173件中 91 - 100件表示
  • ボシュロム

    ボシュロムから見た多国籍企業多国籍企業

    ボシュロム (Bausch & Lomb Incorporated ) は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ロチェスターに本社を置く光学機器メーカーで、多国籍企業である。主力商品はコンタクトレンズ、眼科手術用機器など。ボシュロム フレッシュアイペディアより)

  • JCバンフォード・エクスカベターズ

    JCバンフォード・エクスカベターズから見た多国籍企業多国籍企業

    JCバンフォード・エクスカベターズ Ltd. (J. C. Bamford Excavators Ltd.)は、建設機械および農業機械製造のイギリスに本拠を置く多国籍企業。JCバンフォードあるいは単にJCBとして知られる。耐久性を重視した携帯電話JCB ToughphoneなどもJCBブランドで販売している。JCバンフォード・エクスカベターズ フレッシュアイペディアより)

  • バンガロール

    バンガロールから見た多国籍企業多国籍企業

    1980年代から1990年代にかけてバンガロールに不動産ブームが起こり、全国から投資が集中しコロニアル様式のバンガローは相次いで高層マンションに姿を変えた。また銀行やファストフードなど多国籍企業の進出も相次いだ。こうした国内外からの資本・人口・文化の流入や再開発は、地元言語や文化のアイデンティティの危機を招いた。1996年にはバンガロールで開かれたミス・ワールドコンテスト決勝に女性団体ほかが反対運動を起こし暴動に発展し、同年ケンタッキーフライドチキンの店舗が農民団体に襲われるなど、西洋文化への反対が相次いだ。都市政府は都市の国際化に対応しスタジアムや高級コンドミニアム建設を進めたが、これは貧しい地域の住宅やコミュニティの破壊と、彼らを郊外のより貧困な住宅地に隔離する結果になっている。また1990年代末からのドットコムバブル、ITブームはソフトウェア産業の雇用を増やしたが、その他の産業の雇用はむしろ減少している。2000年代初頭には、貧富の差と不完全なインフラ整備からなる劣悪な住環境の改善を目指した、インド初のゲーテッドコミュニティも出現した。バンガロール フレッシュアイペディアより)

  • モンサント (企業)

    モンサント (企業)から見た多国籍企業多国籍企業

    モンサント社 (Monsanto Company,NYSE:MON) は、アメリカのミズーリ州 クレーブクール(Creve Coeur, Missouri)に本社を持つ多国籍バイオ化学メーカー。モンサント (企業) フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン

    フォルクスワーゲンから見た多国籍企業多国籍企業

    2008年時点では、本国ドイツの他、メキシコやブラジル、中華人民共和国などに生産拠点を置き、フォルクスワーゲンと同格位置づけの会社としてアウディが存在するほか、フォルクスワーゲン傘下のグループ企業としてシュコダ(チェコ)・セアト(スペイン)・ベントレー(イギリス)・ブガッティ(フランス)、およびアウディ傘下のランボルギーニ(イタリア)などのブランドを抱える多国籍企業となっている。フォルクスワーゲン フレッシュアイペディアより)

  • ノーテルネットワークス

    ノーテルネットワークスから見た多国籍企業多国籍企業

    ノーテルネットワークス(英: Nortel Networks Corporation)は、電気通信装置製造の多国籍企業。キャリア・メトロイーサネット・エンタープライズ向けの通信機器企業としてシスコシステムズに次ぐシェアを2009年10月現在も維持している。本社はカナダのトロント。通称はノーテル (Nortel)。現在、企業債権者調整法に基づき、事業清算手続中。ノーテルネットワークス フレッシュアイペディアより)

  • リーフェン・ヘファールト

    リーフェン・ヘファールトから見た多国籍企業多国籍企業

    リーフェン・ヘファールト(, 1868年5月28日 - 1935年2月2日)は、ベルギー・フランドルの実業家・慈善家である。ドイツとベルギーの多国籍企業、アグフア・ゲバルトの前身の1社リーヴェン・ゲヴァルト商会()の設立者であり、日本ではリーベン・ゲバルト、リーヴェン・ゲバルトとも表記される。リーフェン・ヘファールト フレッシュアイペディアより)

  • レプソル

    レプソルから見た多国籍企業多国籍企業

    レプソル S.A.(Repsol S.A., BMAD: REP)は、スペインの石油とガスの複合多国籍企業である。世界10大石油企業の1つであり、28カ国に活動拠点を持つ。中南米における最大のエネルギー関連企業である。フォーチュン・グローバル500によると、世界15位の企業であり、従業員数は世界各地で4万人を超える。レプソル フレッシュアイペディアより)

  • ペルーの歴史

    ペルーの歴史から見た多国籍企業多国籍企業

    1945年の選挙ではベナビデスとAPRAの間で密約が結ばれ、APRAは合法化と引き換えにベナビデスの推すホセ・ルイス・ブスタマンテに投票することを約束した。これによりブスタマンテ政権が誕生し、合法化されたAPRAは議会で単独過半数を獲得した。ブスタマンテ期にはインフレーションが進行していたため、歳入を増やすためにスタンダード・オイルの子会社のIPCに石油の採掘権が付与された。ベナビデスが死去すると、徐々にAPRAの急進派が武装闘争を再び掲げ、1948年10月3日のAPRA党急進派と海軍の一部によるクーデターが起きた。このクーデターは鎮圧され、APRAは再び非合法化されて10月29日に軍事クーデターによってブスタマンテ政権は崩壊し、マヌエル・オドリーア将軍が政権に就いた。オドリーアはアルゼンチンのフアン・ペロンのような、貧困層の支持を受けて労働政策や福祉政策を実現するという政治スタイルを採ったが、実際には公共事業などはほとんど成果を出さず、経済が低迷する中、1956年の選挙で第二次マヌエル・プラード政権が誕生した。この選挙に際してAPRAは合法化を条件にプラードを支持し、以降APRAはブルジョワジーと同盟してペルーの寡頭支配層の側に回った。APRAの保守政党化の影響は大きく、保守支配層との協調を嫌った党内左派は分離し、フェルナンド・ベラウンデ・テリーの人民行動党、キリスト教民主党、革新的社会運動など、新たな左派政党が分立した。マヌエル・プラード政権下ではペドロ・ベルトラン首相によって本格的な輸入代替工業化政策が進められたが、この措置は多国籍企業のペルー経済への進出を顕著なものとした。またこの時期にシエラの伝統的な農村共同体が解体される中で、シエラではラ・コンベシオンを中心にウーゴ・ブランコらによる新たな農民運動が組織され、コスタにはシエラからの人口流入が続いた。このような情勢の中で、プラードは経済運営に余り良いところのないまま、1962年の選挙を迎える事になった。ペルーの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ハネウェル

    ハネウェルから見た多国籍企業多国籍企業

    ハネウェル(Honeywell 、NYSE:HON、日本語読みでは「ハニウェル」とも)は、1886年に設立されたアメリカの多国籍企業であり、電子制御システムや自動化機器を製造販売している。アメリカ航空宇宙局、ボーイング、アメリカ国防総省に技術サービスやアビオニクスを提供している会社である。ハネウェル フレッシュアイペディアより)

173件中 91 - 100件表示

「多国籍企業」のニューストピックワード