前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
206件中 1 - 10件表示
  • 個人投資家

    個人投資家から見た投資家投資家

    個人投資家(こじんとうしか)は、機関投資家の対語で、個人の投資家のことである。個人投資家 フレッシュアイペディアより)

  • 山口揚平

    山口揚平から見た投資家投資家

    山口 揚平(やまぐち ようへい、1975年6月3日 -)は、コンサルタント、株式投資評論家、ファンダメンタル投資家、作家、企業家。山口揚平 フレッシュアイペディアより)

  • 今田なお

    今田なおから見た投資家投資家

    今田 なお(いまだ なお、1984年8月3日 - )は、福島県出身の日本のタレント、個人投資家、政治運動家。ミアエンタテイメント所属。今田なお フレッシュアイペディアより)

  • ミセスワタナベ

    ミセスワタナベから見た投資家投資家

    ミセス・ワタナベ(Mrs.Watanabe )とは、個人の小口外国為替証拠金取引(FX)投資家を意味する俗称。語源は日本人の主婦を中心とした女性やサラリーマン投資家。欧米の報道機関により名付けられた。ミセスワタナベ フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ・ショック

    ドバイ・ショックから見た投資家投資家

    ドバイ・ショック("Dubai crisis" または "Dubai debt crisis")は、2009年11月25日に、アラブ首長国連邦 (UAE) のドバイ政府が、政府系持株会社ドバイ・ワールドの債務返済繰り延べを要請すると発表したことに端を発し、世界的に株式相場が急落した現象である。ドバイ信用不安、ドバイ問題とも呼ばれる。2008年9月のリーマン・ショック以降に生じた信用収縮によりドバイ経済の減退が懸念されていた中にあって、それまで債務の確実な返済の意向が表明されており、アブダビの銀行からの資金調達を発表したが、その2時間後に突然この繰り延べ要請が発表されたことから、投資家に衝撃を与えた。ドバイ・ショック フレッシュアイペディアより)

  • B・N・F

    B・N・Fから見た投資家投資家

    B・N・F(ビー・エヌ・エフ、1978年(昭和53年)3月5日 - )は、日本の資産家・投資家B・N・F フレッシュアイペディアより)

  • コーポレート・ガバナンス

    コーポレート・ガバナンスから見た投資家投資家

    1960年代のアメリカで、企業の非倫理的・非人道的な行動を抑止すべきであるという文脈で用いられるようになり、次第に粉飾決算など投資家から見た企業不祥事を防ぐためにどうするかという意味でも使われるようになった。さらに、企業価値・株主価値を増大させるためにいかに企業組織を構築するかという意味も加わるようになった。1980年代から1990年代のアメリカでは、企業買収が進んだことや、機関投資家の発言力が強まったことにより、コーポレート・ガバナンスへの関心が高まった。1990年代以降は、ヨーロッパ諸国や日本でも、多数の企業不祥事が発覚するとともに、経済的な停滞が続く中、コーポレート・ガバナンスが注目されるようになった(⇒)。コーポレート・ガバナンス フレッシュアイペディアより)

  • 省人化

    省人化から見た投資家投資家

    経営者・投資家は、総労務費の減少による利潤の増加を期待している。省人化 フレッシュアイペディアより)

  • ティム・セインズベリー

    ティム・セインズベリーから見た投資家投資家

    サー・ティモシー・アラン・セインズベリー(Sir Timothy Alan Davan Sainsbury, 1932年6月11日 - )は、イギリスの政治家、投資家ティム・セインズベリー フレッシュアイペディアより)

  • 決算説明会

    決算説明会から見た投資家投資家

    また、最近では個人投資家などの投資家の広がりもあり、個人向けの説明会を開催する企業も増えている。決算説明会 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
206件中 1 - 10件表示