67件中 21 - 30件表示
  • 外貨準備

    外貨準備から見たブレトン・ウッズ体制

    金本位制が崩壊し第二次世界大戦後にブレトン・ウッズ体制が構築されると、各国の通貨は金の裏づけを持ったドルを本位として発行されるようになり、各国の国際収支はドル準備の増減によって決済されるようになった。ニューヨーク金融市場で集中決済したわけではなく、ヨーロッパ支払同盟も国際決済銀行を代理店として決済業務を担った。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見た手形交換所

    しかし海底ケーブル通信網の充実によってロンドン金融市場が世界一の国際決済市場となった。イングランド銀行は金本位制を採用していたが、準備金としての正貨は国際通貨としても通用した。各国の国際収支の帳尻はロンドンにおける各国の金準備の増減によって決済された。国際経済における金本位制とは正貨を基準とした固定相場制なのである。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見たロンドン金融市場

    しかし海底ケーブル通信網の充実によってロンドン金融市場が世界一の国際決済市場となった。イングランド銀行は金本位制を採用していたが、準備金としての正貨は国際通貨としても通用した。各国の国際収支の帳尻はロンドンにおける各国の金準備の増減によって決済された。国際経済における金本位制とは正貨を基準とした固定相場制なのである。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見たユーロカレンシー

    外貨準備はドル建てかユーロ建てが多い。ドル建ての場合は大部分を米国債、それも短期証券の形で保有する。ユーロ建ての場合はユーロユーロで運用される。外貨準備保有高は国際政治に大きく左右される。ブレトンウッズ体制のときは為替要求が全部通るはずが欧州通貨とくにポンドの交換性回復に相当の時間を要した(イングランド銀行を参照)。日本の保有高はニクソン・ショックのときに倍加した。1971年の第2四半期に約76億ドルだったのが、第3四半期におよそ134億ドルとなった。1990年代からは一層顕著に増加した()。21世紀にアジア全体としての保有高上昇が注目されるようになった。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見たドル

    完全な固定相場制を採用している国は、為替要求に無限に応じなければならない。例えばもしも日本が為替相場を1ドル=100円に固定しており、アメリカの輸出業者が対日輸出対価の10000円をドルに替えようとしており、日本の輸出業者が対米輸出対価の110ドルを円に替えようとしているとする。この固定相場市場では差し引いて10ドルが余り、1000円が足りない。中央銀行(この場合、純輸出マイナス側の連邦準備制度)は、このときに10ドルを受け取り1000円を支払うことで固定相場を維持する。取引が終了した後には中央銀行の外貨準備高が10ドル増えることになる。連邦準備制度がドルの交換性を担保しているのである。なお、このときに増大した円貨(国内通貨量)を中央銀行が公開市場操作などで吸収すると不胎化政策になる。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見たニューヨーク金融市場

    金本位制が崩壊し第二次世界大戦後にブレトン・ウッズ体制が構築されると、各国の通貨は金の裏づけを持ったドルを本位として発行されるようになり、各国の国際収支はドル準備の増減によって決済されるようになった。ニューヨーク金融市場で集中決済したわけではなく、ヨーロッパ支払同盟も国際決済銀行を代理店として決済業務を担った。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見たラテン通貨同盟

    近代において国民経済や国際経済体制が形成され貿易が発達するとラテン通貨同盟などの国際的な通貨体制ができた。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見た正貨

    しかし海底ケーブル通信網の充実によってロンドン金融市場が世界一の国際決済市場となった。イングランド銀行は金本位制を採用していたが、準備金としての正貨は国際通貨としても通用した。各国の国際収支の帳尻はロンドンにおける各国の金準備の増減によって決済された。国際経済における金本位制とは正貨を基準とした固定相場制なのである。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見た円 (通貨)

    完全な固定相場制を採用している国は、為替要求に無限に応じなければならない。例えばもしも日本が為替相場を1ドル=100に固定しており、アメリカの輸出業者が対日輸出対価の10000円をドルに替えようとしており、日本の輸出業者が対米輸出対価の110ドルを円に替えようとしているとする。この固定相場市場では差し引いて10ドルが余り、1000円が足りない。中央銀行(この場合、純輸出マイナス側の連邦準備制度)は、このときに10ドルを受け取り1000円を支払うことで固定相場を維持する。取引が終了した後には中央銀行の外貨準備高が10ドル増えることになる。連邦準備制度がドルの交換性を担保しているのである。なお、このときに増大した円貨(国内通貨量)を中央銀行が公開市場操作などで吸収すると不胎化政策になる。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見た朝鮮特需

    1950年に発生した朝鮮戦争に関わる特需により外貨準備は増え、国際収支の天井は大きく引き上げられた。1954年には外国為替銀行法にもとづく戦後初の外為銀行(東京銀行)が開業し、政府手持外貨の大蔵大臣勘定(MOF勘定)は東京銀行に開設された。外貨の割当性は1960年代前半に逐次解除されてゆき、外貨使用届出や輸入届出などの貿易統制は1980年頃までにほぼ自由化された(貿易自由化と資本自由化)。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

67件中 21 - 30件表示

「外貨準備高」のニューストピックワード