173件中 21 - 30件表示
  • アナログ・デバイセズ

    アナログ・デバイセズから見た多国籍企業多国籍企業

    アナログ・デバイセズ(英: Analog Devices)は、半導体デバイスを製造するアメリカの多国籍企業。特にADC、DAC、MEMS、DSPなどに強い。現在は 65nm から 3μm のプロセスルールの回路を設計している。アナログ・デバイセズ フレッシュアイペディアより)

  • ベダンタ・リソーシズ

    ベダンタ・リソーシズから見た多国籍企業多国籍企業

    ベダンタ・リソーシズ (Vedanta Resources plc ) は多国籍の鉱業・資源グループの英国本社である。2003年12月にロンドン証券取引所へ上場、2006年6月にFTSE100種総合株価指数の採用銘柄に加えられた。ベダンタ・リソーシズ フレッシュアイペディアより)

  • アヴァンティス

    アヴァンティスから見た多国籍企業多国籍企業

    アヴァンティス(Avantis Ltd.)は風力原動機の開発・製造と販売、風力発電所のメンテナンス、またその計画支援や立地評価(マイクロサイティング、気流シミュレーション)等のサービスを提供する多国籍企業である。アヴァンティス フレッシュアイペディアより)

  • 有賀敏之

    有賀敏之から見た多国籍企業多国籍企業

    学位論文に結実した、現代帝国主義論を脱構築的に論じた一連の研究で世に出、その後ミレニアム前後に隆盛となった多国籍企業の国際的再編のミクロレベルでの検証に軸足を移す。近年は「メガキャピタル」ないしは「メガポリス」と呼ぶ巨大都市の経済圏に着目した地域経済の実証研究に新境地を示している。有賀敏之 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎義一

    宮崎義一から見た多国籍企業多国籍企業

    『現代資本主義と多国籍企業』(岩波書店, 1982年)宮崎義一 フレッシュアイペディアより)

  • 松本秀之 (情報システム学者)

    松本秀之 (情報システム学者)から見た多国籍企業多国籍企業

    松本 秀之 (まつもと ひでゆき、1962年 - )は、埼玉県出身の情報システム学者。研究領域は、グローバリゼーション論、金融市場論、投資銀行論、情報システム戦略論、多国籍企業論、および比較文化論。松本秀之 (情報システム学者) フレッシュアイペディアより)

  • 国民経済

    国民経済から見た多国籍企業多国籍企業

    先進国の多国籍企業のいくつかは、中進国のGDPを上回る売上高を持つ場合もあり、国民経済を超える経済勢力となっている。国民経済 フレッシュアイペディアより)

  • 塩澤由典

    塩澤由典から見た多国籍企業多国籍企業

    多国籍企業の日本市場参入 : プロクター&ギァンブルの場合』京都大学経済研究所, 1978.1.塩澤由典 フレッシュアイペディアより)

  • 情報化時代

    情報化時代から見た多国籍企業多国籍企業

    しかし、一部の批評家が本当の世界経済がまだ達成されていないと主張する。ステファン・コーエン (Stephen F. Cohen) は、労働の移動は人々の外国人嫌いとより厳しい移民法(Immigration law)によって傷つけられると述べる。多国籍企業がそれらの自国で、未だ彼・それらの資産と戦略上の指揮中枢を維持している。そして資本がまだ銀行業務と金融法によって制限される。情報化時代 フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・マーケティング

    グローバル・マーケティングから見た多国籍企業多国籍企業

    多国籍企業で行われているマーケティングである。グローバル・マーケティング フレッシュアイペディアより)

173件中 21 - 30件表示

「多国籍企業」のニューストピックワード