344件中 61 - 70件表示
  • 欧州連合の経済

    欧州連合の経済から見た多国籍企業多国籍企業

    欧州連合加盟国からは世界有数とされる多国籍企業の多くが生まれ、世界規模での本社もおかれている。そのような企業には分野別で世界最大の規模を持つものもある。例えばアリアンツは金融業の売上高では世界最大であり、エアバスは世界のジェット機のほぼ半分を製造している。エールフランス‐KLMは運行本数で世界最大の航空会社、アモリムは世界最大のコルク加工・製造会社、アルセロール・ミッタルは世界最大の鉄鋼会社、ダノン・グループは乳製品市場の世界最大手、アンハイザー・ブッシュ・インベブは世界最大のビール会社、ロレアル・グループは世界最大の化粧品会社、LVMHは世界最大の高級嗜好品コングロマリット、ノキアは世界最大の携帯電話製造会社、ロイヤル・ダッチ・シェルは世界最大のエネルギー資本、ストゥーラ・エンソは世界最大の生産能力を持つパルプ・製紙会社である。欧州連合にはこのほかにも売上高、営業利益、市場占有率、従業員数などの指標で世界最大規模の企業が存在する。欧州連合に本拠を置く企業の多くがそれぞれの部門で世界上位10位以内に入っている。欧州連合の経済 フレッシュアイペディアより)

  • チャンピオン (チェーンストア)

    チャンピオン (チェーンストア)から見た多国籍企業多国籍企業

    チャンピオン(Champion)は、フランスに拠点を置くスーパーマーケットのブランド。2005年にカルフールに買収された。多国籍企業。日本ではシャンピオンとも表記される。チャンピオン (チェーンストア) フレッシュアイペディアより)

  • 国際英語論

    国際英語論から見た多国籍企業多国籍企業

    「拡大円」には、英語に公式的な役割がない国が該当する。多くの多国籍企業では、英語が重要な役割を果たしている。英語は、地球規模の共通語となりつつあるが、その一例として、スカンジナビアにおける近縁の言語であるデンマーク語・ノルウェー語・スウェーデン語の話者間においても、英語が相互理解のための言語としての役割を果たすことが多くなってきていることが指摘できる。スカンジナビアの年配の世代は、各々が母語を使用しても問題なく解り合えるのだが、若年の世代においては言語間の意思疎通が困難となりつつあり、共通言語としての英語の使用が増加している。「拡大円」におけるリンガ・フランカとしての英語の研究は比較的新しく、この分野で活発な研究を行っている言語学者には、Jennifer Jenkins・Barbara Seidlhofer・Christiane Meierkord・Joachim Grzega らがいる。国際英語論 フレッシュアイペディアより)

  • カガヤン・デ・オロ

    カガヤン・デ・オロから見た多国籍企業多国籍企業

    カガヤン・デ・オロは農産物加工の中心都市で、デルモンテ社など食品や農園を手がける多国籍企業の拠点である。隣接するブキドノン州で採れたパイナップルはカガヤン・デ・オロのブゴ (Bugo) にあるデルモンテ社工場に送られ、フィリピン各地や全アジア・太平洋地域に輸出される。カガヤン・デ・オロ フレッシュアイペディアより)

  • BREAK-AGE

    BREAK-AGEから見た日本法人多国籍企業

    多国籍に活躍するアミューズメント企業コニーの日本法人。本社はアメリカ。日本各地にアミューズメントスポット(ゲームセンター)コニーパレスを展開する。BREAK-AGE フレッシュアイペディアより)

  • パルマラット

    パルマラットから見た多国籍企業多国籍企業

    パルマラットS.P.A.()は、イタリアの食品会社(乳製品が主)。ヨーロッパ有数の多国籍企業でもある。パルマラット フレッシュアイペディアより)

  • ノーテルネットワークス

    ノーテルネットワークスから見た多国籍企業多国籍企業

    ノーテルネットワークス(英: Nortel Networks Corporation)は、電気通信装置製造の多国籍企業。キャリア・ネットワーク、メトロ・イーサネット・ネットワーク、エンタープライズ向けの通信機器企業としてシスコシステムズに次ぐシェアを2009年10月現在も維持している。本社はカナダのトロント。通称はノーテル (Nortel)。現在、企業債権者調整法に基づき、事業清算手続中。大事業はアルカテル・ルーセントに売却済み。ノーテルネットワークス フレッシュアイペディアより)

  • 政治学院

    政治学院から見た多国籍企業多国籍企業

    その他、全ての政治学院は、フランス国外の留学やインターンシップを一年間の条件を課している。留学は各政治学院とのパートナーシップ次第だが、日本の場合だと東京大学のほか、早稲田大学、慶應義塾大学、一橋大学などから留学する学生が多い。インターンシップの場合は本部をフランスに置く多国籍企業やフランス共和国大使館、及び国際連合のような国際機関や重要なNGOでよく行われる。政治学院 フレッシュアイペディアより)

  • ソフト・パワー

    ソフト・パワーから見た多国籍企業多国籍企業

    また、21世紀の世界はグローバル化と情報革命が高まっている中、ジョセフ・ナイはこれからのソフト・パワーの重要性が高まることを指摘する。特にインターネットの普及などを情報革命通じ仮想共同体の形成や多国籍企業、非政府組織がテロリストを含めて、さらに役割をになうこととなり、独自のソフト・パワーを養い、国境を越えて人々をひきつける。そうしたときに国家は魅力と正当性、信頼性をめぐる競争になるだろうと述べている。そして、情報を提供し、かつその情報が信頼できるものとして受け入れられる能力こそ、ソフト・パワーにおける魅力と力の需要な源泉となるだろうとしている。ソフト・パワー フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ムーア (陸上選手)

    チャールズ・ムーア (陸上選手)から見た多国籍企業多国籍企業

    その後のムーアは、いくつかの多国籍企業の最高経営責任者を務めた後、1994年から1999年までコーネル大学の陸上部の監督。1999年からはアメリカ大学陸上競技協会の会長を務めた。さらに、1992年から2000年までは米国オリンピック委員会の理事も務め、現在はポール・ニューマンが設立した慈善団体のエグゼクティブ・ディレクターの職にある。チャールズ・ムーア (陸上選手) フレッシュアイペディアより)

344件中 61 - 70件表示

「多国籍企業」のニューストピックワード

  • 太陽のトマト麺withチーズ 原宿竹下通り店

  • くつ炉ぎ・うま酒 かこいや 新宿エルタワー店

  • JOY OF LIVING−生きている喜びの提供−