173件中 71 - 80件表示
  • ジョンソン (会社)

    ジョンソン (会社)から見た多国籍企業多国籍企業

    ジョンソン株式会社()は、主に家庭用洗剤を製造、販売する化学メーカー。アメリカのSCジョンソン社の日本法人である。本社は神奈川県横浜市中区。ちなみに、アメリカ合衆国の製薬、医療機器その他のヘルスケア関連製品を取り扱う多国籍企業である『ジョンソン・エンド・ジョンソン』とは関係ない。ジョンソン (会社) フレッシュアイペディアより)

  • バラトプル

    バラトプルから見た多国籍企業多国籍企業

    チトワン郡は食糧供給地帯と見なされ、バラトプルで加工され、カトマンズ、ポカラその他の大都市に供給される。一方、コカコーラやサン・ミゲルなどの多国籍企業も市内に拠点を置いている。多くのビジネスがこの町を拠点にしている。 中央にあるという位置と、バラトプルの十字路が卸・小売の商業機能を高めている。バラトプル フレッシュアイペディアより)

  • グレンコア

    グレンコアから見た多国籍企業多国籍企業

    グレンコア・インターナショナル・ピーエルシー(Glencore International plc)とは、スイスに本社を置く商品取引を行う多国籍企業である。登記上の本社は、タックス・ヘイヴンとして知られるイギリス王室属領のジャージーに存在する。創業者は、スイスの著名な相場師であるマーク・リッチ。彼によって、1974年にMarc Rich & Co AGとして設立された。グレンコア フレッシュアイペディアより)

  • メリルリンチ

    メリルリンチから見た多国籍企業多国籍企業

    その後、仲介業ネットワークの営業方式で、メリルリンチは徐々に有名となり、1971年に株式を公開し、多国籍企業となる。プライムブローカー業務では世界一である。メリルリンチ フレッシュアイペディアより)

  • アーンスト・アンド・ヤング

    アーンスト・アンド・ヤングから見た多国籍企業多国籍企業

    合併前、各ファームは顧客である多国籍企業へのサービスのため世界各国に事務所を開いていた。1979年、アーサー・ヤングのヨーロッパにおける複数の事務所が地元の大手会計事務所に加わり、これらはアーサー・ヤング・インターナショナルの会員ファームとなった。1989年の大合併でEYが成立すると、世界各地の旧アーンスト&ウィニーの事務所と旧アーサー・ヤングの会員ファームが次々合併した。アーンスト・アンド・ヤング フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の科学技術

    中華人民共和国の科学技術から見た多国籍企業多国籍企業

    1980年代前半に外国企業はライセンスに関する合意と中国国内の商品販売を条件として技術供与を始めた。1980年代後半、多くの多国籍企業が中国における販売規模拡大のためジョイントベンチャーを中国の企業と共同で設立し、技術供与を始めた。中国は1990年代に技術供与を中国市場への参入のための条件とすることで、次第に直接投資に関する洗練された規制を導入した。2001年に中国が世界貿易機関に加盟したことでこの慣習が廃止されることが求められたが、評論家は技術供与の継続を要求している。中国の評論家はこのような技術供与は先進国に追いつくという面では有益だが新規の技術を生み出すわけではなく、最先端技術への技術供与を求めることが必要だと述べている。中華人民共和国の科学技術 フレッシュアイペディアより)

  • CPグループ

    CPグループから見た多国籍企業多国籍企業

    多国籍企業としての側面を持っており、外国資本との合弁事業や提携などの関係にある。一方で海外に積極的に進出しており、世界13カ国にその子会社を設置している。前述したように、中国本土との関係が非常に深い。CPグループ フレッシュアイペディアより)

  • イランに対する制裁

    イランに対する制裁から見た多国籍企業多国籍企業

    イランに対する制裁(イランにたいするせいさい)は、イランにおける深刻な人権侵害や核開発問題を受け、多数の国や多国籍企業がとっている措置。制裁は一般的に核兵器、ミサイル、特別な軍事技術などの軍事関連の輸出を禁止し、または、石油、天然ガス、石油化学製品に投資することも禁止している。加えて、イランの金融機関を国際的な取り引きから締め出している。1979年のイラン・イスラム革命以来、アメリカ合衆国はイランに対する制裁措置をとってきた。イランの核開発問題を巡り、アメリカをはじめとする諸国および多国籍企業が制裁に協力をしている。イランに対する制裁 フレッシュアイペディアより)

  • スカルマン

    スカルマンから見た多国籍企業多国籍企業

    大規模な多国籍企業。「黒き幻影」と呼ばれる秘密結社の表向きの名称と考えられる(黒き幻影が結社名であるという公式の設定は無い)。サイボーグで構成された特殊部隊であるSIRKS(サークス)やレーザー兵器を搭載した多脚型(蟹を模した)歩行兵器を運用している。スカルマン フレッシュアイペディアより)

  • ビルダーバーグ会議

    ビルダーバーグ会議から見た多国籍企業多国籍企業

    出席者のおよそ2/3が多国籍企業ないし多国籍金融機関の経営者、国際メディア、およそ1/3が各国の政治家と言われている。毎年、アメリカから30人、欧州各国から80人、国際機関などから10人とも言われている。また、著名な大企業であっても自薦では参加者を送ることができないと言われている。ビルダーバーグ会議 フレッシュアイペディアより)

173件中 71 - 80件表示

「多国籍企業」のニューストピックワード