70件中 31 - 40件表示
  • 外国為替証拠金取引

    外国為替証拠金取引から見た雑所得

    外国為替証拠金取引 (FX) は取引方法により2種類の課税方法に分かれる。なお、その他の外国為替取引では、為替差益に対する課税は外貨預金の場合は雑所得(総合課税)、外貨MMFの場合は非課税となり、利子に対する課税は外貨預金・外貨MMFとも利子所得(所得税・地方税合わせて20%の源泉分離課税)となる。外国為替証拠金取引 フレッシュアイペディアより)

  • 外国為替証拠金取引

    外国為替証拠金取引から見た先物取引

    金融先物取引法(昭和六十三年五月三十一日法律第七十七号)において、取引所金融先物取引のカテゴリーとして東京金融取引所の「くりっく365」や大阪証券取引所の「大証FX」を想定とした同法第2条第2項第2号がある。しかし、限日制(ロールオーバー制)取引について、「くりっく365」および「大証FX」は、法律上は、先物取引ではあっても、取引の仕組みの定義からの視点で見ると、先物取引とは言えない。同様に、同法には、店頭FXを想定した店頭金融先物取引のカテゴリーがある(同法第2条第4項)が、法律上は、先物取引ではあっても、取引の仕組みの定義からの視点で見ると、先物取引とは言えない。外国為替証拠金取引 フレッシュアイペディアより)

  • 外国為替証拠金取引

    外国為替証拠金取引から見た証券会社

    日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正され、ダイワフューチャーズ(現・ひまわり証券)、豊商事などが取扱いを開始、ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大した。商品取引員、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う外国為替証拠金取引業者もある。取引の仕方によっては非常に高いリスクを負うため、実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。外国為替証拠金取引 フレッシュアイペディアより)

  • 外国為替証拠金取引

    外国為替証拠金取引から見た外国為替及び外国貿易法

    日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正され、ダイワフューチャーズ(現・ひまわり証券)、豊商事などが取扱いを開始、ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大した。商品取引員、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う外国為替証拠金取引業者もある。取引の仕方によっては非常に高いリスクを負うため、実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。外国為替証拠金取引 フレッシュアイペディアより)

  • 外国為替証拠金取引

    外国為替証拠金取引から見た源泉分離課税

    外国為替証拠金取引 (FX) は取引方法により2種類の課税方法に分かれる。なお、その他の外国為替取引では、為替差益に対する課税は外貨預金の場合は雑所得(総合課税)、外貨MMFの場合は非課税となり、利子に対する課税は外貨預金・外貨MMFとも利子所得(所得税・地方税合わせて20%の源泉分離課税)となる。外国為替証拠金取引 フレッシュアイペディアより)

  • 外国為替証拠金取引

    外国為替証拠金取引から見た市場

    日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正され、ダイワフューチャーズ(現・ひまわり証券)、豊商事などが取扱いを開始、ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大した。商品取引員、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う外国為替証拠金取引業者もある。取引の仕方によっては非常に高いリスクを負うため、実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。外国為替証拠金取引 フレッシュアイペディアより)

  • 外国為替証拠金取引

    外国為替証拠金取引から見た税務署

    FX取引を巡って、所得税の脱税や申告漏れが多数報告され、納税意識の低さが問題視されている。2009年1月からは、取引所取引だけではなく、店頭取引についても、支払調書が税務署に提出されることとなった。外国為替証拠金取引 フレッシュアイペディアより)

  • 外国為替証拠金取引

    外国為替証拠金取引から見た商品先物取引

    実際には商品先物の証拠金取引はロスカットルール等の特約がない限り追証制度があり、入金期限以後の商品先物取引業者の任意による強制決済か入金期限までの入金の選択ができ若干の時間的な余裕があるが、それとは異なり、損失が一定額を超えると、ロスカットルールによって強制的に反対売買がなされる。またそれよりも損失の小さい段階で追加証拠金の差し入れ(追証)を請求される(マージンコール)場合もある。ロスカット判断は取引時間中はほぼリアルタイムで行われているが、システム状態によっては必ずしもリアルタイムとならない場合もあるほか、週明けに大きな変動があることもあるため、特に高いレバレッジの損切りではロスカットルール以上の損失が発生するケースも多い。外国為替証拠金取引 フレッシュアイペディアより)

  • 外国為替証拠金取引

    外国為替証拠金取引から見た信託分別管理

    くりっく365や大証FXを除き、業者が破綻などをすれば顧客も損失を被るおそれがある。例えば、顧客から委託された証拠金を、自社の資産とは別勘定で信託銀行に信託分別管理するといった保全管理をしていない業者の場合、たとえ分別管理されていても、業者が破産手続を行った場合、破産法上の一般破産債権に分類される危険性に晒され、破綻した際には預託していた証拠金がまともに戻ることは期待できない。エフエックス札幌という業者では、顧客が持っているポジションが強制清算されて、かつ証拠金が返金されない事態が発生している。業者によって証拠金の(保全)管理方法が異なるので、約款などで確認する必要がある。また、一部分の信託保全か100%信託保全かどうか、どこの銀行に信託保全しているかも確認する必要がある。また、イニシア・スター証券では、使い込みによる違法な信託保全すべき資金の不足が発生した事例もあり、信託保全方式は結局のところ業者のモラルに頼っているところが大きい。又、国内において業者の支払不能対策保険契約の対策を行っている業者は確認されてなく、証券会社業界や商品取引員業界に存在する業界の投資家保護基金がない。また、業者が破綻せずとも、当該FXサービスから撤退・サービス提供を中止することがある。この場合、投資家が未決済ポジションの決済を迫られることがある。このリスクは大証FXなどの取引所FXでもなおある。外国為替証拠金取引 フレッシュアイペディアより)

  • 外国為替証拠金取引

    外国為替証拠金取引から見た商品先物

    差益・スワップポイントとも雑所得(累進税率方式である総合課税)(2011年分の所得まで)。投資収益(日経平均先物、商品先物等の先物取引に係る雑所得等)との損益通算・損失繰越は不可(2011年分の所得まで)。ただし、公的年金等に係る雑所得など投資収益以外の雑所得との損益通算は可能(2011年分の所得まで)。外国為替証拠金取引 フレッシュアイペディアより)

70件中 31 - 40件表示

「外国為替証拠金取引」のニューストピックワード