64件中 21 - 30件表示
  • チェンマイ・イニシアティブ

    チェンマイ・イニシアティブから見た外貨準備外貨準備

    アジア通貨危機を教訓として、1999年11月の第3回ASEAN+3(日中韓)首脳会議の「東アジアにおける自助・支援メカニズム強化」の必要性合意を受け、2000年5月の第2回ASEAN+3蔵相会議(タイ・チェンマイ)において、二国間通貨スワップ取極のネットワークの構築等を合意した。マルチ化以前はASEAN+3各国の判断の下で二国間契約を多数締結することでチェンマイ・イニシアティブを構成し、2003年末時点で8カ国(日本・中国・韓国・インドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポール・タイ)が参加した。通貨スワップはIMF融資とリンクして発動し(IMF融資がなくても締結スワップ総額の20%までは発動可能)、発動された場合は二国間で外貨準備を融通する。設立当初は当サーベランス(監視)機能が未成熟であり、域内の経済情勢に関する政策対話()おいてサーベイランス(監視)強化に結びつける方法が模索された。チェンマイ・イニシアティブ フレッシュアイペディアより)

  • 国際協力銀行

    国際協力銀行から見た外貨準備高外貨準備

    資金調達の一部として外国為替資金特別会計からの借入を行っており、外貨準備高の運用機関として日本版ソブリン・ウエルス・ファンドとも解される。ただし、業務の目的は公益の追求であり、利益のみを追求することではない点が通常のソブリン・ウエルス・ファンドとは異なる。国際協力銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 国力

    国力から見た外貨準備外貨準備

    国力としての経済力とは国家の経済的な能力または国富そのものであり、経済戦を遂行する能力として考えられる。これは国内総生産、食糧自給、労働力人口などの経済基盤に基づいた戦略産業の構成、戦略資源の分量、外貨準備、自国通貨の信頼性などから構成される。経済力の指標としてはGNP、GDP、エネルギー生産消費量、国民1人当たりのGNP比率などで示されるが、これら指標が高い国が大国であるとは限らず、資本主義経済においては民間の企業によって経済活動が行われており、政府とは直接的な関係があるわけではない。また国力の機能の一側面である「対立的関係においてでも自国の意思を実現する能力」を考えた場合、経済力は国際社会に影響力を発揮できても実質的な強制力がなく、危機的な状況や戦時においては無力化される。それ故に経済大国とは真の意味で大国ではない。ただし軍事力は経済基盤の上に成り立っているため、高度な経済力は国力の育成にとって欠かせない。国力 フレッシュアイペディアより)

  • ノイシュヴァーベンラント

    ノイシュヴァーベンラントから見た外貨準備外貨準備

    第3回探検隊を支援したのはナチス党政権下の四カ年計画全権責任者であるヘルマン・ゲーリングと四ヶ年計画庁の局長であるであり、その背後には経済的な理由があった。当時のドイツでは油脂の生産が急増しており、その原料として鯨油を大量に消費していた。鯨油は、石鹸とマーガリンといった重要な生活必需品や、軍事上重要なニトログリセリンの生産に欠かせない資源であったが、その輸入をノルウェーに頼っていた。当時ドイツはノルウェーの鯨油輸出先の第2位であり、年に20万トンを購入していた。欠かせない資源を輸入に頼ることの脆弱性のほかに、間もなく戦争に入るかもしれないドイツにとっては、外貨準備を鯨油輸入で流出させることは大きな問題であった。この「鯨油ギャップ」を埋めるため、自前の捕鯨船団を南極海で操業させることがドイツにとって急務であり、イギリスなどに干渉されない安全な基地となる港を南極大陸の東経20度から西経20度の間で探し出すことが探検の目的であった。また将来において南極大陸に海軍基地を置くことも意図されていた。このため、この南極探検は極秘とされた。ノイシュヴァーベンラント フレッシュアイペディアより)

