192件中 61 - 70件表示
  • サンライズ・テクノロジー

    サンライズ・テクノロジーから見た投資家投資家

    株式会社サンライズ・テクノロジー(旧社名プライムシステム)は、ヘラクレスに上場(4830)していた企業である。上場当初はIT関連の企業だったが、現在は塗装・アスベスト処理・人材派遣など業種は多岐に渡っている。投資家の間では上場企業として様々な「伝説」を作ったことでも有名である(詳細はサンライズ・テクノロジー伝説を参照)。サンライズ・テクノロジー フレッシュアイペディアより)

  • 裁定の限界

    裁定の限界から見た投資家投資家

    裁定の限界(さいていのげんかい、)とは、合理的な投資家が何らかの制約やコストにより裁定取引を満足に行えないために、非合理な投資家の売買行動によって生じた金融資産のミスプライシングが継続するという行動ファイナンスの理論である。アンドレ・シュライファーとにより確立された。裁定の限界の概念が導入されたことにより、「なぜ合理的な投資家が儲けられる機会(裁定機会)を放置するのか?」という問題に一つの解答が得られたことで、行動ファイナンスの大きなブレイクスルーとなった。現在では心理学的バイアスを用いた手法と共に行動ファイナンスにおいて用いられるメジャーな手法の一つとなっている。裁定の限界 フレッシュアイペディアより)

  • 羅愛貴

    羅愛貴から見た投資家投資家

    羅愛貴(らあいき1994年10月14日 - 、本名・原田愛貴)は、ファイナンシャルプランナー、経営・飲食コンサルタント、ブロガー、ライター、アフィリエイター、投資家、実業家、マーケッター羅愛貴 フレッシュアイペディアより)

  • 多数国間投資保証機関

    多数国間投資保証機関から見た投資家投資家

    MIGAは国家による強制収用、通貨送金、戦争と内戦などのリスクに対する保証(長期政治的危険保証)を投資家・ドナーに提供し、開発途上国の民間投資を促進することを目的としている。また、発展途上国においては、国外からの投資を促進するため、インベスター・リレーションズ活動の支援も実施している。多数国間投資保証機関 フレッシュアイペディアより)

  • 企業情報

    企業情報から見た投資家投資家

    投資家 - 当該企業の証券を購入するかどうかを決める材料とする企業情報 フレッシュアイペディアより)

  • 羅愛貴

    羅愛貴から見た投資家投資家

    羅愛貴(らあいき1994年10月14日 - 、本名・原田愛貴)は、ファイナンシャルプランナー、経営・飲食コンサルタント、ブロガー、ライター、アフィリエイター、投資家、実業家、マーケッター羅愛貴 フレッシュアイペディアより)

  • 細金恒希

    細金恒希から見た投資家投資家

    細金 恒希(ほそがね こうき1981年1月14日 - )は日本の事業家、投資家。飲食店の経営に携わる他、いくつもの事業立ち上げ、海外投資を行っている。細金恒希 フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・アンジェロス

    ピーター・アンジェロスから見た投資家投資家

    ボルチモア法科大学を卒業後、刑事弁護士として仕事を始めた。アスベスト訴訟に勝利して多額の弁護士報酬を得た。にアンジェロス含めた投資家グループは当時のイーライ・ジェイコブスオーナーから1億7300万ドルでMLBのボルチモア・オリオールズを買収し、アンジェロスは最高経営責任者に就任した。ピーター・アンジェロス フレッシュアイペディアより)

  • シルバーショック

    シルバーショックから見た投資家投資家

    投資の対象として注目されるようになった発端は、1979年 - 1980年のハント兄弟が、工業用にも利用されている銀の価格が、金相場と比べて低いことに着目した買い占め()がきっかけであり、1月18日にはニューヨーク市場で瞬間最高値1オンス50ドル超を記録するなど、一時は20倍もの価格上昇が発生した。ハント兄弟の価格つり上げ工作は、高騰により、ヨーロッパの一般家庭が使っていた、銀食器、銀器が大量に鋳つぶされ、市場に大量放出されたことによる暴落で大失敗に終わるが、その後も1996年には、アメリカ合衆国の投資家であるウォーレン・バフェットが、世界の年間供給量の5分の1を買い占めたと表明し、直後に暴騰が生じた。2011年4月頃にも、1980年にハント兄弟の買占めに迫る価格まで価格が急上昇したが、先物取引の規制(証拠金の上積み規制)がなされたために暴落するなど、依然として混乱は見られる。シルバーショック フレッシュアイペディアより)

  • 資産担保証券

    資産担保証券から見た投資家投資家

    基本的には、キャッシュフローを生み出すものならばABSの担保にすることが可能であり、実際に、売掛債権、リース債権、自動車ローンなどのABSなどが発行されている。ABS発行の仕組みとしては、企業などが保有する資産を証券化商品の発行体として設立されたSPC(特別目的会社)に売却し、SPCがその資産を裏付けにして証券を発行し投資家に販売して資金を調達する。売却する資産が債権資産ならその企業は債権を割り引いて売却することにより債権の期日到来以前に現金を入手でき、買い取った側(SPC)は割引額と証券の利払いの利ざやを入手できる。資産担保証券 フレッシュアイペディアより)

192件中 61 - 70件表示

「外国人投資家」のニューストピックワード