166件中 51 - 60件表示
  • 外務省

    外務省から見た国際連合教育科学文化機関

    松浦晃一郎 - アジア人初のユネスコ事務局長。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た独立行政法人

    外務省が主管する独立行政法人 は2012年4月1日現在、国際協力機構、国際交流基金]の2法人である。特殊法人は主管していない。外務省所管の旧財団法人に関しては「:Category:財団法人_(外務省所管)」を、旧社団法人に関して「:Category:社団法人_(外務省所管)」をそれぞれ参照。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た普天間基地移設問題

    岡本行夫 - 北米第一課長を最後に退官後外交評論家として活動し、内閣総理大臣補佐官などを歴任し普天間基地移設問題などにあたった。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た公正取引委員会

    外務省庁舎は千代田区霞が関2丁目2番1号本館に所在する。「本館(中央・南庁舎)」、「本館(北庁舎)」および「新庁舎」の3つの建物から構成され、それらは口型に配置されている。中央・南庁舎は地上8階、地下1階のL時型の建物であり、内部は中央庁舎と南庁舎に分かれている。1970年(昭和45年)に完成した。北庁舎は地上8階、地下1階で1960年(昭和35年)完成。新庁舎は南庁舎と北庁舎の間、中央庁舎の向かい側に位置し、地上7階、地下3階である。北庁舎から中央庁舎への連絡は2階-1階、5階-4階、および8階-7階である。南庁舎から中央庁舎への連絡は2階-1階及び8階-7階である。1995年(平成7年)に完成した。以前は南庁舎には旧科学技術庁および公正取引委員会が入居していたが、中央省庁再編に伴い移転した。本庁舎の耐震工事のため、2002年(平成14年)初頭から2003年(平成15年)末まで一時的に仮庁舎が開設され、港区芝公園の住友不動産芝公園タワーに移転した。旅券課など一部の部署は港区芝大門の住友芝大門ビルに分散入居しいた。南庁舎2階には、24時間営業のコンビニエンスストア(ローソン:2013年2月13日現在)がある。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た創価学会

    省内の派閥関係としては、、創価学会員や創価大出身者による派閥「大凰会(凰会)」 などが知られている。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た東南アジア諸国連合

    2006年(平成18年)8月1日に、部局の統廃合が行われた。この統廃合では、躍進著しいインドや東南アジア諸国連合などとの関係強化を図るため、アジア大洋州局内に「南部アジア部」が新設された。一方、局単位の改編として、経済協力局及び大臣官房国際社会協力部(ODA関係部局)を統合して「国際協力局」を新設した。よって全体の局部数に変更はない。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た公金

    2001年(平成13年)4月に第1次小泉内閣が発足したとき田中真紀子議員が外相に就任した。田中外相は人事凍結方針を打ち出し、外務省がそれに反発、外務省は機密費流用問題、公金流用疑惑、裏金などの不祥事が続出し、田中外相は外務省を伏魔殿と呼び、外務省改革を唱えた。以降、ことあるごとに田中外相と外務官僚の対立が続くようになった。田中外相は事務次官の任免を繰り返し改革を断行しようとするが、アメリカ同時多発テロ以降、外交政策は官邸主導、外務省主導になり、肝心の外相は1人取り残されるようになった。その後、アフガニスタン復興支援に関して、NGOを復興会議から排除した問題が浮上。NGO排除に鈴木宗男議員の大きな影響があったと大西健丞NGO「ピースウィンズ・ジャパン」代表が発言、小泉首相も鈴木議員の圧力を認めたが、野上義二外務事務次官はそれを否定。田中外相、鈴木議員、外務省の3者をめぐって全面的な争いが起こった。2002年(平成14年)1月、小泉首相は田中外相と野上事務次官を更迭した。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た大島浩

    阪本瑞男 - 中立国スイスの公使として第二次世界大戦終戦の工作にあたったがドイツ大使の大島浩の妨害を受け失敗。そのままスイスで病没。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た勲章

    外務省設置法第4条は計29項目の所掌する事務を列記している。主なものに、外交政策(外務省設置法第4条第1項)、外国政府との交渉(第2項)、国際連合その他の国際機関等(第3項)、条約締結(第4項) 、国際法規の解釈及び実施(第5項)、渉外法律事項(第6項)、国際情勢の情報収集及び分析並びに外国及び国際機関等に関する調査(第7項)、日本国民の海外における法律上又は経済上の利益その他の利益の保護及び増進(第8項)、海外における邦人の生命及び身体の保護その他の安全(第9項)、海外における邦人の身分関係事項(第10項、第11項)、旅券の発給並びに海外渡航及び海外移住(第12項)、査証(第13項)、本邦に在留する外国人の待遇(第14項)、海外事情についての国内広報(第15項)、日本事情についての海外広報(同項)、外国における日本文化の紹介(第16項)、外交文書の発受(第17項)、外交官及び領事官の派遣(第18項)、外交官及び領事官の接受並びに国際機関の要員の受入れ(第19項)、勲章・記章・日本の栄典の国際的なあっせん(第20項)、儀典その他の外交上の儀礼(第21項)、外交史料の編さん(第22項)、外地整理事務(第23項)、政府開発援助(第24?26項)がある。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た国際協力機構

    外務省が主管する独立行政法人 は2012年4月1日現在、国際協力機構、国際交流基金]の2法人である。特殊法人は主管していない。外務省所管の旧財団法人に関しては「:Category:財団法人_(外務省所管)」を、旧社団法人に関して「:Category:社団法人_(外務省所管)」をそれぞれ参照。外務省 フレッシュアイペディアより)

166件中 51 - 60件表示

「外務省」のニューストピックワード