92件中 11 - 20件表示
  • 2013年の横浜DeNAベイスターズ

    2013年の横浜DeNAベイスターズから見た多村仁志多村仁志

    5月10日 - 対巨人戦(横浜)で9回裏に多村仁志のサヨナラ本塁打で10対12のサヨナラ勝ち。多村は7回に代打で本塁打を放っており、代打とサヨナラ本塁打を打ったのは史上5度目2013年の横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 荒金久雄

    荒金久雄から見た多村仁志多村仁志

    2006年、2007年は、若手選手の台頭や多村仁の加入もあり一軍での出場が減少していたが、2008年には主力選手の故障により出場機会を得ると、4年ぶりの本塁打を放つなどの活躍を見せた。荒金久雄 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た多村仁志多村仁志

    には、ウエスタン・リーグ公式戦で.365という高打率をマーク。一軍のレギュラー外野手だった多村仁や大村直之の故障などを背景に、一軍公式戦にも61試合に出場したが、打率.235で一軍への定着までには至らなかった。シーズン終了後に結婚を発表。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表から見た多村仁志多村仁志

    本塁打:<日本> 福留孝介2号(2ラン、金炳賢) 多村仁3号(ソロ、裵英洙)2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本プロ野球

    2009年の日本プロ野球から見た多村仁志多村仁志

    6月2日 - ソフトバンク対横浜戦で、横浜の佐伯貴弘が日本プロ野球史上101人目の通算1500安打、ソフトバンクの多村仁志が4回に本塁打を放ち「全球団から本塁打」を達成。2009年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本プロ野球

    2010年の日本プロ野球から見た多村仁志多村仁志

    5月8日 - ソフトバンクの多村仁志が対西武戦でNPB史上153人目の通算150本塁打2010年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本プロ野球

    2012年の日本プロ野球から見た多村仁志多村仁志

    福岡ソフトバンクホークスの多村仁志、吉川輝昭、神内靖と、横浜DeNAベイスターズの江尻慎太郎、山本省吾、吉村裕基の3対3の交換トレードが発表された。2012年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見た多村仁志多村仁志

    5月10日 - 巨人は対DeNA戦(横浜)で7回表の時点で10対3とリードしたものの、9回裏に多村仁志のサヨナラ本塁打で10対12のサヨナラ負け。7点差を逆転されたのは球団タイ記録。多村は7回に代打で本塁打を放っており、代打とサヨナラ本塁打を打ったのは史上5度目2013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 金城龍彦

    金城龍彦から見た多村仁志多村仁志

    は1番打者として打率3割を記録し、16本塁打を記録するなど長打力も身につけた。同年、1試合左右両打席本塁打を2回記録した。1年での記録はセ・リーグ史上初であった。外野転向後は主に中堅を守っていたが、から多村仁が中堅に入り、金城は右翼を守るようになった。同時に、打順も6番になったが、2年連続となる打率3割を記録した。金城龍彦 フレッシュアイペディアより)

  • ダン・ミセリ

    ダン・ミセリから見た多村仁志多村仁志

    次いで4月5日の横浜ベイスターズ戦、同点の12回裏から名誉挽回を期しての登板。しかし先頭打者の金城龍彦から二塁打を浴び早々とピンチに陥る。佐伯貴弘の敬遠後に代打で登場したケビン・ウィットは三振にとったものの、続く多村仁にフェンス直撃のサヨナラ安打を浴び、またしても敗戦投手となる。この試合後のコメントは「野球というスポーツの一部。投げて、打たれた。それだけだ」と前回登板時とほぼ同様のものだった。この2度にわたる救援失敗で首脳陣は二軍で再調整することをミセリに促すが、「本人の同意なしに二軍に落とすことが出来ない」という契約条項を盾にミセリが拒否。首脳陣に条項のことが知らされたのはこのときになってようやくであった。仕方なく、一軍に帯同しながら当面は中継ぎで調整することが決まる。ダン・ミセリ フレッシュアイペディアより)

92件中 11 - 20件表示