52件中 21 - 30件表示
  • マハティール・ビン・モハマド

    マハティール・ビン・モハマドから見た外貨準備外貨準備

    アジア通貨危機は、タイをはじめとする各国の経常赤字と国内不動産のバブル化とそれに見合わない形で現地通貨が割高に放置されていたこと、対外債務と外貨準備高の不均衡(タイの場合、1997年時点で対外債務は1060億ドルであり外貨準備高は380億ドルしかなかった)が原因であるが、マハティールは、アジア通貨危機の原因をジョージ・ソロスをはじめとする欧米諸国の投機筋による実需を伴わない投機的取引が原因であるという論陣を主張した。1997年11月29日付の『エコノミスト』において、マハティールの主張は批判の対象とされたが、1998年、マレーシア経済がマイナス成長から脱する中で、インドネシアが政情不安(スハルトが退陣し、ハビビの就任)に陥り、韓国、タイもまた、経済的に浮揚するきっかけを掴み損ねていただけに、マハティールの政策運営に対して、評価の声が上がった。マハティール・ビン・モハマド フレッシュアイペディアより)

  • 現代の世界の一体化

    現代の世界の一体化から見た外貨準備外貨準備

    また、中央アジアや東欧で破綻していった鉄鋼会社を次々と買収していったインドのミタルグループは、ルクセンブルクのアルセロールと合併し、アルセロール・ミタル)が誕生するなど、従来の常識では考えられない企業の発展が見受けられるようになった。インドは1991年には外貨危機を経験したものの、2003年には世界4位の外貨準備を持つ国に変貌した。現代の世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィシェグラード・グループ

    ヴィシェグラード・グループから見た外貨準備外貨準備

    ヴィシェグラード・グループの4か国のうち経済危機の状態にあるハンガリーを除くポーランド、チェコ、スロバキアの3か国は、経済規模に対する対外債務総額や、外貨準備に対する短期対外債務とくに実際に借り換えの手続きが必要な債務の割合が非常に小さいなどヨーロッパの「元」共産主義の国々の中ではもっとも経済基盤が強く、2008年から始まった世界的な金融危機においても状況は比較的安定している。特に人口が多く内需の強いポーランドの経済は国外発の不況をうまくかわしており、歴史的にも社会的にもファシズムや排外主義が大きな勢力を持つことがない風土であること、全国的な高速道路(アウトストラーダ)網やエネルギー施設(西北部の巨大な天然ガス貯蔵施設や発電所や送電施設の建設)の整備といった以前から予定され既に多年度の国家予算のほかに欧州復興開発銀行(EBRD)や世界銀行などからの低利融資や欧州連合(EU)からの多額の補助金も決まり全体の予算が確保されている大規模なインフラ整備の公共事業の着手が本格化する時期に入ること、などの理由で、2009年はヨーロッパ諸国のうちで唯一、プラス成長をした。2010年もポーランドはヨーロッパで最も高い成長率を挙げるとみられ、これにスロバキアとチェコが続いている。4か国は東欧革命以前の社会主義時代に起因する官僚主義の弊害はいまだある程度残るものの、どの国も民主主義と市場経済がしっかりと定着している。(ただしハンガリーは近年この点で明確な遅れがみられるようになってきた)。ヴィシェグラード・グループ フレッシュアイペディアより)

  • 国際金融のトリレンマ

    国際金融のトリレンマから見た外貨準備外貨準備

    実際、中央銀行がなく各国で独自の金融政策がとれないユーロ圏諸国では、自国の景気対策のために金融的手段を用いることができず、専ら政府による財政出動に頼らざるをえないため、2008年のリーマン・ショック以降の世界的な景気後退に対して特に欧州諸国の財政が急激に悪化。ギリシャ経済危機をはじめとする南欧各国の経済危機を招き、ユーロ自体の信認も低下する事態となった。一方、中国も国外資本の流入促進を加速させるため人民元の国際化を進めざるを得ず、中国人民銀行は2005年に管理フロート・通貨バスケット制への移行を表明。2007年からは人民元を対ドルレート変動を前日比0.5%に制限しつつ、容認する方針に変換し(人民元改革を参照)、これは事実上の変動相場制への移行と受け止められた。ただしその後も急激な元高を嫌う中国当局は、対ドルレートの維持を目的に莫大な米国債の購入などによる為替介入を続けたため、外貨準備が急激に膨張。2006年には日本(8,500億ドル)を超えて外貨準備額が世界一となる。その後も膨張を続け、2011年には3.2兆ドルもの巨額に達し、人民銀行の周小川総裁が懸念を表明するなど、為替安定を維持するのが困難となっている。国際金融のトリレンマ フレッシュアイペディアより)

