68件中 11 - 20件表示
  • 第76回全国高等学校野球選手権大会

    第76回全国高等学校野球選手権大会から見た多村仁志多村仁志

    多村仁(横浜高?横浜?ソフトバンク)第76回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 横山道哉

    横山道哉から見た多村仁志多村仁志

    横浜高校でプレー。一学年上には斉藤宜之・多村仁・矢野英司・紀田彰一らがいた。横山道哉 フレッシュアイペディアより)

  • 中根仁

    中根仁から見た多村仁志多村仁志

    頃には、将来多村仁が一軍に定着したら自身は引退すると権藤監督に話していたという。同年にフリーエージェントの資格を取得してオフに行使し、現状維持の年俸6,000万円で1年契約を結んだ。は佐伯に加え田中一徳ともポジションを争うようになったが、駒田徳広の不振で佐伯が一塁手に回った事もあり、7月以降は五番・右翼手に定着した。自己最高の打率.325、109安打の打撃成績に加え、好捕賞をテーマとした6月のJA全農Go・Go賞も受賞し、オフには年俸が8,000万(推定)に増加している。中根仁 フレッシュアイペディアより)

  • ダン・ミセリ

    ダン・ミセリから見た多村仁志多村仁志

    次いで4月5日の横浜ベイスターズ戦、同点の12回裏から名誉挽回を期しての登板。しかし先頭打者の金城龍彦から二塁打を浴び早々とピンチに陥る。佐伯貴弘の敬遠後に代打で登場したケビン・ウィットは三振にとったものの、続く多村仁にフェンス直撃のサヨナラ安打を浴び、またしても敗戦投手となる。この試合後のコメントは「野球というスポーツの一部。投げて、打たれた。それだけだ」と前回登板時とほぼ同様のものだった。この2度にわたる救援失敗で首脳陣は二軍で再調整することをミセリに促すが、「本人の同意なしに二軍に落とすことが出来ない」という契約条項を盾にミセリが拒否。首脳陣に条項のことが知らされたのはこのときになってようやくであった。仕方なく、一軍に帯同しながら当面は中継ぎで調整することが決まる。ダン・ミセリ フレッシュアイペディアより)

  • アダム・ハイズデュ

    アダム・ハイズデュから見た多村仁志多村仁志

    はオープン戦の不振により、開幕は二軍となってしまった。同年4月18日に一軍公式戦デビュー(対楽天戦)も田中将大の前に3三振。公式戦来日初の本塁打を4月21日の対日本ハム戦で放つ。大村直之や多村仁の故障に伴い一軍と二軍を行き来しながら、積極的な守備や勝負所での本塁打などで印象的な活躍を果たした。出場試合に恵まれない中で7本塁打を放つも、同年11月30日にブライアン・ブキャナンと共に戦力外通告を受け、同日自由契約公示された。アダム・ハイズデュ フレッシュアイペディアより)

  • 盛田幸妃

    盛田幸妃から見た多村仁志多村仁志

    1996年に監督の大矢明彦による大規模コンバートの一環として先発投手に転向し、レギュラーシーズン開幕投手を務める。しかし、リリーフとの調整法の違いから制球に苦しむようになり、危険球で退場処分されたのを機に成績が落ち始める。1997年にも開幕投手(中日戦)となるが、1回裏に立浪和義に先頭打者本塁打を打たれる。この試合はナゴヤドーム初の公式戦であり、同球場の第1号の被本塁打投手となった。7回表の攻撃で一軍初出場の代打多村仁と交代し降板。6回3失点で敗戦投手となり、盛田はナゴヤドームでの敗戦投手第1号ともなった。以後、登板試合数が減少。閉幕後、中根仁との交換トレードで近鉄バファローズに移籍。盛田幸妃 フレッシュアイペディアより)

  • 江川智晃

    江川智晃から見た多村仁志多村仁志

    、開幕は二軍で迎えるも好調をキープし、多村仁志の怪我にともない、ルーキーの柳田悠岐と共に一軍昇格。内川聖一やホセ・オーティズら外野陣の相次ぐ故障により、6月24日の日本ハム戦でシーズン初のスタメン出場を果たすと、ダルビッシュ有から右方向へのホームランを放った。しかし翌25日は一転して3打数3三振に終わった。その後は一本のヒットを打つこともできず、9打数1安打(1本塁打、8三振)の成績でシーズンを終えた。なおウェスタンでは302打数84安打打率.278打点47(小斉の56に次ぐ2位)本塁打10(柳田の13に次ぐ2位)長打率.460という成績を残した。江川智晃 フレッシュアイペディアより)

  • 荒金久雄

    荒金久雄から見た多村仁志多村仁志

    2006年、2007年は、若手選手の台頭や多村仁の加入もあり一軍での出場が減少していたが、2008年には主力選手の故障により出場機会を得ると、4年ぶりの本塁打を放つなどの活躍を見せた。荒金久雄 フレッシュアイペディアより)

  • 稲嶺誉

    稲嶺誉から見た多村仁志多村仁志

    2006年はシーズン打率.196ながら西武とのプレーオフでは1回戦で1-0の9回表に、3回戦でも1-0の7回表2死二、三塁のチャンスで代打に登場。1回戦は凡退したが、3回戦では同点適時打を放った。合同自主トレ中の2007年1月22日、多村仁志が打撃練習で放った場外弾が稲嶺の車を直撃するというハプニングがあった。後に多村が弁償した。プロ時代は練習熱心で、ユニフォームが汚れていたのを見ていたファンが「(黒が基調の)ビジターユニフォームを着ているのかと思った」と言ったことがある。巨人の小笠原道大とは「顔が似ている」という理由で交流があり、2005年のオフには福岡県八女市で合同自主トレを行った。稲嶺誉 フレッシュアイペディアより)

  • 前田 幸長

    前田幸長から見た多村仁志多村仁志

    1イニング4奪三振:2005年4月6日、対横浜ベイスターズ2回戦(横浜スタジアム)、6回裏に佐伯貴弘(振り逃げ)・多村仁・ケビン・ウィット・村田修一から ※史上11人目(12度目)前田幸長 フレッシュアイペディアより)

68件中 11 - 20件表示

「多村仁志」のニューストピックワード

  • 子供の頭の良さは父親ではなく母親から受け継がれる!?

  • 150年分しゃべってる

  • お笑いモンスター・明石家さんまがついにNHKに初上陸する!