64件中 11 - 20件表示
  • 市場介入

    市場介入から見た外貨準備外貨準備

    固定相場制の下では資本移動を規制しない限り、常に介入が必要となる。通常、自国通貨売りには制約が少ないが、自国通貨買いには基軸通貨(現在はドル)が必要なため無制限には行なえない。変動相場制の下でも、急速な為替レートの変動による国民経済の混乱を避ける目的で介入が行なわれる。自国通貨売り介入をした場合、裏返しで外貨買い介入になるため、外貨が蓄積される。これを外貨準備と呼ぶ。外貨準備は自国通貨買い介入の際の原資となる。市場介入 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨

    外貨から見た外貨準備外貨準備

    一般に、特に外貨と呼ばれるのは自国通貨とは別に国際取引に用立てる必要がある国際通貨のことである。自国通貨建てで国際取引が可能な国は多くなく、国際通貨を持っていないと国際間取引ができなくなる。そのため外貨(国際通貨)の保有残高を表す外貨準備高がその国の財務的な信用性を担保する指標の一つとなっている。この用途の外貨を特に準備通貨とも呼ぶ。外貨 フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール政府投資公社

    シンガポール政府投資公社から見た外貨準備外貨準備

    シンガポール政府投資公社(シンガポールせいふとうしこうしゃ、英:GIC Private Limited、GIC)は、1981年にシンガポール政府によって外貨準備を運用する為に設立されたソブリン・ウエルス・ファンドである。世界中の金融拠点に9ヶ所の事務所を構える。GICは株、債券、不動産等幅広く扱っている。シンガポール政府投資公社 フレッシュアイペディアより)

  • オパールオーキツト

    オパールオーキツトから見た外貨準備外貨準備

    とはいえ、日本国内は外貨不足で、海外から種牡馬を買い付けることは不可能だった。オパールオーキツト フレッシュアイペディアより)

  • 金人慶

    金人慶から見た外貨準備外貨準備

    2003年3月に財政部部長。中国経済は1993年から緊縮財政、1998年8月から積極財政を取っていたが、金人慶は2004年5月に財政の中性化を宣言。金人慶在職中、中国経済は成長を続け、外貨準備高は増加した。ただし対米貿易赤字も増加した。金人慶 フレッシュアイペディアより)

  • レンドリース法

    レンドリース法から見た外貨準備外貨準備

    ルース・ケリー(Ruth Kelly): それについては以下の通りです。協定に基づき、融資の返済は1950年に開始され、50年間で毎年1回返済されます。しかしながら協定では、国際的な為替レートの状況やイギリスの外貨準備、金準備の状況の必要に応じて元金・金利共に返済を繰り延べすることができます。イギリスはこれまで6回返済を延期してきました。これにより、これ以上返済の延期のオプションを実施しなければ、アメリカ合衆国政府に対する返済は2006年12月31日に完了する予定です。2001年3月31日現在、アメリカ合衆国から1945年に提供された融資のうち、元金243,573,154ポンド(この日の為替レートで346,287,953ドル)が未返済です。政府はこの全額を返済することで1945年の協定の義務を履行するつもりです。レンドリース法 フレッシュアイペディアより)

  • 人民元改革

    人民元改革から見た外貨準備高外貨準備

    元の切り上げを見込んだマーケットでは「熱銭」と呼ばれる短期資金(いわゆるホットマネー)の中国国内への流入が続いた。これに対し中国人民銀行が対ドル固定相場の維持を目的として介入した結果、2005年6月時点での外貨準備高が7110億ドル(5年間でおよそ3.7倍)に増加した。人民元の流通量増加がインフレ圧力の一因となっており、インフレ抑制を狙って政策金利を引き上げれば、それを当て込んだ短期資金の流入に拍車がかかって利上げ効果を相殺してしまうという悪循環に陥っていた。過大な通貨供給量と、不動産を中心に過熱する景気とによって高まるインフレ圧力を、元を切り上げる事によって和らげる。人民元改革 フレッシュアイペディアより)

  • 国際金融のトリレンマ

    国際金融のトリレンマから見た外貨準備外貨準備

    実際、中央銀行がなく各国で独自の金融政策がとれないユーロ圏諸国では、自国の景気対策のために金融的手段を用いることができず、専ら政府による財政出動に頼らざるをえないため、2008年のリーマン・ショック以降の世界的な景気後退に対して特に欧州諸国の財政が急激に悪化。ギリシャ経済危機をはじめとする南欧各国の経済危機を招き、ユーロ自体の信認も低下する事態となった。一方、中国も国外資本の流入促進を加速させるため人民元の国際化を進めざるを得ず、中国人民銀行は2005年に管理フロート・通貨バスケット制への移行を表明。2007年からは人民元を対ドルレート変動を前日比0.5%に制限しつつ、容認する方針に変換し(人民元改革を参照)、これは事実上の変動相場制への移行と受け止められた。ただしその後も急激な元高を嫌う中国当局は、対ドルレートの維持を目的に莫大な米国債の購入などによる為替介入を続けたため、外貨準備が急激に膨張。2006年には日本(8,500億ドル)を超えて外貨準備額が世界一となる。その後も膨張を続け、2011年には3.2兆ドルもの巨額に達し、人民銀行の周小川総裁が懸念を表明するなど、為替安定を維持するのが困難となっている。国際金融のトリレンマ フレッシュアイペディアより)

  • カントリーリスク

    カントリーリスクから見た外貨準備高外貨準備

    GDP、国際収支、外貨準備高、対外債務、司法制度などの他、当該国の政情や経済政策などといった定性要素を加味して判断される。多くは民間の格付会社によって公表される。カントリーリスク フレッシュアイペディアより)

  • 米国債

    米国債から見た外貨準備外貨準備

    アメリカ合衆国政府に対する信頼により市場が形成されており、極めて高い流動性を有する。流動性の高さからドル建外貨準備の主要な投資先となっている。米国債 フレッシュアイペディアより)

64件中 11 - 20件表示

「外貨準備高」のニューストピックワード