前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
344件中 1 - 10件表示
  • グローバリゼーション

    グローバリゼーションから見た多国籍企業多国籍企業

    第二次世界大戦が終わると、アメリカ合衆国を盟主とする冷戦の西側諸国で多国籍企業が急成長し、現代の「グローバリゼーション」が始まった。1970年代から国際決済が急速にオンライン・グローバル化し、「グローバリゼーション」という語が使われるようになった。東欧革命の翌年である1990年には、「ボーダーレス」(無境界)という語で、「国境が越えて揺さぶる力が物を言う」という論調で東欧革命後の世界が語られる例もあった。グローバリゼーション フレッシュアイペディアより)

  • あいや

    あいやから見た現地法人多国籍企業

    2001年 - アメリカ現地法人、AIYA America(2004年ロサンゼルスに移転)を設立あいや フレッシュアイペディアより)

  • OECD多国籍企業行動指針

    OECD多国籍企業行動指針から見た多国籍企業多国籍企業

    OECD多国籍企業行動指針( - たこくせききぎょうこうどうししん、The OECD Guidelines for Multinational Enterprises)は、経済協力開発機構(OECD)加盟国及びこれを支持する諸国において事業を行う多国籍企業、あるいはOECD加盟国及び指針を支持する諸国出身の多国籍企業に対する政府の勧告である。OECD多国籍企業行動指針 フレッシュアイペディアより)

  • アイネス

    アイネスから見た現地法人多国籍企業

    2010年 - タイのバンコクに現地法人を設立アイネス フレッシュアイペディアより)

  • コンバッション・エンジニアリング

    コンバッション・エンジニアリングから見た多国籍企業多国籍企業

    コンバッション・エンジニアリング (Combustion Engineering, C-E) は、アメリカ合衆国に拠点を置き、化石燃料火力と原子力の両方の汽力発電システムの分野で主導的な地位を占めていた多国籍企業。全世界に約42,000人の従業員を抱えていた。本社は最初ニューヨーク市にあり、1973年にはコネチカット州スタンフォードに移転した。コンバッション・エンジニアリング フレッシュアイペディアより)

  • 塚本無線

    塚本無線から見た現地法人多国籍企業

    2000年4月 - 韓国に現地法人 株式会社塚本無線韓国を設立。40GBのHDDを搭載した「スタンドアローンデジタルレコーダー」の販売開始。固定IPアドレスを利用した「遠隔監視対応」デジタルレコーダーの販売開始。「WindowsOS」で稼動するデジタルレコーダーシステムの販売開始。タイムラプスビデオやデジタルレコーダーとカメラの「セット商品」の販売開始。韓国に現地法人、株式会社塚本無線韓国を設立塚本無線 フレッシュアイペディアより)

  • グローバリズム

    グローバリズムから見た多国籍企業多国籍企業

    グローバリズム()とは、地球上を1つの共同体とみなし、世界の一体化(グローバリゼーション)を進める思想である。現代では、多国籍企業が国境を越えて地球規模で経済活動を展開する行為や、自由貿易および市場主義経済を全地球上に拡大させる思想などを表す。訳して地球主義とも言われる。グローバリズム フレッシュアイペディアより)

  • みずほコーポレート銀行

    みずほコーポレート銀行から見た多国籍企業多国籍企業

    株式会社みずほコーポレート銀行(みずほコーポレートぎんこう、英称:Mizuho Corporate Bank, Ltd.)は、かつて存在した都市銀行。みずほフィナンシャルグループ傘下で、また古河グループの幹事会社として、大企業、多国籍企業や金融機関を担当する「グローバルコーポレートグループ」の中核を担っていた。みずほコーポレート銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 資本主義

    資本主義から見た多国籍企業多国籍企業

    1970年以降、ミルトン・フリードマンらはケインズ主義を批判し、市場原理の拡大を提唱した(新古典派経済学、マネタリズム、新自由主義)。チリではチリの奇跡、イギリスではサッチャリズム、アメリカではレーガノミクス、日本では小泉改革などの規制緩和、民営化などが進められた。グローバリゼーション拡大により、各国政府の権限や多国籍企業への規制の縮小による雇用や安全への脅威や、格差社会の拡大も主張された(反グローバリズム)。また1990年代のインターネット普及後は、IT革命による経済効率化や情報格差も主張された。資本主義 フレッシュアイペディアより)

  • ラゴス

    ラゴスから見た多国籍企業多国籍企業

    ラゴスは1976年(実質的には1991年)にアブジャに首都が移るまでナイジェリアの首都だったが、いまでも経済的・文化的な中心都市である。また西アフリカを代表する大都市であり、英語が通じ教育水準の高い人材も多いため、多くの多国籍企業がナイジェリアを含む西アフリカの広い範囲をカバーする活動拠点をラゴスに置いている。ラゴス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
344件中 1 - 10件表示

「多国籍企業」のニューストピックワード

  • 太陽のトマト麺withチーズ 原宿竹下通り店

  • くつ炉ぎ・うま酒 かこいや 新宿エルタワー店

  • JOY OF LIVING−生きている喜びの提供−