166件中 91 - 100件表示
  • 外務省

    外務省から見たアジア大洋州局

    2006年(平成18年)8月1日に、部局の統廃合が行われた。この統廃合では、躍進著しいインドや東南アジア諸国連合などとの関係強化を図るため、アジア大洋州局内に「南部アジア部」が新設された。一方、局単位の改編として、経済協力局及び大臣官房国際社会協力部(ODA関係部局)を統合して「国際協力局」を新設した。よって全体の局部数に変更はない。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た外務審議官

    外務審議官(法律第5条)(2人)外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た国立国会図書館

    1997年には国立国会図書館に専門調査員として出向中の外務省幹部職員を通じて、野党国会議員が国会図書館に依頼した、外交・安保問題に関する調査資料を収集調査していたことが明らかになっている。外交文書の公開により、2011年(平成23年)2月に発覚した。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た査証

    外務省設置法第4条は計29項目の所掌する事務を列記している。主なものに、外交政策(外務省設置法第4条第1項)、外国政府との交渉(第2項)、国際連合その他の国際機関等(第3項)、条約締結(第4項) 、国際法規の解釈及び実施(第5項)、渉外法律事項(第6項)、国際情勢の情報収集及び分析並びに外国及び国際機関等に関する調査(第7項)、日本国民の海外における法律上又は経済上の利益その他の利益の保護及び増進(第8項)、海外における邦人の生命及び身体の保護その他の安全(第9項)、海外における邦人の身分関係事項(第10項、第11項)、旅券の発給並びに海外渡航及び海外移住(第12項)、査証(第13項)、本邦に在留する外国人の待遇(第14項)、海外事情についての国内広報(第15項)、日本事情についての海外広報(同項)、外国における日本文化の紹介(第16項)、外交文書の発受(第17項)、外交官及び領事官の派遣(第18項)、外交官及び領事官の接受並びに国際機関の要員の受入れ(第19項)、勲章・記章・日本の栄典の国際的なあっせん(第20項)、儀典その他の外交上の儀礼(第21項)、外交史料の編さん(第22項)、外地整理事務(第23項)、政府開発援助(第24?26項)がある。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た侍従長

    珍田捨巳 - 外務次官、侍従長、伯爵。日本の関税自主権獲得に尽力。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た特殊法人

    外務省が主管する独立行政法人 は2012年4月1日現在、国際協力機構、国際交流基金]の2法人である。特殊法人は主管していない。外務省所管の旧財団法人に関しては「:Category:財団法人_(外務省所管)」を、旧社団法人に関して「:Category:社団法人_(外務省所管)」をそれぞれ参照。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た特別の機関

    外務大臣を長とし、内部部局として大臣官房および総合外交政策局ほか10局、審議会として外務人事審議会および海外交流審議会、施設等機関として外務省研修所、特別の機関として在外公館を置く。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た内閣 (日本)

    1885年(明治18年)の内閣制度創設以後、一度も名称を変えていない唯一の省である。全面改正前の外務省設置法、外務省官制、太政官達(内閣職権)など設置根拠法に変遷はあるものの、継続して用いられている。最初に「外務省」の名称が用いられたのは、1869年(明治2年)8月15日の太政官制(二官六省制)。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た鈴木宗男事件

    佐藤優 - 主任分析官。鈴木宗男事件で逮捕後、評論家となる。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た日英通商航海条約

    諸井六郎 - 小村寿太郎の下、日英通商航海条約(陸奥条約)改正による関税自主権の完全回復の原案作成。外務省 フレッシュアイペディアより)

166件中 91 - 100件表示

「外務省」のニューストピックワード