166件中 81 - 90件表示
  • 外務省

    外務省から見た太政官制

    1885年(明治18年)の内閣制度創設以後、一度も名称を変えていない唯一の省である。全面改正前の外務省設置法、外務省官制、太政官達(内閣職権)など設置根拠法に変遷はあるものの、継続して用いられている。最初に「外務省」の名称が用いられたのは、1869年(明治2年)8月15日の太政官制(二官六省制)。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た日朝首脳会談

    田中均 - 外務審議官。日朝首脳会談をめぐる水面下の交渉にあたった。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た安全

    平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに、主体的かつ積極的な取組を通じて、良好な国際環境の整備を図ること、並びに調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国及び日本国民の利益の増進を図ることを任務とする(外務省設置法3条)。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た内閣総理大臣補佐官

    岡本行夫 - 北米第一課長を最後に退官後外交評論家として活動し、内閣総理大臣補佐官などを歴任し普天間基地移設問題などにあたった。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た千代田区

    外務省庁舎は千代田区霞が関2丁目2番1号本館に所在する。「本館(中央・南庁舎)」、「本館(北庁舎)」および「新庁舎」の3つの建物から構成され、それらは口型に配置されている。中央・南庁舎は地上8階、地下1階のL時型の建物であり、内部は中央庁舎と南庁舎に分かれている。1970年(昭和45年)に完成した。北庁舎は地上8階、地下1階で1960年(昭和35年)完成。新庁舎は南庁舎と北庁舎の間、中央庁舎の向かい側に位置し、地上7階、地下3階である。北庁舎から中央庁舎への連絡は2階-1階、5階-4階、および8階-7階である。南庁舎から中央庁舎への連絡は2階-1階及び8階-7階である。1995年(平成7年)に完成した。以前は南庁舎には旧科学技術庁および公正取引委員会が入居していたが、中央省庁再編に伴い移転した。本庁舎の耐震工事のため、2002年(平成14年)初頭から2003年(平成15年)末まで一時的に仮庁舎が開設され、港区芝公園の住友不動産芝公園タワーに移転した。旅券課など一部の部署は港区芝大門の住友芝大門ビルに分散入居しいた。南庁舎2階には、24時間営業のコンビニエンスストア(ローソン:2013年2月13日現在)がある。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た東條内閣

    本多熊太郎 - 太平洋戦争時の中国大使、東條内閣の外交顧問。戦後A級戦犯となり病没。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た人事院

    外務省の一般職職員は非現業の国家公務員なので、労働基本権のうち争議権と団体協約締結権は国家公務員法により認められていない。団結権は保障されており、職員は労働組合として国公法の規定する「職員団体」を結成し、若しくは結成せず、又はこれに加入し、若しくは加入しないことができる(国公法第108条の2第3項)。2011年3月31日現在、人事院に登録された職員団体は存在しない。。2001年度はおよそ3割の組織率があったが、翌年度に0%となり、現在にいたる。過去にあった労組は外務省職員組合で、連合・全労連いずれにも属さない中立系の組合であった。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た北米局

    北米局 - 北米第一課(政令第46条)、北米第二課、日米安全保障条約課外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た外務大臣政務官

    外務大臣政務官(国家行政組織法第17条)(3人)外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た総理大臣官邸

    2001年(平成13年)4月に第1次小泉内閣が発足したとき田中真紀子議員が外相に就任した。田中外相は人事凍結方針を打ち出し、外務省がそれに反発、外務省は機密費流用問題、公金流用疑惑、裏金などの不祥事が続出し、田中外相は外務省を伏魔殿と呼び、外務省改革を唱えた。以降、ことあるごとに田中外相と外務官僚の対立が続くようになった。田中外相は事務次官の任免を繰り返し改革を断行しようとするが、アメリカ同時多発テロ以降、外交政策は官邸主導、外務省主導になり、肝心の外相は1人取り残されるようになった。その後、アフガニスタン復興支援に関して、NGOを復興会議から排除した問題が浮上。NGO排除に鈴木宗男議員の大きな影響があったと大西健丞NGO「ピースウィンズ・ジャパン」代表が発言、小泉首相も鈴木議員の圧力を認めたが、野上義二外務事務次官はそれを否定。田中外相、鈴木議員、外務省の3者をめぐって全面的な争いが起こった。2002年(平成14年)1月、小泉首相は田中外相と野上事務次官を更迭した。外務省 フレッシュアイペディアより)

166件中 81 - 90件表示

「外務省」のニューストピックワード