206件中 31 - 40件表示
  • バイアウト・ファンド

    バイアウト・ファンドから見た投資家投資家

    バイアウト・ファンド(Buy-Out Fund)は、複数の機関投資家や個人投資家から集めた資金を事業会社や金融機関に投資し、同時にその企業の経営に深く関与して「企業価値を高めた後に売却」することで高いIRR(内部収益率)を獲得することを目的とした投資ファンドである。「ハゲタカファンド」(または略して「ハゲタカ」)と呼ばれる事もある。バイアウト・ファンド フレッシュアイペディアより)

  • ミッタル・スチール

    ミッタル・スチールから見た投資家投資家

    買収後のリストラによって自社の時価総額を高め、それを担保に投資家の資金を呼び込み、また買収する、といったミッタルの手法に対しては、グローバル化による鉄鋼業界の成長を期待する賛美の声と、高炉の新設すらせず、ひたすら株式交換による買収を繰り返す様子を指し、物造り精神を軽視した拝金主義との非難の声の、両論が終始付いてまわる状況となっている。ミッタル・スチール フレッシュアイペディアより)

  • 郷治友孝

    郷治友孝から見た投資家投資家

    郷治 友孝(ごうじ ともたか)は、日本の投資家。ベンチャーキャピタルを専門とする。2006年2月に株式会社東京大学エッジキャピタル社長に就任。郷治友孝 フレッシュアイペディアより)

  • 損失補填

    損失補填から見た投資家投資家

    昭和40年の証券取引法改正において、証券会社又はその役職員が有価証券の売買その他の取引について生じた損失を負担することを約して勧誘することが禁じられた(旧50条1項3号,4号)。その理由としては、こうした勧誘により投資家が安易な取引をすることにより投資家の自己責任原則が害されて、かえって投資家に不利益になる恐れがあること、損失保証を巡る紛争の防止、証券会社の健全経営が損なわれる恐れがあること、などが挙げられた。違反した場合は、免許取消などの行政処分が科せられた(刑事罰はなし)。この時点では勧誘段階において損失を保証する行為が想定されており、事前約束なしの事後の補填は想定されていなかった。損失補填 フレッシュアイペディアより)

  • オブリガシオン・フォンシエール

    オブリガシオン・フォンシエールから見た投資家投資家

    欧州の中でも厳格な法規制に基づくフランスのオブリガシオン・フォンシエールなどは、制度設計、実績などから、ストラクチャード・カバード・ボンドや他国の法制カバード・ボンドと区別して、投資家から捉えられている。オブリガシオン・フォンシエール フレッシュアイペディアより)

  • ALL外為ナビ!

    ALL外為ナビ!から見た投資家投資家

    世界の最新ニュースを元に外国為替市場の動向について、FX投資初心者からベテランまで幅広い層にわかりやすい解説で紹介する。またFX取り扱い会社の営業担当者から各社のサービスに関する説明を聞いたり、一般のFX投資家を招いてその実践的テクニックについて聞くコーナーも設けられた。ALL外為ナビ! フレッシュアイペディアより)

  • ハリー・チャンドラー

    ハリー・チャンドラーから見た投資家投資家

    ハリー・チャンドラー(Harry Chandler、1864年5月17日 ? 1944年9月23日)は、アメリカ合衆国の新聞経営者で、米国最大の不動産帝国のオーナーとなった投資家ハリー・チャンドラー フレッシュアイペディアより)

  • 稲村尚志

    稲村尚志から見た投資家投資家

    2002年6月  合資会社を設立、投資家として起業。稲村尚志 フレッシュアイペディアより)

  • カストディアン

    カストディアンから見た投資家投資家

    カストディアンとは、投資家に代わって有価証券の管理(カストディ)を行う機関のこと。特に、国外の有価証券に投資する際、現地で有価証券を管理する金融機関のこと。カストディアン フレッシュアイペディアより)

  • 資産担保証券

    資産担保証券から見た投資家投資家

    基本的には、キャッシュフローを生み出すものならばABSの担保にすることが可能であり、実際に、売掛債権、リース債権、自動車ローンなどのABSなどが発行されている。ABS発行の仕組みとしては、企業などが保有する資産を証券化商品の発行体として設立されたSPC(特別目的会社)に売却し、SPCがその資産を裏付けにして証券を発行し投資家に販売して資金を調達する。資産担保証券 フレッシュアイペディアより)

206件中 31 - 40件表示