  • レンドリース法

    レンドリース法から見た外貨準備外貨準備

    ルース・ケリー(Ruth Kelly): それについては以下の通りです。協定に基づき、融資の返済は1950年に開始され、50年間で毎年1回返済されます。しかしながら協定では、国際的な為替レートの状況やイギリスの外貨準備、金準備の状況の必要に応じて元金・金利共に返済を繰り延べすることができます。イギリスはこれまで6回返済を延期してきました。これにより、これ以上返済の延期のオプションを実施しなければ、アメリカ合衆国政府に対する返済は2006年12月31日に完了する予定です。2001年3月31日現在、アメリカ合衆国から1945年に提供された融資のうち、元金243,573,154ポンド(この日の為替レートで346,287,953ドル)が未返済です。政府はこの全額を返済することで1945年の協定の義務を履行するつもりです。レンドリース法 フレッシュアイペディアより)

  • ナチス・ドイツの経済

    ナチス・ドイツの経済から見た外貨準備外貨準備

    1931年3月23日にはオーストリアとの関税同盟(独墺関税同盟)を結んだ。しかしこれはヴェルサイユ条約の「ドイツ・オーストリア合邦禁止」規定に抵触するとして連合国諸国から強い反発を受け、フランスは制裁としてオーストリアの資本を引き揚げた。これを受けてオーストリア最大の銀行クレジット・アンシュタット(de)が破綻した。この事はヨーロッパの金融危機を招き、1931年7月にはドイツ第2位の大銀行ダナート銀行(de)が支払い停止に陥り閉鎖、大統領令で8月までドイツ全土の銀行が閉鎖されたもののドイツ全土に広がった金融危機は収まらず不況はさらに悪化した。外資もあてに出来ない状況となり、インフレの再来を恐れる世論やライヒスバンクが大規模な財政出動に反対したため、公共事業計画は縮小された上に実施されなかった。1932年2月には登録失業者が600万人、非登録失業者を加えた推計が778万人に達し、ピークを迎えた。産業総失業者割合は40%を超え、同時期のイギリスやアメリカの2倍近くに達している。金・外貨準備も減少が止まらず、すべての金・外貨管理をライヒスバンクが監督するよう制限を行ったが、1932年2月には10億マルクを割り込んでいる。ナチス・ドイツの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カントリーリスク

    カントリーリスクから見た外貨準備高外貨準備

    GDP、国際収支、外貨準備高、対外債務、司法制度などの他、当該国の政情や経済政策などといった定性要素を加味して判断される。多くは民間の格付け会社によって公表される。カントリーリスク フレッシュアイペディアより)

  • 国力

    国力から見た外貨準備外貨準備

    国力としての経済力とは国家の経済的な能力または国富そのものであり、経済戦を遂行する能力として考えられる。これは国内総生産、食糧自給、労働力人口などの経済基盤に基づいた戦略産業の構成、戦略資源の分量、外貨準備、自国通貨の信頼性などから構成される。経済力の指標としてはGNP、GDP、エネルギー生産消費量、国民1人当たりのGNP比率などで示されるが、これら指標が高い国が大国であるとは限らず、資本主義経済においては民間の企業によって経済活動が行われており、政府とは直接的な関係があるわけではない。また国力の機能の一側面である「対立的関係においてでも自国の意思を実現する能力」を考えた場合、経済力は国際社会に影響力を発揮できても実質的な強制力がなく、危機的な状況や戦時においては無力化される。それ故に経済大国とは真の意味で大国ではない。ただし軍事力は経済基盤の上に成り立っているため、高度な経済力は国力の育成にとって欠かせない。国力 フレッシュアイペディアより)

  • 世界金融危機 (2007年-)

    世界金融危機 (2007年-)から見た外貨準備外貨準備

    BRICsを中心とした途上国の経済発展を背景に、エネルギー需要、食料需要などの資源需要の高まりにより、原油価格の上昇も加速された。産油国は莫大な利益を上げ、その利益はヨーロッパや米国のヘッジファンドなどの金融部門へと流れ、結果世界的な金余り現象が発生する。また新興経済発展諸国の外貨準備高も増加し、その資金運用が米国に向かい、世界的な資金がアメリカ合衆国に集中するようになった。これが米ドル高となり、米国国内に流入した過剰流動資金が米国不動産市場にも流れてサブプライムローンに代表される住宅バブルを構築する土壌ともなった。世界金融危機 (2007年-) フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の政策

    鳩山由紀夫内閣の政策から見た外貨準備高外貨準備

    鳩山は国債発行額を「埋蔵金」(民主党によると財政投融資特別会計と外貨準備高など)の活用など税外収入で補うことにより、44兆円以下にしたいと表明していたが、藤井財務相は国債増発を表明しており、国債が50兆円を上回るのは確実ともいわれ、税収は前年度からマイナスになる見通しであるともいわれていた。最終的に、予算案の新規国債発行額は約44兆3000億に収まり、税収も「埋蔵金」など税外収入で補うことにより、前年度の税収をやや上回ったが、国債発行額は2年連続で税収を上回り、第二次世界大戦終結直後の1946年以来の「異常事態」ともいえる厳しい財政状況となっている。鳩山は、国債増額への批判に対し、「マニフェストの実現よりも、やはり国債をこれ以上発行してはいけないと、国民の意思としてそのようなことが伝えられたら、あるいはそういう方向もあると思う」と述べた が、財政健全化に取り組むことはなかった。鳩山由紀夫内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「外貨準備高」のニューストピックワード