114件中 101 - 110件表示
  • 箱根ケ崎駅

    箱根ケ崎駅から見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    上北台駅から当駅まで多摩都市モノレールの延伸が計画されている。1992年には東京都が「事業化すべき路線」に、2002年には国の運輸政策審議会で「整備推進すべき路線」とされたが、2011年時点では工事は行われていない。箱根ケ崎駅 フレッシュアイペディアより)

  • 駅ナンバリング

    駅ナンバリングから見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    多摩都市モノレールでは、2018年2月以降より駅ナンバリングを順次導入することが発表された。駅ナンバリング フレッシュアイペディアより)

  • 中央大学多摩キャンパス

    中央大学多摩キャンパスから見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    多摩都市モノレールを利用する場合、「中央大学・明星大学駅」で下車、徒歩0分。中央大学多摩キャンパス フレッシュアイペディアより)

  • 東京都立拝島高等学校

    東京都立拝島高等学校から見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    立川駅北口・多摩都市モノレール立川北駅から宮沢経由 拝島駅行き・拝島営業所行きで約30分東京都立拝島高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵野台地

    武蔵野台地から見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    立川面と武蔵野面とは国分寺崖線(こくぶんじがいせん)によって分けられている。国分寺崖線は武蔵村山市緑が丘付近に始まり、西武拝島線と多摩都市モノレールの玉川上水駅付近を通り、JR中央線を国立駅の東側で横切り、国分寺市・小金井市と国立市・府中市の市境に沿って東に進む。さらに野川の北に沿いながら調布市に入って深大寺付近を通り、つつじヶ丘などの舌状台地を作りながら世田谷区の砧地域、玉川地域南部を通り、大田区の田園調布を経て同区の嶺町付近に至る。世田谷区の等々力渓谷は国分寺崖線の一部である。高低差は20メートル近くになる。なおこの国分寺崖線は、古多摩川(関東ローム層下に存在)の浸食による自然河川堤防と考えられている。武蔵野台地 フレッシュアイペディアより)

  • 京王線

    京王線から見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    ここから川崎街道の北側に沿って走る。野猿街道の一部立体交差を越えると、左から多摩丘陵が迫る。日野市に入り、ここからは多摩丘陵と多摩川の間の狭い平野の南端近くを走ることになる。地平に降りて右、左にカーブを切ると百草園駅。しばらく直線で進むと、右から程久保川が迫り、これを越えると、多摩モノレールの高幡不動駅をくぐる。同時に都道と交差する。高幡不動駅は、動物園線用のホーム、線路を入れて3面5線の駅である。京王線 フレッシュアイペディアより)

  • 多摩都市モノレール線

    多摩都市モノレール線から見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    多摩都市モノレール線(たまとしモノレールせん)は多摩都市モノレールが運営する、東京都東大和市と多摩市を結ぶモノレール路線。旅客案内上は多摩モノレールの呼称を使用する。都市計画事業としての名称は各都市計画区域ともに、都市計画道路9・6・1号多摩南北線および都市計画都市高速鉄道都市モノレール第1号線である。多摩都市モノレール線 フレッシュアイペディアより)

  • 青梅市

    青梅市から見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    都営バス 梅70系統 西武拝島線 東大和市駅行き、西武新宿線 花小金井駅行き。一部のみ八高線 箱根ケ崎駅に停車。箱根ケ崎 バス停で西武バス、立川バス に乗り換えができ、西武池袋線の入間市駅、小手指駅や中央本線、南武線、多摩都市モノレールの立川駅、青梅線昭島駅に行くことが可能。どの路線も町の中心部にアクセスできる。青梅市 フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本E233系電車

    JR東日本E233系電車から見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    外観では先頭車の乗務員室扉直後に「南武線が街と街、人と人をつなぎ『明るく弾む伸びゆく沿線』」をイメージするロゴマークが貼り付けられたほか、同じく先頭車側面のラインカラー帯部には沿線の街並みをイメージしたロゴを配置した。左からミューザ川崎、武蔵小杉の高層ビル群、とどろきアリーナ、洗足学園音楽大学、多摩川、よみうりランドの観覧車、一橋大学、多摩都市モノレール、立川駅北口のアーチ、立川ルミネ をイメージしたもの。車体側面の左右の帯で建物の並びが逆になっているJR東日本E233系電車 フレッシュアイペディアより)

  • アリーナ立川立飛

    アリーナ立川立飛から見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    またこのアリーナのある多摩都市モノレール・立飛駅周辺では、飛行場跡地の再開発の一環で、2015年に三井不動産との協働による「ららぽーと立川立飛」を開設、さらに近接の立川北駅にある国営昭和記念公園東の旧国有地にも2500人収容のコンサートホールやホテル・オフィスビルなどの土地の再開発を予定しており、これらを総合して立川市街地の賑わいづくりを目指している。なお現「ららぽーと立川立飛」の敷地内には、かつて立飛企業がゴルフ練習場と軟式野球場を設置したことがあり、地域スポーツ振興に貢献したいとしている。アリーナ立川立飛 フレッシュアイペディアより)

114件中 101 - 110件表示

「多摩モノレール」のニューストピックワード