166件中 71 - 80件表示
  • 外務省

    外務省から見た都市出版

    外務省の広報誌には、外務省発行の『外交』と『外交フォーラム』(都市出版発売)がある。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た外務大臣 (日本)

    外務大臣を長とし、内部部局として大臣官房および総合外交政策局ほか10局、審議会として外務人事審議会および海外交流審議会、施設等機関として外務省研修所、特別の機関として在外公館を置く。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律

    特別の機関として在外公館をおく(法律第6条)。在外公館は大使館、公使館、総領事館、領事館、政府代表部および日本政府在外事務所の5種類がある(法律第6条第2項・第3項)。実在する在外公館の名称および位置は「在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律」に規定されている。一覧は日本国在外公館の一覧を参照。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た国連大使

    沢田廉三 - 国連大使。日本の国連加盟に尽力。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見たナチス

    来栖三郎 - ナチス時代の駐独大使として日独伊三国軍事同盟を締結。その後駐米大使として太平洋戦争直前の日米交渉にあたる。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た専門調査員

    1997年には国立国会図書館に専門調査員として出向中の外務省幹部職員を通じて、野党国会議員が国会図書館に依頼した、外交・安保問題に関する調査資料を収集調査していたことが明らかになっている。外交文書の公開により、2011年(平成23年)2月に発覚した。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た港区 (東京都)

    外務省庁舎は千代田区霞が関2丁目2番1号本館に所在する。「本館(中央・南庁舎)」、「本館(北庁舎)」および「新庁舎」の3つの建物から構成され、それらは口型に配置されている。中央・南庁舎は地上8階、地下1階のL時型の建物であり、内部は中央庁舎と南庁舎に分かれている。1970年(昭和45年)に完成した。北庁舎は地上8階、地下1階で1960年(昭和35年)完成。新庁舎は南庁舎と北庁舎の間、中央庁舎の向かい側に位置し、地上7階、地下3階である。北庁舎から中央庁舎への連絡は2階-1階、5階-4階、および8階-7階である。南庁舎から中央庁舎への連絡は2階-1階及び8階-7階である。1995年(平成7年)に完成した。以前は南庁舎には旧科学技術庁および公正取引委員会が入居していたが、中央省庁再編に伴い移転した。本庁舎の耐震工事のため、2002年(平成14年)初頭から2003年(平成15年)末まで一時的に仮庁舎が開設され、港区芝公園の住友不動産芝公園タワーに移転した。旅券課など一部の部署は港区芝大門の住友芝大門ビルに分散入居しいた。南庁舎2階には、24時間営業のコンビニエンスストア(ローソン:2013年2月13日現在)がある。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た外交政策

    上述の外務省設置法第3条に掲げた目標を達成するため、外交政策、外交使節、通商航海、条約等の国際法規の締結・運用、外国政府との交渉、情報収集・分析・発信、在留邦人の保護および文化広報活動など国の対外関係事務全般をつかさどる。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た国際法

    上述の外務省設置法第3条に掲げた目標を達成するため、外交政策、外交使節、通商航海、条約等の国際法規の締結・運用、外国政府との交渉、情報収集・分析・発信、在留邦人の保護および文化広報活動など国の対外関係事務全般をつかさどる。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た伯爵

    珍田捨巳 - 外務次官、侍従長、伯爵。日本の関税自主権獲得に尽力。外務省 フレッシュアイペディアより)

166件中 71 - 80件表示

「外務省」のニューストピックワード