173件中 81 - 90件表示
  • ヘンケル

    ヘンケルから見た多国籍企業多国籍企業

    ヘンケル(Henkel AG & Co. KGaA)は、ドイツのデュッセルドルフに本拠を置く多国籍企業である。ヘンケル フレッシュアイペディアより)

  • カガヤン・デ・オロ

    カガヤン・デ・オロから見た多国籍企業多国籍企業

    カガヤン・デ・オロは農産物加工の中心都市で、デルモンテ社など食品や農園を手がける多国籍企業の拠点である。隣接するブキドノン州で採れたパイナップルはカガヤン・デ・オロのブゴ (Bugo) にあるデルモンテ社工場に送られ、フィリピン各地や全アジア・太平洋地域に輸出される。カガヤン・デ・オロ フレッシュアイペディアより)

  • 資源ナショナリズム

    資源ナショナリズムから見た多国籍企業多国籍企業

    産業革命以後、飛躍的に資源利用が増大してから、植民地に存在する資源は先進国の多国籍企業により管理・開発されることが多く、植民地が次々と独立を遂げる中で、自国の資源を自国のものにしようという動きが高まった。特にドンバス、ウラル、バクーの開発を外国資本が行った帝政ロシアを打倒、国有化させたソビエト連邦はその典型である。そして、1962年に国際連合で「天然資源に対する恒久主権の権利」の宣言が出された。その内容は、資源ナショナリズム フレッシュアイペディアより)

  • エクスポート・ジャパン

    エクスポート・ジャパンから見た多国籍企業多国籍企業

    「海外向け」と「インターネット」を切り口に事業展開を行う専門会社として2000年から活動を開始し、政府機関や多国籍企業、大手メーカーを顧客に持つ。同社が運営しているジャパンガイドは、日本を紹介する外国語のポータルサイトとして知られている。社員にはアメリカ、フランス、台湾、中国など5ヶ国の出身者が集まり、東京と中国(長沙市)にも事業所を展開している。エクスポート・ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • コフィンシステム

    コフィンシステムから見た多国籍企業多国籍企業

    元々は、世界最大の多国籍企業体、ゼネラルリソース社の軍事研究の成果の一つで、開発から僅か数年で、2040年代に於ける航空機用操縦システムとして広く普及した。軍関係者の間では、コフィンシステムを搭載した航空機の中でも、特に戦闘機は一般的な航空機を意味する「エアロプレーン」ではなく、「エアロコフィン(Aero Coffin)」又は単に「コフィン」と俗称される。これは戦場に赴く戦闘機の危険性から、パイロットの間では「空飛ぶ棺桶」という皮肉が込められているともいわれる。コフィンシステム フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド・テクノロジーズ

    ユナイテッド・テクノロジーズから見た多国籍企業多国籍企業

    ユナイテッド・テクノロジーズ(United Technologies Corporation、UTC)は、アメリカ合衆国・コネチカット州・ハートフォードに本部を置く、多国籍企業。事業内容は多岐にわたっており、狭義の意味での複合企業(コングロマリット)である。航空機のエンジン、宇宙産業、ヘリコプター、空調装置、燃料電池、エレベータ、エスカレータ、防火・消火製品およびセキュリティサービス、その他工業製品など、非常に多くの分野で研究開発、製造を行っている。2011年には航空部品大手のグッドリッチを買収して航空宇宙部門を強化する一方、ポンプ・コンプレッサ製造事業を売却するなど事業再編を進めている。ユナイテッド・テクノロジーズ フレッシュアイペディアより)

  • エースコンバット3 エレクトロスフィア

    エースコンバット3 エレクトロスフィアから見た多国籍企業多国籍企業

    ユージア大陸を実質的に支配する多国籍企業体(Multi-National Company) 。USEA北部の大都市ポート・エドワーズに本社を構えている。数多くの大企業の合併統合の末に誕生した企業であり、あらゆる産業を網羅する絶対的な資本力によって、政治・経済・司法・軍事など全ての面で国家を凌ぐ影響力を持つ。しかし、強大な資本力や影響力を背景にした他社への圧力や大規模開発の環境に対する無配慮など、その強権的な経営手法は反グローバリズム団体や環境保護団体などからの強い反発を招いており、反企業過激派によるテロの標的となることも珍しくない。また、巨大企業ゆえに企業としての思想は保守的で、それに不満を持つ技術者のニューコムへの集団移籍が発生するなど、ニューコムと比較して先進性を求める技術職や研究職にとって企業としての魅力に欠ける面がある。あらゆる情報・電子機器の管理を司る電脳空間「エレクトロスフィア (electrosphere) 」と、その端末OSである「データスワロー (Data-swallow) 」を開発した企業でもある。エースコンバット3 エレクトロスフィア フレッシュアイペディアより)

  • シンジェンタ

    シンジェンタから見た多国籍企業多国籍企業

    シンジェンタ(Syngenta AG)は、スイスに本拠地を置く多国籍企業。種子や農薬を主力商品とするアグリビジネスを展開している。種苗業界では、モンサント、デュポンにつぐ世界3位の規模を有し、2009年度の売上は約109.9億ドル。90以上の国に25000人を越える従業員を抱えており、スイス証券取引所とニューヨーク証券取引所に上場している。シンジェンタ フレッシュアイペディアより)

  • ウィーンの歴史

    ウィーンの歴史から見た多国籍企業多国籍企業

    こうしてウィーンには中東欧経済の中枢拠点として多くの多国籍企業が進出するようになったが、旧共産圏諸国のインフラが整備されるにしたがってプラハやブダペストなどの他の東欧の各都市との競合も厳しさの度合いを増している。そのため2005年には税制改革により法人税などが引き下げられた。2006年には、国際会議の開催件数がパリを追い越し、世界1位となっている。ウィーンの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • トラジャ族

    トラジャ族から見た多国籍企業多国籍企業

    1965年のオルバ体制が開始されると、インドネシア経済は発展を見せ、国外からの投資受入れに門戸を開いた。 多国籍企業が進出して石油や資源採掘などの操業を開始し、新たな雇用が創出された。トラジャの村からも若年層を中心に、カリマンタンへ伐採や石油の、ニューギニア島へ採掘の、またスラウェシ島やジャワ島の都市部へ就職のために移り住む者が増え始めた。この傾向は1985年頃まで顕著だった。トラジャ族 フレッシュアイペディアより)

173件中 81 - 90件表示

「多国籍企業」のニューストピックワード