前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
173件中 1 - 10件表示
  • OECD多国籍企業行動指針

    OECD多国籍企業行動指針から見た多国籍企業多国籍企業

    OECD多国籍企業行動指針( - たこくせききぎょうこうどうししん、The OECD Guidelines for Multinational Enterprises )は、経済協力開発機構(OECD)加盟国及びこれを支持する諸国において事業を行う多国籍企業、あるいはOECD加盟国及び指針を支持する諸国出身の多国籍企業に対する政府の勧告である。OECD多国籍企業行動指針 フレッシュアイペディアより)

  • グローバリゼーション

    グローバリゼーションから見た多国籍企業多国籍企業

    第二次世界大戦が終わると、アメリカ合衆国を筆頭に冷戦の西側諸国で多国籍企業が急成長し、現代の「グローバリゼーション」が始まった。1970年代から「グローバリゼーション」という語は使われるようになったが、より一層広まった時期は、アメリカ合衆国が湾岸戦争に勝利し、ソビエト連邦が崩壊したことにより、アメリカ合衆国の単独覇権が確立された1991年以後である。ソビエト連邦が崩壊すると、経済面では、「運輸と通信技術の爆発的な発展や、冷戦終結後の自由貿易圏の拡大によって、文化と経済の枠に囚われない貿易が促進する事態」も指すようになった。グローバリゼーションの負の現象、例えば工業や農業といった産業が世界規模での競争(メガコンペティション)や、多国籍企業による搾取の強化と、それに伴う国内産業の衰退とプレカリアートの世界的増大という事態を指す場合もある。そのため、最近では否定的な語として用いられる例も多くなった。グローバリゼーション フレッシュアイペディアより)

  • プライスウォーターハウスクーパース

    プライスウォーターハウスクーパースから見た多国籍企業多国籍企業

    両ファームは世界各国の大都市にファームを開いたり地元ファームと提携したりしたが、各国の提携ファームは地元のファームを吸収することもあった。こうして各国の地方都市にまでファームは行き渡り、急増する多国籍企業が世界のどこで活動してもサービスが受けられるに十分な体制が整った。また会計監査の需要の増加、特に1930年代の世界恐慌や税体系の複雑化にともないファームは大きくなった。プライスウォーターハウスクーパース フレッシュアイペディアより)

  • 新植民地主義

    新植民地主義から見た多国籍企業多国籍企業

    「新植民地主義」の語は今日における「現実の」植民地主義(国連決議に違反してまで外国の領土とその国民を統治する国家が存在する)及び旧植民地で展開されている資本主義的事業の双方を批判の射程に入れることが多い。とりわけ多国籍企業が発展途上国の資源を搾取する構図を強調し、この経済支配が16世紀から20世紀にかけてのヨーロッパの植民地主義を髣髴とさせるとの批判がある。広義では大国による小国への内政干渉(特に現代のラテンアメリカ)を指し、帝国主義時代の列強諸国にも似た大国の行動そのものが一種の「経済的帝国主義」と重なることを示唆する。新植民地主義 フレッシュアイペディアより)

  • ラゴス

    ラゴスから見た多国籍企業多国籍企業

    ラゴスは1976年(実質的には1991年)にアブジャに首都が移るまでナイジェリアの首都だったが、いまでも経済的・文化的な中心都市である。また西アフリカを代表する大都市であり、英語が通じ教育水準の高い人材も多いため、多くの多国籍企業がナイジェリアを含む西アフリカの広い範囲をカバーする活動拠点をラゴスに置いている。ラゴス フレッシュアイペディアより)

  • みずほコーポレート銀行

    みずほコーポレート銀行から見た多国籍企業多国籍企業

    株式会社みずほコーポレート銀行(みずほコーポレートぎんこう、英称:Mizuho Corporate Bank, Ltd.)は、日本の都市銀行。みずほフィナンシャルグループ傘下で、大企業、多国籍企業や金融機関を担当する「グローバルコーポレートグループ」の中核を担う。みずほコーポレート銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 世界都市

    世界都市から見た多国籍企業多国籍企業

    多国籍企業の本社など、世界経済に影響を及ぼす組織の中枢が所在する。世界都市 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た多国籍企業多国籍企業

    一台一台の自動車は多数の部品でできており、多くの部品製造にも多くの人員や技術が必要である。そのため、自動車製造業そのものが大きな産業であり、自動車を製造するために必要な自動車部品や電子機器、鉄鋼などの周辺分野や素材産業も含め、ありとあらゆる産業から部品や資材を購入し、それらの産業を支えている。世界的には、1980年代以降、自動車産業の多国籍企業グループへの集約が進んでいる。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • グローバリズム

    グローバリズムから見た多国籍企業多国籍企業

    グローバリズム()とは、地球上を一つの共同体とみなし、世界の一体化を進める思想である。現代では、多国籍企業が国境を越えて地球規模で経済活動を展開する行為や、自由貿易および市場主義経済を全地球上に拡大させる思想などを表す。地球主義、全球主義などとも言われる。グローバリズム フレッシュアイペディアより)

  • ムンバイ

    ムンバイから見た多国籍企業多国籍企業

    ムンバイは国内随一の商業及び娯楽の中心都市であり、国全体のGDPのうち5%、工業製品の25%、海運の40%、資本取引の70%を計上する。国際金融フローにおいては、アジア有数の金融センターとして、インド準備銀行、ボンベイ証券取引所、インド国立証券取引所といった金融機関や、多くのインド企業の本社、多国籍企業の拠点が置かれる。ビジネス機会が豊富なムンバイには、事業機会や比較的高い生活水準を求め国内各地から多くの人が集まり、様々な宗教・文化の集積地ともなっている。ムンバイ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
173件中 1 - 10件表示

「多国籍企業」のニューストピックワード