192件中 31 - 40件表示
  • 品貸料

    品貸料から見た投資家投資家

    信用取引の売りは「貸株」により得た株を売り渡して売買代金を預けるため、投資家は貸株料を支払い売方金利を受け取る(ただし、低金利下では売方金利は0%に設定される)。売方が受け取る金利(日歩)に対して、制度信用取引では売り長で株不足になった場合に金利を支払わなくてはならない場合があり、これを品貸料と呼ぶ。証券会社が貸株を調達する一般信用取引での売りには品貸料は発生しない。品貸料 フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・チェリトン

    デビッド・チェリトンから見た投資家投資家

    デビッド・チェリトン(David R. Cheriton)は、カナダ出身のスタンフォード大学計算機科学教授、投資家、実業家。フォーブス誌の金持ちリストによると、2012年現在、カナダで19番目、世界で692番目の資産家。デビッド・チェリトン フレッシュアイペディアより)

  • 曲がり屋

    曲がり屋から見た投資家投資家

    曲がり屋(まがりや)とは、ことごとく予測を外す人のことを指す。投資の世界で使われることが多い。「曲がる」には「道理から外れる」「ひねくれる」という意味があり、相場の予測がことごとく外れる投資家、アナリスト、投資評論家のことを、蔑み「曲がり屋」と呼ぶ。曲がり屋 フレッシュアイペディアより)

  • ミッタル・スチール

    ミッタル・スチールから見た投資家投資家

    買収後のリストラによって自社の時価総額を高め、それを担保に投資家の資金を呼び込み、また買収する、といったミッタルの手法に対しては、グローバル化による鉄鋼業界の成長を期待する賛美の声と、高炉の新設すらせず、ひたすら株式交換による買収を繰り返す様子を指し、物造り精神を軽視した拝金主義との非難の声の、両論が終始付いてまわる状況となっている。ミッタル・スチール フレッシュアイペディアより)

  • 倒産隔離

    倒産隔離から見た投資家投資家

    倒産隔離(とうさんかくり)とは経済学用語の一つ。企業が倒産した場合でも、その企業が所有している資産には影響が及ばないようにするということである。倒産隔離の方法として行われているのには資産の証券化という事柄が存在しており、これを行ったならば企業の資産はその企業の所有物ではなく投資家による所有物ということになり、その企業は以降は賃借をして使用し続けるということになるわけである。このことから企業が倒産した場合でも、本社ビルなどといった企業の所有していた不動産は、その企業が倒産した場合にも倒産の影響を受けなくなるというわけである。倒産隔離 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・アントレー

    クリス・アントレーから見た投資家投資家

    騎手以外には株式投資家としても知られ、アントマン・レポートという投資家会報も書いている。クリス・アントレー フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・プライス

    トーマス・プライスから見た投資家投資家

    トーマス・ロウ・プライスJr - アメリカ合衆国の投資家トーマス・プライス フレッシュアイペディアより)

  • 決算説明会

    決算説明会から見た投資家投資家

    また、最近では個人投資家などの投資家の広がりもあり、個人向けの説明会を開催する企業も増えている。決算説明会 フレッシュアイペディアより)

  • 省人化

    省人化から見た投資家投資家

    経営者・投資家は、総労務費の減少による利潤の増加を期待している。省人化 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ハドソン

    ジョージ・ハドソンから見た投資家投資家

    ジョージ・ハドソン(George Hudson、1800年3月10日(推定) - 1871年12月14日)は、「鉄道王」と呼ばれたイギリスの鉄道投資家である。イースト・ライディング・オブ・ヨークシャー州(East Riding of Yorkshire)の、スタンフォード・ブリッジ(Stamford Bridge)の北、ヨーク(York)の東、スクレイングハム(Scrayingham)教区のホーシャム(Howsham)に生まれた。スクレイングハムに埋葬されている。1815年、15歳の時に、子供ができたことで不興を被って自分の生まれた村を飛び出した。ジョージ・ハドソン フレッシュアイペディアより)

192件中 31 - 40件表示

「外国人投資家」のニューストピックワード