96件中 61 - 70件表示
  • ららぽーと

    ららぽーとから見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    東京都立川市の多摩都市モノレール・立飛駅前に2015年開業予定。株式会社立飛ホールディングスとの共同事業であり、敷地面積は約9万4,000m²、店舗面積は約6万0,000m²。ららぽーと フレッシュアイペディアより)

  • 町田駅

    町田駅から見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    町田東急ツインズのEASTとWESTとの間の道路上の町田駅中央口ペデストリアンデッキ向かいには、多摩都市モノレール町田駅の設置が計画されている。既に導入空間となる原町田大通りの一部は開通し、新道の建設も進められているが、多摩市南野 - 町田市小山田、旭町 - 芹が谷公園付近など、一部区間での用地買収が滞っており、また多摩都市モノレールの財政的な問題もあるため、現時点でモノレールが町田駅まで延伸する目処は立っていない。なお、町田東急ツインズ(旧東急百貨店)の両館の間を結ぶ連絡橋は、この計画があったために5階という高い位置に作られたとされる。町田駅 フレッシュアイペディアより)

  • 多摩動物公園駅

    多摩動物公園駅から見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    多摩動物公園駅(たまどうぶつこうえんえき)は、東京都日野市程久保にある、京王電鉄・多摩都市モノレールの駅である。多摩動物公園駅 フレッシュアイペディアより)

  • 西武拝島線

    西武拝島線から見た多摩モノレール多摩都市モノレール

    玉川上水駅の下を芋窪街道がアンダーパスで通過している。さらに上空を多摩モノレールが通過している。西武拝島線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武拝島線

    西武拝島線から見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    小川駅を出ると国分寺線と平面交差しながら右へカーブし、進路を西に取る。ここから先は比較的長い直線であり、小川 - 東大和市間は駅間距離が比較的長いため、速度を上げて走行していく。住宅と畑、雑木林が混じった景観であるが、線路の北側は区画整理されており、宅地化進行中といった風情である。かつては途中に西小川信号所があったが、1991年に廃止されている。北側に東京電力多摩青梅橋変電所がみえてくる。その付近から高架化された部分へと差し掛かる。やや左寄りにカーブしながら高架になると相対式ホームの東大和市駅となる。なお、この区間の高架化は青梅街道・村山街道の混雑を解消するためになされ、当時の青梅橋駅はやや北寄りに位置しており、若干の線路の形状改良が行われた。その面影をヤサカの駐車場付近で見受けられる。それまで線路の南を通っていた青梅街道はここで同線を潜り、北北西に進路をとる。東大和市駅は高架となっており、出口が一箇所しかない。かつて、駅ビル計画があったが、現在は予定地はコイン駐輪場・駐車場となっており、駅ビル計画は進行していない様子である。南には駅のすぐそばに薬用植物園があり、商業施設などが位地できない状態であるが、憩いの場としての機能は果たしている。青梅街道の信号付近には長寿のイチョウの木があり、秋には銀杏が実り、銀杏拾いしている光景も見られる。グリーンロードのポイント地点でもある。東大和市駅を過ぎると再び地上に降り、北側に玉川上水車両基地や、かつての大和基地跡地が広がる。基地の跡地は区画整理され、公共施設やマンションなどがみられる。南側にはゴミ焼却場がみえてくる。駅名となった玉川上水が寄り添ってくると、小平監視所があり、そこから多摩川からの純粋な流れから、下水再処理水へと切り替わる。小平監視所では玉川上水に降りることができ、清流復活事業のことについて示した記念碑などがある。多摩都市モノレールとの乗り換え駅である玉川上水駅は島式ホーム2面3線で、駅の西側で高架の多摩都市モノレールとアンダーパスの芋窪街道(東京都道43号立川東大和線)と立体交差する。アンダーパスは、多摩モノレールの建設の際につくられた。付近には大学や高校が多く、近年、宅地やマンション開発も進んでいる。西武拝島線 フレッシュアイペディアより)

  • 多摩都市モノレール線

    多摩都市モノレール線から見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    多摩都市モノレール線(たまとしモノレールせん)は多摩都市モノレールが運営する、東京都の東大和市と多摩市を結ぶモノレール路線。旅客案内上多摩モノレールの呼称を使用する。都市計画事業としての名称は各都市計画区域ともに、都市計画道路9・6・1号多摩南北線および都市計画都市高速鉄道都市モノレール第1号線である。多摩都市モノレール線 フレッシュアイペディアより)

  • ローマ字

    ローマ字から見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    実際には長音の表記を中心にこの規程に準拠していない鉄道事業者も多い。例えば多摩都市モノレールでは長音にもマクロンを付加せず、東京地下鉄(メトロ)では以前(営団時代)は長音にマクロンを付加していたが、現在では新たに製作される駅名標などには付加していない。また同一の鉄道事業者内であっても複数の表記を混在して使用していることもある。ローマ字 フレッシュアイペディアより)

  • 中央大学・明星大学駅

    中央大学・明星大学駅から見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    当初は「中央大学」に決まりかけたものの、多摩都市モノレールの軌道およびそれに付随する側道はいずれも明星大学日野キャンパスのグラウンドの一部を利用した用地であった。中央大学・明星大学駅 フレッシュアイペディアより)

  • 町田市

    町田市から見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    市南部・北西部の主要幹線道路については、幅員の狭いものが多く、路線バスも十分な運行本数が確保されていないこともあり、慢性的な渋滞が発生している。また、都心部への鉄道交通や市内のバス路線網が発達している一方で、同じ多摩地域の近隣都市へと移動する手段は整備が遅れている。そのため、多摩都市モノレールや小田急多摩線の市内延伸が構想されているが、実現の目途は立っていない。町田市 フレッシュアイペディアより)

  • 立川駅

    立川駅から見た多摩都市モノレール多摩都市モノレール

    このほか、当駅周辺の立川北駅および立川南駅に発着する多摩都市モノレールの多摩モノレール線への乗換えが可能となっている。立川駅 フレッシュアイペディアより)

96件中 61 - 70件表示

「多摩モノレール」のニューストピックワード