173件中 61 - 70件表示
  • NCR (企業)

    NCR (企業)から見た多国籍企業多国籍企業

    NCRは急速に拡大し、1888年には多国籍企業となった。1893年から1906年までに、小さなキャッシュレジスターの会社をいくつも買収している。NCR (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ハチソン・ワンポア

    ハチソン・ワンポアから見た多国籍企業多国籍企業

    ハチソン・ワンポア・リミテッド(英文社名:/略称:HWL、中文社名:、香港証券取引所コード:0013)は、中華人民共和国・香港を拠点とするコングロマリット。現在、長江実業グループ傘下の多国籍企業で、その組織は世界最大の港湾事業、小売業、不動産開発、インフラストラクチャーから最先端技術、販売戦略に精通した通信事業に及んでいる。ハチソン・ワンポア フレッシュアイペディアより)

  • UPM (企業)

    UPM (企業)から見た多国籍企業多国籍企業

    UPMキュンメネ株式会社(フィンランド語: UPM-Kymmene Oyj、略称UPM)は、フィンランドに本社を置く、製紙・製材会社である。2007年度の売上高は世界第6位であり、フィンランド国内に本社を持つ製紙業としてはストラ・エンソに次いで2位。世界14カ国に生産の拠点を持つ、多国籍企業である。粘着紙、出版印刷用紙の売上げは世界でトップシェアを誇る。また、製紙・製材以外にも、RFIDの開発・生産なども手がけている。UPM (企業) フレッシュアイペディアより)

  • アイザック・メリット・シンガー

    アイザック・メリット・シンガーから見た多国籍企業多国籍企業

    ミシンの大量生産が始まり、I. M. Singer & Co は1856年には2,564台を製造、1860年にはニューヨーク市内に新たな工場を構え13,000台を製造した。ミシンは主に仕立て屋が使う産業機械として販売されていたが、家庭用の小型ミシンも販売されるようになっていった。シンガーはヨーロッパにも進出し、グラスゴー近郊の Clydebank にも工場を建設した。アメリカを本拠地とする多国籍企業となり、他にパリやリオデジャネイロにも支社を設けた。アイザック・メリット・シンガー フレッシュアイペディアより)

  • クノール (食品ブランド)

    クノール (食品ブランド)から見た多国籍企業多国籍企業

    現在の所有者はイギリス・オランダの多国籍企業ユニリーバで、クノールはユニリーバ最大のブランドである。日本では味の素の子会社であるクノール食品がライセンス生産を行い、味の素から販売されている。クノール (食品ブランド) フレッシュアイペディアより)

  • コルゲート・パーモリーブ

    コルゲート・パーモリーブから見た多国籍企業多国籍企業

    コルゲート・パーモリーブ(英語:Colgate-Palmolive)はアメリカ合衆国の多国籍企業で、石鹸、洗剤、歯磨剤、ペットフード(ヒルズHill'sブランド)などの日常用品を製品開発、製造、販売している。本拠地はニューヨーク市で、ニューヨーク証券取引所の上場企業である。コルゲート・パーモリーブ フレッシュアイペディアより)

  • ラックス (ヘアケア・ボディケア)

    ラックス (ヘアケア・ボディケア)から見た多国籍企業多国籍企業

    日本人の髪質を研究し、日本人の消費者向けに製品開発を行っているが、多国籍企業である利点を生かし、イギリスを始めとした世界各国の研究所とコミュニケーションをとり、最先端の技術を取り入れている。ラックス (ヘアケア・ボディケア) フレッシュアイペディアより)

  • バリーカレボー

    バリーカレボーから見た多国籍企業多国籍企業

    バリーカレボー (Barry Callebaut)は、スイス・チューリッヒに本拠をおき、主としてカカオ豆およびチョコレート製品を扱う多国籍企業である。1996年にベルギーのカレボーとフランスのカカオ・バリーの合併によって設立された。バリーカレボー フレッシュアイペディアより)

  • 国際社会学

    国際社会学から見た多国籍企業多国籍企業

    昨今急速に進んでいるとみられるグローバリゼーションは、他の社会科学同様に、国際社会学にとっても主要な関心事である。これを国際経済学のように国際貿易の機会の拡大または経済格差の拡大と見るのとは違い、国際社会学は、過去と比較して国民国家の機能不全・低下があることや、多国籍企業・NGO・NPOなどの諸集団形態が国家・国境を越える紐帯をどのように形成しており、その質的特徴はどのような点にあるのかを分析する。国際社会学 フレッシュアイペディアより)

  • ホスピーラ・ジャパン

    ホスピーラ・ジャパンから見た多国籍企業多国籍企業

    2006年3月 - 大洋薬品工業(現・テバ製薬)が製造販売承認を保有するジェネリック医薬品(注射剤)の日本国内における併行販売権を取得 (ジェネリック医薬品業界において、多国籍企業と日本企業が業務提携を結ぶ初めてのケース)ホスピーラ・ジャパン フレッシュアイペディアより)

173件中 61 - 70件表示

「多国籍企業」のニューストピックワード