344件中 71 - 80件表示
  • アイザック・メリット・シンガー

    アイザック・メリット・シンガーから見た多国籍企業多国籍企業

    ミシンの大量生産が始まり、I. M. Singer & Co は1856年には2,564台を製造、1860年にはニューヨーク市内に新たな工場を構え13,000台を製造した。ミシンは主に仕立て屋が使う産業機械として販売されていたが、家庭用の小型ミシンも販売されるようになっていった。シンガーはヨーロッパにも進出し、グラスゴー近郊の Clydebank にも工場を建設した。アメリカを本拠地とする多国籍企業となり、他にパリやリオデジャネイロにも支社を設けた。アイザック・メリット・シンガー フレッシュアイペディアより)

  • クリストファー・A・バートレット

    クリストファー・A・バートレットから見た多国籍企業多国籍企業

    クリストファー・A・バートレット(英語:Christopher A. Bartlett、1943年 - )はオーストラリアの組織戦略論が専門のハーバード・ビジネス・スクール名誉教授。多国籍企業や国際的経営戦略論についてスマントラ・ゴシャールとの共著で知られる。クリストファー・A・バートレット フレッシュアイペディアより)

  • スマントラ・ゴシャール

    スマントラ・ゴシャールから見た多国籍企業多国籍企業

    スマントラ・ゴシャール(英語:Sumantra Ghoshal、1948年9月26日 - 2004年3月3日)はインド出身の経営学者。組織戦略論、多国籍企業の国際的経営戦略論が専門で、ロンドン・ビジネス・スクール教授だった。ハイデラバードにあるインド商科大学院の初代学長だった。クリストファー・A・バートレットとの共著で知られる。スマントラ・ゴシャール フレッシュアイペディアより)

  • バートレット

    バートレットから見た多国籍企業多国籍企業

    クリストファー・A・バートレット - オーストラリア出身の経営学者。組織戦略論、多国籍企業や国際的経営戦略論が専門。バートレット フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た多国籍企業多国籍企業

    スマートフォンは大都市圏に限らず日本全国に普及し、携帯電話の主流となった。ネット文化では、若年層を中心に「LINE」などが広く普及し、コミュニケーションの形態を変えているが、リテラシーやモラル面での教育、啓蒙が追いついていない面が指摘されている。また、スマートフォンとタブレット端末の普及により、主だった新聞社や出版社、レコード会社はネット配信に一層力を入れるようになった。ネット通販があらゆる分野で一般的に利用されるようになったのに伴い、中小規模の書店などが経営悪化し、閉店に追い込まれる事態も起きている。コンテンツのネット配信が一般化したため、CDショップ、レンタルビデオ業界のマーケット縮小も著しくなっている。ファッションでは、資本力のある多国籍企業が展開するファストファッションが普及、衣料品の低価格化が進んだ。これに限らず小売業では価格競争やプライベートブランドの普及、低価格販売に特化したコンビニチェーンの広がりなどにより、低価格化が進んでいる。これは可処分所得が低下している多くの日本国民のニーズに応えたものであるが、一方で貴金属類や高級マンション、その他高額なぜいたく品の売れ行きがかなり良くなったというマスメディアの報道がこの頃から多くなり、これがいわゆる「アベノミクス」効果であるともされている。国内消費もこの時期に行われた消費税増税の影響などで低迷した。一方、経済が好調な海外からの日本への観光客は年々増えており、彼らが日本国内に落とすマネーの重要度が増し、日本経済(特に地方)が、一層海外の経済状態の影響を受けやすくなった。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • ゾーホー

    ゾーホーから見た多国籍企業多国籍企業

    ゾーホー(英称:Zoho Corporarion)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、ネットワーク監視ソフトを開発・提供している多国籍企業ゾーホー フレッシュアイペディアより)

  • 移転価格

    移転価格から見た多国籍企業多国籍企業

    多国籍企業ならば、税金対策のためにこの移転価格を操作した上で、税率の低い国家に資産を集中させるといった経営が行われている場合がある。これが不当に行われると見なされる場合は課税されることがあり、その規制を移転価格税制という。移転価格 フレッシュアイペディアより)

  • 情報化時代

    情報化時代から見た多国籍企業多国籍企業

    しかし、一部の批評家が本当の世界経済がまだ達成されていないと主張する。ステファン・コーエン (Stephen F. Cohen) は、労働の移動は人々の外国人嫌いとより厳しい移民法(Immigration law)によって傷つけられると述べる。多国籍企業がそれらの自国で、未だ彼・それらの資産と戦略上の指揮中枢を維持している。そして資本がまだ銀行業務と金融法によって制限される。情報化時代 フレッシュアイペディアより)

  • キブラ・コーラ

    キブラ・コーラから見た多国籍企業多国籍企業

    キブラ・コーラの経営戦略と企業理念は、道義的な消費への願望に踏み込む試みに反映されている。それは、多くの多国籍企業であるソフトドリンク会社の慣習や倫理に慎重なコーラの愛飲者にとって、真の代用品になる事を訴えた物であった。キブラの倫理的なスタンスは世界中の人道上の問題に対して、自社の利益の10%を寄付するという会社のマニフェストに誓約されていた。キブラ・コーラ フレッシュアイペディアより)

  • エーオーアール

    エーオーアールから見た現地法人多国籍企業

    株式会社エーオーアール()は、日本の無線機器メーカーである。1977年に、高野茂と大嶋淳により創業。社名は、高野茂が保有するアマチュア無線のコールサイン(JA1AOR)から。これに「Authority on Radio Communications」の意味を当てている。本社は東京都台東区に所在。アメリカ及びイギリスに現地法人がある。エーオーアール フレッシュアイペディアより)

344件中 71 - 80件表示

「多国籍企業」のニューストピックワード

  • 太陽のトマト麺withチーズ 原宿竹下通り店

  • くつ炉ぎ・うま酒 かこいや 新宿エルタワー店

  • JOY OF LIVING−生きている喜びの提供−