以降、ことあるごとに田中外相と外務官僚の対立が続くようになった。田中外相は事務次官の任免を繰り返し改革を断行しようとするが、アメリカ同時多発テロ以降、外交政策は官邸主導、外務省主導になり、肝心の外相は1人取り残されるようになった。その後、アフガニスタン復興支援に関して、NGOを復興会議から排除した問題が浮上。NGO排除に鈴木宗男議員の大きな影響があったと大西健丞NGO「ピースウィンズ・ジャパン」代表が発言、小泉首相も鈴木議員の圧力を認めたが、野上義二外務事務次官はそれを否定。田中外相、鈴木議員、外務省の3者をめぐって全面的な争いが起こった。2002年(平成14年)1月、小泉首相は田中外相と野上事務次官を更迭した。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た玄葉光一郎

    2012年(平成24年)1月18日に、大臣の定例記者会見に初めて英語の同時通訳を導入した。大臣発言と日本人や外国人記者の質問は日本語と英語に相互に訳され、会見では貸し出すイヤホンを介して聞くことが出来る。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た岡崎久彦

    岡崎久彦 - 情報調査局長、駐タイ大使。退官後評論家。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た佐藤優 (外交官)

    佐藤優 - 主任分析官。鈴木宗男事件で逮捕後、評論家となる。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た昭和天皇

    奥村勝蔵 - 外務事務次官、駐スイス大使。真珠湾攻撃での宣戦布告遅延問題発生時に一等書記官を務めた。戦後マッカーサーと昭和天皇の通訳など。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た川口順子

    川口順子大臣時代の2004年(平成16年)8月1日に、領事移住部を領事局に格上げし、国際情報局が統括官組織に改組され、条約局が国際法局に改編された。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た小和田恆

    小和田恆 - 外務事務次官、国連大使。子に経済局国際機関第二課員だった皇太子徳仁親王妃雅子。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た鈴木宗男

    2001年(平成13年)4月に第1次小泉内閣が発足したとき田中真紀子議員が外相に就任した。田中外相は人事凍結方針を打ち出し、外務省がそれに反発、外務省は機密費流用問題、公金流用疑惑、裏金などの不祥事が続出し、田中外相は外務省を伏魔殿と呼び、外務省改革を唱えた。以降、ことあるごとに田中外相と外務官僚の対立が続くようになった。田中外相は事務次官の任免を繰り返し改革を断行しようとするが、アメリカ同時多発テロ以降、外交政策は官邸主導、外務省主導になり、肝心の外相は1人取り残されるようになった。その後、アフガニスタン復興支援に関して、NGOを復興会議から排除した問題が浮上。NGO排除に鈴木宗男議員の大きな影響があったと大西健丞NGO「ピースウィンズ・ジャパン」代表が発言、小泉首相も鈴木議員の圧力を認めたが、野上義二外務事務次官はそれを否定。田中外相、鈴木議員、外務省の3者をめぐって全面的な争いが起こった。2002年(平成14年)1月、小泉首相は田中外相と野上事務次官を更迭した。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た加藤良三

    加藤良三 - 外務審議官、駐米大使。退官後日本野球機構コミッショナー。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た岡本行夫

    岡本行夫 - 北米第一課長を最後に退官後外交評論家として活動し、内閣総理大臣補佐官などを歴任し普天間基地移設問題などにあたった。外務省 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
166件中 1 - 10件表示

「外務省」のニューストピックワード