52件中 11 - 20件表示
  • 国際通貨

    国際通貨から見た外貨準備外貨準備

    基軸通貨の発行国は必然的に経常収支は赤字になる(国際的な流動性を供給するためには、発行国は経常収支が赤字となって各国に通貨を供給する必要がある)。基軸通貨である限り経常収支の赤字額は発行国の利益になる(各国が基軸通貨資産を外貨準備として持つことにより、発行国はその代金としての海外資産を手にすることができる)。新興国の経済発展により基軸通貨の需要が増えた場合は、供給量が一定であれば基軸通貨の価値は上昇する。国際通貨 フレッシュアイペディアより)

  • ソブリン・ウエルス・ファンド

    ソブリン・ウエルス・ファンドから見た外貨準備外貨準備

    石油や天然ガスによる収入、外貨準備高を原資とすることが多い。ソブリン・ウエルス・ファンド フレッシュアイペディアより)

  • 市場介入

    市場介入から見た外貨準備外貨準備

    固定相場制の下では資本移動を規制しない限り、常に介入が必要となる。通常、自国通貨売りには制約が少ないが、自国通貨買いには基軸通貨(現在はドル)が必要なため無制限には行なえない。変動相場制の下でも、急速な為替レートの変動による国民経済の混乱を避ける目的で介入が行なわれる。自国通貨売り介入をした場合、裏返しで外貨買い介入になるため、外貨が蓄積される。これを外貨準備と呼ぶ。外貨準備は自国通貨買い介入の際の原資となる。市場介入 フレッシュアイペディアより)

  • イギリスにおける1946-1947年の冬

    イギリスにおける1946-1947年の冬から見た外貨準備外貨準備

    軍備と新たな国民保健サービスと戦後復興に対する大規模支出のためにGDPの15%が使われるという、財政支出が過重であった時期に、厳冬の影響は訪れた。このことは通貨の安定性を損ね、外貨準備に最適の通貨としてのドルの出現と相俟って、政府によるブレトン・ウッズ公定為替レートの大幅切り下げ(1ポンド=4.03ドルから2.80ドルへ)に繋がった。これは、英国が超大国の地位から衰退する上での大きな出来事であった。英国は自国民を食べさせる事にも難儀する状況で、また大戦で欧州が荒廃したためでもあるが、これは米国が欧州への関与を深め、英国や大陸への援助のためにマーシャル・プランを断行する原因ともなった。加えて、厳冬は何千人もの英国人が移住(とりわけオーストラリアに)した理由とされている。この年の冬は1963年の冬に比べれば総じて寒冷でなかったが、降雪はより多く記録された。イギリスにおける1946-1947年の冬 フレッシュアイペディアより)

  • 人民元改革

    人民元改革から見た外貨準備高外貨準備

    中国人民銀行による、対ドル固定相場の維持を目的とした介入の結果、外貨準備高がここ5年間でおよそ3.7倍に増加し、人民元の流通量が増えた。人民元の流通量の増加と過熱する景気とによって高まるインフレ圧力を、元を切り上げる事によって和らげる。人民元改革 フレッシュアイペディアより)

  • ノイシュヴァーベンラント

    ノイシュヴァーベンラントから見た外貨準備外貨準備

    第3回探検隊を支援したのは四カ年計画の全権責任者ヘルマン・ゲーリングであり、その背後には経済的な理由があった。当時のドイツでは油脂の生産が急増しており、その原料として鯨油を大量に消費していた。鯨油は、石鹸とマーガリンといった重要な生活必需品や、軍事上重要なニトログリセリンの生産に欠かせない資源であったが、その輸入をノルウェーに頼っていた。当時ドイツはノルウェーの鯨油輸出先の第2位であり、年に20万トンを購入していた。欠かせない資源を輸入に頼ることの脆弱性のほかに、間もなく戦争に入るかもしれないドイツにとっては、外貨準備を鯨油輸入で流出させることは大きな問題であった。この「鯨油ギャップ」を埋めるため、自前の捕鯨船団を南極海で操業させることがドイツにとって急務であり、イギリスなどに干渉されない安全な基地となる港を南極大陸の東経20度から西経20度の間で探し出すことが探検の目的であった。また将来において南極大陸に海軍基地を置くことも意図されていた。このため、この南極探検は極秘とされた。ノイシュヴァーベンラント フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の経済

    2009年の経済から見た外貨準備外貨準備

    10月7日 - 財務省が発表した9月末の外貨準備高は過去最高の1兆0525億9800万ドルで、前月末から102億5800万ドル増加した。2009年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾の経済

    台湾の経済から見た外貨準備高外貨準備

    台湾の経済は国家資本と外国投資により形成された資本主義経済システムを採用している。しかし政府の経済に対する役割は縮小傾向にあり、多くの国有銀行や国有企業が漸次民営化され、過去30年間の経済成長率は8%に達し、輸出工業による外貨獲得により台湾は世界第3位の外貨準備高を達成した。台湾の経済 フレッシュアイペディアより)

  • チェンマイ・イニシアティブ

    チェンマイ・イニシアティブから見た外貨準備外貨準備

    アジア通貨危機を教訓として、1999年11月の第3回ASEAN+3(日中韓)首脳会議の「東アジアにおける自助・支援メカニズム強化」の必要性合意を受け、2000年5月の第2回ASEAN+3蔵相会議(タイ・チェンマイ)において、二国間通貨スワップ取極のネットワークの構築等を合意した。マルチ化以前はASEAN+3各国の判断の下で二国間契約を多数締結することでチェンマイ・イニシアティブを構成し、2003年末時点で8カ国(日本・中国・韓国・インドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポール・タイ)が参加した。通貨スワップはIMF融資とリンクして発動し(IMF融資がなくても締結スワップ総額の20%までは発動可能)、発動された場合は二国間で外貨準備を融通する。チェンマイ・イニシアティブ フレッシュアイペディアより)

  • フィンランド銀行

    フィンランド銀行から見た外貨準備外貨準備

    フィンランド銀行はフィンランドの中央銀行であり、また欧州中央銀行制度にも参加している。さらにフィンランドの通貨政策を司る機関であり、通貨供給と外貨準備の責任を負っている。フィンランド銀行 フレッシュアイペディアより)

52件中 11 - 20件表示

「外貨準備高」のニューストピックワード