前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • 外貨準備

    外貨準備から見た溝口善兵衛

    これと同様のことが、近年の変動相場制の日本などでも起きている。2003年から2004年にかけて、主に国内輸出産業の振興政策として急激な円高を避けたいために、溝口善兵衛財務官主導の史上空前のドル買い為替介入(テイラー・溝口介入)が行われ、ドル建て外貨準備が激増した(右グラフ)。このとき不胎化政策がほとんど行なわれなかったためにベースマネーが増加し、国内では記録的な自国通貨の発行が行われたためリフレーション気味な状況となり、不況の底を打って2006年まで続く好景気のきっかけとなった。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見た麻生太郎

    2008年11月のG20金融サミットで麻生太郎首相は、日本の保有外貨準備高からIMFに10兆円を支出し世界経済を支えると宣言した。IMF出資は外国為替資金特別会計の項目の一つであり、この支出に対しては返済等見返りがあるはずなので、死に金になってしまっている日本の外貨準備運用の多角化と活用、国際貢献の手段としては有効かもしれない。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見たロンドン

    当時の国際通貨は金(正貨)であり、その通貨体制は金本位制と呼ばれていた。各国の国際収支の帳尻はロンドンにおける各国の金準備の増減によって決済された。金準備は各国が自国通貨を発行する際の価値の裏づけとなるものであり通貨発行量と深く関連していた。国際収支の赤字が続いて金準備が減少した場合、通貨発行量も減少する。結果的に国民経済が縮小し、国際収支が改善されることで各国の景況は自動調整されるものと期待された。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見た中国

    21世紀に入ってからは、固定相場制かつ国際収支が黒字の国々が、記録的な外貨準備高を保持するようになった。そういった国々には中国や産油国などが挙げられる。これらの国々はアメリカとの貿易が経済上重要であるため、安定性を確保する目的から事実上の固定相場制を採用している。結果的にアメリカの巨額の経常赤字を資本輸出によってファイナンスしていることになる。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見た霞が関埋蔵金

    過剰な準備高を減らすためには外貨(ドル)売りをする必要があるが、ドル売りや運用しているドル建て米国債を売却したりするとドル安円高を誘導してしまうので、この蓄積された準備高の取り扱いは難しく、いわゆる「霞が関埋蔵金」の一つとされている。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見たサブプライムローン

    日本と同様に巨額の外貨準備を米ドル建てで保有してきた中国では、米ドルの長期低落傾向に対し、外貨準備の運用先を多様化するなどでリスク分散を図るとともに、米国住宅バブル問題(サブプライムローンを参照)などで疲弊した米国金融資本に資本参加するなど戦略的な運用がされているが、2008年の金融危機でこの出資は損失を出した。このことは外貨準備高運用の難しさを示している。しかし中国の場合は、日本と異なって、その豊富な米ドル準備高を米国に対する有効な政治・外交カードとしても使用できる。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見た国際通貨基金

    2008年11月のG20金融サミットで麻生太郎首相は、日本の保有外貨準備高からIMFに10兆円を支出し世界経済を支えると宣言した。IMF出資は外国為替資金特別会計の項目の一つであり、この支出に対しては返済等見返りがあるはずなので、死に金になってしまっている日本の外貨準備運用の多角化と活用、国際貢献の手段としては有効かもしれない。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見た通貨

    金融当局は、対外債務の返済、輸入代金の決済のほか、自国通貨の為替レートの急変動を防ぎ貿易等の国際取引を円滑にするために、外貨準備を行なう。外貨準備は「国民経済の貯金」などとも呼ばれる。ただし、あくまで主目的は為替変動への準備であり、外貨準備高(外貨の蓄積)の大きさが対外資産高の大きさを表しているわけではないことには注意を要する。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見たテイラー・溝口介入

    これと同様のことが、近年の変動相場制の日本などでも起きている。2003年から2004年にかけて、主に国内輸出産業の振興政策として急激な円高を避けたいために、溝口善兵衛財務官主導の史上空前のドル買い為替介入(テイラー・溝口介入)が行われ、ドル建て外貨準備が激増した(右グラフ)。このとき不胎化政策がほとんど行なわれなかったためにベースマネーが増加し、国内では記録的な自国通貨の発行が行われたためリフレーション気味な状況となり、不況の底を打って2006年まで続く好景気のきっかけとなった。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見たG20

    2008年11月のG20金融サミットで麻生太郎首相は、日本の保有外貨準備高からIMFに10兆円を支出し世界経済を支えると宣言した。IMF出資は外国為替資金特別会計の項目の一つであり、この支出に対しては返済等見返りがあるはずなので、死に金になってしまっている日本の外貨準備運用の多角化と活用、国際貢献の手段としては有効かもしれない。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示

「外貨準備高」のニューストピックワード