67件中 21 - 30件表示
  • 多摩都市モノレール

    多摩都市モノレールから見た利益

    利用者数は開業以来、順調に伸びており、本業の収益性を示す営業損益は開業6年目の2005年に黒字に転換し、その後も拡大している。しかし、事業規模に比して土地取得費・建設費の利払い費用が膨大であるため、長らく経常損益の黒字化には至っていなかった。初期投資に伴う借入金の返済が経営を圧迫し、債務超過に陥ったことから、2008年に東京都などから経営支援を受け、債務超過は解消された。営業損益は2004年度以降、経常損益・当期純損益も2008年度以降黒字を継続している。多摩都市モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 多摩都市モノレール

    多摩都市モノレールから見たモノレール

    多摩地域南北方向の公共交通網の充実、業務核都市間相互の連携強化を目的として導入されたモノレールである。東京都が橋脚や軌道桁などのインフラ部分を担当し、多摩都市モノレールが運営基地や変電所、車両など、主として運行に関わる部分を担当している。多摩都市モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 多摩都市モノレール

    多摩都市モノレールから見た鉄道車両の座席

    8月 - 車両のシートをボックスシートからロングシートへ改修を始める。多摩都市モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 多摩都市モノレール

    多摩都市モノレールから見た多摩センター駅

    全構想路線約93kmのうち、上北台 - 多摩センター間(約16km)が2000年1月までに開業した(詳細は「多摩都市モノレール線」を参照)。多摩丘陵外縁部傾斜地に進出した中央大学・帝京大学・明星大学等への、通学の交通手段ともなっている。多摩都市モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 多摩都市モノレール

    多摩都市モノレールから見た上北台駅

    全構想路線約93kmのうち、上北台 - 多摩センター間(約16km)が2000年1月までに開業した(詳細は「多摩都市モノレール線」を参照)。多摩丘陵外縁部傾斜地に進出した中央大学・帝京大学・明星大学等への、通学の交通手段ともなっている。多摩都市モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 多摩都市モノレール

    多摩都市モノレールから見た多摩都市モノレール1000系電車

    2005年(平成17年)12月 - 行先表示が3色LEDになった新車両(1116F)を運行開始。顔つきが変わった。多摩都市モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 多摩都市モノレール

    多摩都市モノレールから見た立川市

    多摩都市モノレール株式会社(たまとしモノレール)は、東京都と沿線鉄道事業者、金融機関、沿線自治体などの出資で設立された、多摩都市モノレール線を運営する第三セクター鉄道会社。本社は東京都立川市の運営基地敷地内に所在。略称は多摩モノレール。多摩都市モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 多摩都市モノレール

    多摩都市モノレールから見た東京都

    多摩都市モノレール株式会社(たまとしモノレール)は、東京都と沿線鉄道事業者、金融機関、沿線自治体などの出資で設立された、多摩都市モノレール線を運営する第三セクター鉄道会社。本社は東京都立川市の運営基地敷地内に所在。略称は多摩モノレール。多摩都市モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 多摩都市モノレール

    多摩都市モノレールから見た多摩モノレールカード

    多摩モノレールカード - 多摩都市モノレールが発売していたパスネット対応カード多摩都市モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 多摩都市モノレール

    多摩都市モノレールから見た自己資本比率

    建設工事に遅れが生じたことなどから全面開業が2000年1月にずれ込み、総工費も当初予定の2倍ほどに膨れあがっていた。2000年3月末時点で既に100億円近い累積赤字を抱える状態からのスタートであり、その後の単年度赤字額は37億円、30億円、27億円、19億円、11億円、8億円と順調に改善しているものの、累積赤字額は2006年3月末時点で228億円に達し、約22億円の債務超過となっていた。建設の遅れもさることながら、総工費が1100億円余りだったのに対し、資本金の額が205億円と自己資本比率が2割にも満たないため、借入金が膨大となり利払い負担が大きくなっていた。多摩都市モノレール フレッシュアイペディアより)

67件中 21 - 30件表示

「多摩モノレール」のニューストピックワード