  • MONIAC

    MONIACから見た外貨準備外貨準備

    たくさんのタンクや水の流れは、銀行、支出、貯蓄、外貨準備など、経済活動のさまざまな側面を表す貨幣の流れを水によって視覚化する。MONIACが開発された当時、真空管式のコンピュータは高価で故障が多く、経済活動の視覚化のような用途にはまだ非力だった。MONIAC フレッシュアイペディアより)

  • 円相場

    円相場から見た外貨準備外貨準備

    円高が進行しているのは準備通貨としての存在感が強まってきたからだという指摘がある。中央銀行(特にアジアの国の中央銀行)が、ドル中心だった外貨準備の多角化を目指しているためである。円相場 フレッシュアイペディアより)

  • 国際通貨

    国際通貨から見た外貨準備外貨準備

    基軸通貨の発行国は必然的に経常収支は赤字になる(国際的な流動性を供給するためには、発行国は経常収支が赤字となって各国に通貨を供給する必要がある)。基軸通貨である限り経常収支の赤字額は発行国の利益になる(各国が基軸通貨資産を外貨準備として持つことにより、発行国はその代金としての海外資産を手にすることができる)。新興国の経済発展により基軸通貨の需要が増えた場合は、供給量が一定であれば基軸通貨の価値は上昇する。国際通貨 フレッシュアイペディアより)

  • カウプシング銀行

    カウプシング銀行から見た外貨準備外貨準備

    2008年10月9日に事実上破綻し国有化され、2008年10月27日に国有化された銀行としては珍しく債務不履行(いわゆるデフォルト)に陥った。不履行した債券はいわゆるサムライ債(円建て債券)で、金融危機以降、円キャリートレードの巻き戻しによりアイスランド・クローナは日本円に対しては約50%下落していた。これにともない同行のサムライ債を組み込んでいた投資信託の基準価格が急速に低下するなど、一般投資家にも間接的に被害が及んだ。アイスランドの中央銀行が債務の肩代わりをしなかったのは、クローナ安で膨れ上がった債務支払いに十分な外貨準備を保有していなかった為だとされる。カウプシング銀行 フレッシュアイペディアより)

  • イギリスにおける1946-1947年の冬

    イギリスにおける1946-1947年の冬から見た外貨準備外貨準備

    軍備と新たな国民保健サービスと戦後復興に対する大規模支出のためにGDPの15%が使われるという、財政支出が過重であった時期に、厳冬の影響は訪れた。このことは通貨の安定性を損ね、外貨準備に最適の通貨としてのドルの出現と相俟って、政府によるブレトン・ウッズ公定為替レートの大幅切り下げ(1ポンド=4.03ドルから2.80ドルへ)に繋がった。これは、英国が超大国の地位から衰退する上での大きな出来事であった。英国は自国民を食べさせる事にも難儀する状況で、また大戦で欧州が荒廃したためでもあるが、これは米国が欧州への関与を深め、英国や大陸への援助のためにマーシャル・プランを断行する原因ともなった。加えて、厳冬は何千人もの英国人が移住(とりわけオーストラリアに)した理由とされている。この年の冬は1963年の冬に比べれば総じて寒冷でなかったが、降雪はより多く記録された。イギリスにおける1946-1947年の冬 フレッシュアイペディアより)

  • アイスランド中央銀行

    アイスランド中央銀行から見た外貨準備外貨準備

    アイスランド中央銀行はMinister of Ecnomic Affairsの管轄下にあり、アイスランドの首相が任命した総裁及び副総裁、アルシングが任命した任期7年の7人の監査役会のメンバーによって運営される。アイスランド中央銀行はアイスランド・クローナの通貨発行権を独占し、アイスランドの外貨準備を管理しているが、1986年の中央銀行法によりアイスランド中央銀行が商業銀行や貯蓄銀行の利子率を監督する権限は無くなっている。アイスランド中央銀行 フレッシュアイペディアより)

64件中 21 - 30件表示

「外貨準備高」のニューストピックワード