前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
92件中 1 - 10件表示
  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た多村仁志多村仁志

    【五輪】全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本プロ野球

    2016年の日本プロ野球から見た多村仁志多村仁志

    中日ドラゴンズは、前横浜DeNAベイスターズの多村仁志を育成選手として獲得したことを発表。2016年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 小池正晃

    小池正晃から見た多村仁志多村仁志

    は、タイロン・ウッズの退団に伴い、尊敬するMLBのマイク・キャメロンに因んで、背番号を56から44に変更。牛島和彦新監督に守備力を買われ、6番打者・中堅手で初の開幕スタメンの座を掴んだが、打撃不振で一時レギュラーから退き、ケビン・ウィット、内川聖一、古木らと左翼のレギュラーを争った。5月末に2番で起用されると5試合で5本塁打を打ち、そのまま2番打者・左翼手のレギュラーに定着。多村仁の離脱時はセンターも守り、自己最多の出場機会を得た。セ・リーグトップとなる37犠打を記録、20本塁打を放ち長打力も見せるなど、一躍主力選手となった。小池正晃 フレッシュアイペディアより)

  • アダム・ハイズデュ

    アダム・ハイズデュから見た多村仁志多村仁志

    はオープン戦の不振により、開幕は二軍となってしまった。同年4月18日に一軍公式戦デビュー(対楽天戦)も田中将大の前に3三振。公式戦来日初の本塁打を4月21日の対日本ハム戦で放つ。大村直之や多村仁の故障に伴い一軍と二軍を行き来しながら、積極的な守備や勝負所での本塁打などで印象的な活躍を果たした。出場試合に恵まれない中で7本塁打を放つも、同年11月30日にブライアン・ブキャナンと共に戦力外通告を受け、同日自由契約公示された。アダム・ハイズデュ フレッシュアイペディアより)

  • MK砲

    MK砲から見た多村仁志多村仁志

    ところが、シーズンオフに小久保がFA権を行使し、再びホークスに戻って来たため、MK砲が復活し、それと同時に、横浜ベイスターズから多村仁が交換トレードでソフトバンクに入団し、2006年に弱っていたソフトバンクの打線が復活する。4月8日に実に4年半ぶりとなるMKアベックアーチが飛び出した。また、同年4月21日には東京ドーム、(対日本ハム戦)で多村、松中、小久保がそれぞれホームランを放ち、TMK砲が完成した。MK砲 フレッシュアイペディアより)

  • 玉山健太

    玉山健太から見た多村仁志多村仁志

    初奪三振:同上、1回裏に多村仁から空振り三振玉山健太 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2013年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た多村仁志多村仁志

    第4戦以降が非開催となったため、第4・5戦当日については、MBSラジオは一部時間帯において代替番組(10月19日「河田直也&桜井一枝のうきうき土曜リクエスト・延長スペシャル」、10月20日「MBSタイガースライブ番外編」(第5戦の解説の予定であった藤本敦士(元東京ヤクルトスワローズ、シーズン終了後に引退)が振替出演)を放送した。また、第6戦当日については、NHKラジオ第1放送・TBSラジオ・ニッポン放送の3局がパ・リーグのファイナルシリーズ第4戦「楽天対ロッテ」の中継に切り替えた(TBSは第6戦の解説の予定であった槙原寛己・多村仁志(横浜DeNAベイスターズ)が振替出演した)。2013年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の読売ジャイアンツ

    2013年の読売ジャイアンツから見た多村仁志多村仁志

    5月10日 - 対DeNA戦(横浜)で7回表の時点で10対3とリードしたものの、9回裏に多村仁志のサヨナラ本塁打で10対12のサヨナラ負け。7点差を逆転されたのは球団タイ記録。2013年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 矢野英司

    矢野英司から見た多村仁志多村仁志

    横浜高校時代は3度甲子園に出場。同期の選手に多村仁志、紀田彰一、斉藤宜之などがいる。矢野英司 フレッシュアイペディアより)

  • 神内靖

    神内靖から見た多村仁志多村仁志

    11月、吉川輝昭・多村仁志と共に山本省吾・江尻慎太郎・吉村裕基との3対3の交換トレードで横浜DeNAベイスターズへ移籍。背番号は、ソフトバンク時代と同じ38に決まった。シーズンは序盤から中継ぎとして一軍に帯同。6月3日の対日本ハム戦では3年ぶりに先発登板するも、4回5失点、四死球4、被安打7と安定せず敗戦投手となり二軍落ち。以降シーズン終盤まで一軍での登板がなかった。神内靖 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
92件中 1 - 10件表示

「多村仁志」のニューストピックワード