多村仁志 ニュース&Wiki etc.

多村 仁志(たむら ひとし、本名:多村 仁(読み同じ)、1977年3月28日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手(外野手)。 (出典:Wikipedia)

「多村仁志」Q&A

  • Q&A

    日本人野手の人材が不足しているのはなぜだと思いますか? 現在の日本野球界は投手は充実…

    [続きを読む]

    回答数:11質問日時 - 2016年11月9日 07:58

  • Q&A

    多村仁志は給食の牛乳が嫌いだった?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月27日 00:41

  • Q&A

    多村仁志は勉強嫌いだった?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月27日 00:40

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「多村仁」のつながり調べ

  • ダン・ミセリ

    ダン・ミセリから見た多村仁志

    次いで4月5日の横浜ベイスターズ戦、同点の12回裏から名誉挽回を期しての登板。しかし先頭打者の金城龍彦から二塁打を浴び早々とピンチに陥る。佐伯貴弘の敬遠後に代打で登場したケビン・ウィットは三振にとったものの、続く多村仁にフェンス直撃のサヨナラ安打を浴び、またしても敗戦投手となる。この試合後のコメントは「野球というスポーツの一部。投げて、打たれた。それだけだ」と前回登板時とほぼ同様のものだった。この2度にわたる救援失敗で首脳陣は二軍で再調整することをミセリに促すが、「本人の同意なしに二軍に落とすことが出来ない」という契約条項を盾にミセリが拒否。首脳陣に条項のことが知らされたのはこのときになってようやくであった。仕方なく、一軍に帯同しながら当面は中継ぎで調整することが決まる。(ダン・ミセリ フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た多村仁志

    1イニング4奪三振:2007年4月3日、対福岡ソフトバンクホークス1回戦(グッドウィルドーム)、6回表に山崎勝己・本間満(振り逃げ)・城所龍磨・多村仁から ※史上12人目(13度目)(涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

「多村仁」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「多村仁志」のニューストピックワード

  • 子供の頭の良さは父親ではなく母親から受け継がれる!?

  • 150年分しゃべってる

  • お笑いモンスター・明石家さんまがついにNHKに初上陸する!