52件中 41 - 50件表示
  • 外貨準備

    外貨準備から見た国際経済

    近代において国民経済や国際経済体制が形成され貿易が発達すると国際的な通貨体制が必要となった。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見たゼロ金利政策

    これに加え、本来の変動相場制であれば貿易黒字の膨張が為替レートで調整されるところだが、為替介入により実際の名目為替レートは円高にならず、実質実効為替レートの低下(円安)が進んで(こちらのグラフ参照)日本の資産が相対的に割安になったことと、同時期に行われていたゼロ金利政策が加わって、過剰流動性を背景にしたバブル経済が、日本だけでなく世界中に及ぶこととなった。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見た固定相場制

    完全な固定相場制を採用している国は、為替要求に無限に応じなければならない。例えばもしも日本が為替相場を1ドル=100円に固定しており、アメリカの輸出業者が対日輸出対価の10000円をドルに替えようとしており、日本の輸出業者が対米輸出対価の110ドルを円に替えようとしているとする。この固定相場市場では差し引いて10ドルが余り、1000円が足りない。中央銀行は、このときに10ドルを受け取り、1000円を支払うことで、円売りドル買い介入により固定相場を維持する。取引が終了した後には中央銀行の外貨準備高が10ドル増えることになる。このときに増大した円貨(国内通貨量)を中央銀行が公開市場操作などで吸収することを不胎化政策という。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見た実効為替レート

    これに加え、本来の変動相場制であれば貿易黒字の膨張が為替レートで調整されるところだが、為替介入により実際の名目為替レートは円高にならず、実質実効為替レートの低下(円安)が進んで(こちらのグラフ参照)日本の資産が相対的に割安になったことと、同時期に行われていたゼロ金利政策が加わって、過剰流動性を背景にしたバブル経済が、日本だけでなく世界中に及ぶこととなった。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見た不胎化介入

    完全な固定相場制を採用している国は、為替要求に無限に応じなければならない。例えばもしも日本が為替相場を1ドル=100円に固定しており、アメリカの輸出業者が対日輸出対価の10000円をドルに替えようとしており、日本の輸出業者が対米輸出対価の110ドルを円に替えようとしているとする。この固定相場市場では差し引いて10ドルが余り、1000円が足りない。中央銀行は、このときに10ドルを受け取り、1000円を支払うことで、円売りドル買い介入により固定相場を維持する。取引が終了した後には中央銀行の外貨準備高が10ドル増えることになる。このときに増大した円貨(国内通貨量)を中央銀行が公開市場操作などで吸収することを不胎化政策という。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見た資本収支

    また、日本が固定相場制を取っていると仮定するこの例では、日本の輸出が11000円、輸入が10000円となり日本の貿易収支(経常収支)は1000円の黒字となる。他の取引がない(資本収支が0)場合、国際収支も1000円(10ドル)の黒字となる。つまり日本の国際収支の黒字は日本の外貨準備高増加を意味する。逆に、貿易赤字などで国際収支が赤字の場合、外貨準備高は減少する。さらに外貨準備が減少し不足する場合は、対外債務によって足りない外貨を補うか、固定相場レートを切り下げる(自国通貨安)、固定相場制を放棄し変動相場制へ移行するなどの対応がとられる。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見た先進国

    1960年代末ごろから日本や西ドイツの経済的躍進が続き、アメリカの国際収支は次第に赤字が続くようになった。これは翻って日本や西ドイツにおける外貨準備の増大と通貨発行量の増大を意味した(これ以降の日本の外貨準備高の変遷は右グラフを参照)。アメリカはドルの価値を保持することよりも経済政策の自由度を高めることを求め、ニクソン・ショックにより主要国は変動相場制へ移行した。以後、管理変動相場制を掲げてしばしば行なわれた為替介入により各国の外貨準備高は変動した。しかし、先進国の多くは自国の経済的パフォーマンスを裏づけとして通貨を発行するようになり、外貨準備の意味合いは相対的に失われた。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見た経常収支

    また、日本が固定相場制を取っていると仮定するこの例では、日本の輸出が11000円、輸入が10000円となり日本の貿易収支(経常収支)は1000円の黒字となる。他の取引がない(資本収支が0)場合、国際収支も1000円(10ドル)の黒字となる。つまり日本の国際収支の黒字は日本の外貨準備高増加を意味する。逆に、貿易赤字などで国際収支が赤字の場合、外貨準備高は減少する。さらに外貨準備が減少し不足する場合は、対外債務によって足りない外貨を補うか、固定相場レートを切り下げる(自国通貨安)、固定相場制を放棄し変動相場制へ移行するなどの対応がとられる。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見た産油国

    21世紀に入ってからは、固定相場制かつ国際収支が黒字の国々が、記録的な外貨準備高を保持するようになった。そういった国々には中国や産油国などが挙げられる。これらの国々はアメリカとの貿易が経済上重要であるため、安定性を確保する目的から事実上の固定相場制を採用している。結果的にアメリカの巨額の経常赤字を資本輸出によってファイナンスしていることになる。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

  • 外貨準備

    外貨準備から見た国際収支統計

    日本では、第二次世界大戦終了後の輸入外貨割当制により、外貨の管理はすべて政府の統括におかれ、海外との自由貿易は事実上禁止された(傾斜生産方式)。1949年に外国為替法が制定され貿易が再開されたが、外貨はすべて政府管理であり、慢性的な輸入超過であった日本は、景気が少し良くなれば輸入が増え外貨が枯渇し、外貨流出を阻止するために経済引き締めによって景気が悪化するという国際収支の天井が問題となった。外貨準備 フレッシュアイペディアより)

52件中 41 - 50件表示

「外貨準備高」のニューストピックワード